呪いの言葉

生活、さてはめちゃくちゃむずかしいな!?!?

婚活。
就活。
保活。
終活。

なんとかのための活動。

生きるための活動。

生活。

寝る、起きる、食べる、出す、清潔にする、病気にならないように、怪我をしないように今日を終わらせる。

子供と暮らすとその当たり前のことがめちゃくちゃむずかしいなとしみじみ思う。

何かを怠けるとちゃんと病気になる。心身を健全に保つには、生活に手を抜かないことが何よりも大切だと、子育て10年目にしてやっとわか

もっとみる

罪悪感は、蜜の味?

一つしかない頂きものの高級なアイスクリーム。
独り占め、しちゃう?

わたしは、
独り占めしたいけど・・・できないんだよね。

独り占めしたい、っていう気持ちを持っただけで
罪悪感が湧いちゃう。

そして自分を責める。

やめられないとまらない、
罪悪感➜自責を繰り返すループに
わざわざはいっちゃうのだ。

なぜだと思う?

それは、そうやってしか手に入らないものがあるから。
それを手に入れたいが

もっとみる
❤ありがとうございます。わたしの中のこびとも喜んでいます。
5

じぶんはたのしんではいけない、というノロイ。

道を歩いていたら、
カップルが何かがツボに入ったらしく、
2人で笑いながらずっと歩いていました。

Twitterを見ていたら、
行きたい!と思ったイベントのチケットを
すぐ予約して実際にイベントに行った方がいました。

Voicyを聞いていたら、
自分が好きだと思うものを事細かく楽しそうに語っている人がいました。

なんだか
こっちまで楽しくなっちゃう

なんだか
自分のことのように幸せに感じち

もっとみる

ブスの呪い

私はブスだ。
顔はでかい、鼻もでかい、何なら口もでかい。しかも眉も濃い。
誰が見てもブスだ。

私にはブスの呪いがかかっている。
私の妹は、顔が小さくて、顔のパーツも小さくて、とってもかわいい。
私の弟は、顔が小さくて、目鼻立ちがはっきりしていて、とってもかっこいい。
なぜ私だけ、顔がでかくて、むだに顔のパーツもでかくて、こんなにブスなんだろう。

小学2年生のとき、父方の祖母が亡くなった。
父方

もっとみる

笑顔で近づき呪いの言葉をかけてくる人に注意しよう

誰かのことばに傷つき、ずっと縛られているという経験はありませんか?

「私は頭が悪いから記憶力が悪く試験も落としてばかりだったんです。兄に良いところを全部持っていかれてしまって…」

 自分で自分の可能性を閉ざしてしまっている。本当にもったいない。そう感じて仕方がなかった。この相談者Aさんは親に「頭が悪い」と言われて育ってきたのだ…

 話を聞いていると、好きなことがいっぱいあるのに、その道へ

もっとみる

「逃げ恥」に嵌ったあなたへ、おススメの一冊。呪いの言葉の解き方

海野つなみさんの漫画が原作、新垣結衣さんと星野源さんが出演したのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。略して「逃げ恥」。

この漫画・ドラマにはまった人におススメしたい一冊は、「呪いの言葉の解き方」。

例えば、「若さは、女の価値」という言葉。
その言葉を認めると、若いうちは価値が高いが、年齢を重ねるにつれて価値が下がっていくことを、自ら認めることになる。

果たして、それって本当?
自分自身が縛られ

もっとみる

のろいのことば

垂れ流す、延々と。
終わりなく、次々に。
もしかしたら相手は誰でも良いのかも。
あの人がいなかったら次は自分だったのかも。

そう、否定や批判は自分を救う。
自分が正しいと認めるために敵の過ちを探す。

自罰的と言われることもあるがそうでもない。
ただ、「恐らく間違った振る舞いをしているであろう敵」を、完全否定するほどの自信がないだけだ。
迷いなく否定できる人が羨ましいとすら思う。
敵を否定出来る

もっとみる

「人の悪口を言ってはいけない」という呪い

ㅤガッキーと源さんのコンビはぴったりだったなあ…
そう、今回は『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』の話から。

 このドラマは、恋ダンスで一躍大ブームになったけど、ぼくはドラマの内容が好きだった。
 『べき思考・役割思考』で苦しむ人を解放したいというぼくらのテーマにも一致していたからだ。(エンディングではガッキー達と一緒に夫婦で恋ダンスを踊りまくっていたなぁ…笑)

 知っている人も多いかもしれな

もっとみる

「みんなと仲良くしよう」という呪い〜嫌いという感情を認めてあげよう〜

いっちね〜んせ〜いになった〜ら、と〜もだっち100人〜でっきるっかな〜♪

 この歌詞は多くの日本人を苦しめている価値観を表しています。

「みんな仲良くしましょう」
「人の悪口を言ってはいけません」
「人のこと嫌いと言ってはいけません」
「みんな良いところがあるんです」

 小学生の頃、このようなことを先生に言われた記憶のある人は少なくないと思います。

 僕も大人になるまで、当たり前だと思

もっとみる