『因果応報、バッチリみる』

因果応報

よい行いをすればよい報いがくる。
悪い行いをすれば悪い報いがヒッヒッヒとやってくる。

仏教から生まれたコトバである。

一応、大学は文化・風習を学ぶ学部であったみずきさん。

まぁ、最終的に卒業論文は

『一神教と多神教における悪の存在意義』

とかいう気持ち悪いものを書いた。

帰省した際、実家でも書けるよう何冊か資料を持ち帰ったみずきさん。

その資料をみてみずきパッパは

「な

もっとみる

八つ当たり、不当な中傷などは、きっと、
諸刃(もろは)の剣(つるぎ)。
その諸刃の剣は、刃(やいば)の部分より、
柄(え)の部分の方が、より鋭い刃が覆う。
其(それ)ぞ、即(すなわ)ち、
他者への八つ当たりや中傷は、必ず倍になって自分自身に返って来ると言えるだろう。

因果の解消のためにこの世へ生まれた?【斎藤一人】

因果の解消って何ですか?というと、「自分が過去にやったことを刈り取る」というのが基本的な考え方です。

それは現世の過去だけでなく、前世の何代にも渡る過去のことで、誰でも、いい行いと悪い行い、どちらもたくさんしてきたことでしょう。

例えば、人をいじめたことがある人は、人にいじめられることで因果が相殺されます。

運よく人に助けられた経験がある人は、過去にあなたも人を助けていたのでしょう。

この

もっとみる

メディア-令和研究会第七回-

芸能人お断り、取材お断りの企業が増えてきているのの、Privacy権が最優先されているので、メディアも行く先が無くなってきて、メディア内で自作自演の内輪揉めばかりで、事件はTV局内だけで起こっていて、つい最近までTVばかり見ていると評論家が社会批判していたのに、今度はTV離れ、Media離れが進んでいて、社会的繋がりが無くなってきたと煽っているが、中間媒体の住民の原理は中庸にあって、どちらかに振れ

もっとみる

【FGO EpLW 殷周革命】第十四節 法身如来度魔縁

<BACK TOP

「マシュ」

「……先輩」

オレンジ色の髪。先輩。藤丸立香。人類最後のマスター。わたしの先輩。わたしの。

……嘘だ。そうだ、嘘だ。アーチャーの見せた幻に過ぎない。でも。

先輩の、首が、目の前でぼとりと落ちる。血が吹き出し、地面を朱に染める。先輩の膝が折れ、地面に倒れ伏す。

『見よ。お前の愛する友は殺した。おれが殺したぞ。どうだ』

闇の中で、アーチャーが嗤う。六本の腕

もっとみる

幸福度爆上がり!幸せの種をばら撒く方法。

先に言っておきますが、怪しい自己啓発ではございません笑

以前に慈悲の瞑想というモノをご紹介させて頂きましたが覚えていらっしゃいますでしょうか?
好きな人、嫌いな人、どうでもいい人の幸せを願いながら行う瞑想の事です。

やっぱりやばい自己啓発やーん!!!

とならないでくださいね!
一応科学的に効果が実証されているそうです。
実験も被験者もアメリカのものですが日本人にもしっかりと効果があるそうです

もっとみる

引き寄せの法則は現実的に可能なのか?【斎藤一人】

引き寄せの法則または牽引の法則といって、自分が出している波動と似たような人と出会うことってあるんです。

これは信じたい人だけが信じればいい話ですが、「類は友を呼ぶ」ともいわれるように、一緒にいる人を見ればその人のこともわかってきます。

例えば、いつもイライラして愚痴や不平不満ばかりを言っている人は、その人と同じような雰囲気や言葉を使う人に囲まれていますよね。

逆に、いい波動を出していて、いつ

もっとみる

情報空間を利用した「徳積み」

「これから」あなたが恵みを受けとる人生を

歩んでいくためには、

現実的に【徳を積む】必要があります。

【徳】とは、
【恵み】です。

以前、「徳の解明」宇宙に情報を書き込んでいく。

という記事で、

宇宙は、「全ての情報を記録している」
「1つの大きな情報処理体」です、

という話をしました。

だからこそ、あなたのとった『行動』は、
必ず何らしかのカタチで、

この世界に「情報」として記

もっとみる

運命の定義

私の note では、これまで「 善悪 」の定義から「 因果応報 」の定義、そして、補足として「 正義 」の定義について、書いてきましたが、

これらの説明は、最初の note の「 運命の話 」の続きというか、実は、私の定義する運命の、その前提となる話でした。

私が、なぜ、運命というものに辿り着いたのか、その理由は、

善悪を定義し、因果応報に「 もっともらしさ 」を感じたからです。

私の善

もっとみる