地域イベント

15歳最後の夏に一人で地域イベントのVR体験ブースを制作、運営してしまった女の子の話

あなたは「VR」という言葉を聞いたことはありますか?

バーチャルリアリティの略で、主にプログラミングによって作られた仮想現実世界を意味します。

最近ではアトラクション施設で専用ゴーグルをかけてVRゲームを楽しんだり、イベント会場でバーチャルアイドルがステージ上で歌ったり踊ったりするのを観賞できたりと、あちこちでその最新テクノロジーによる新時代エンターテイメントが話題に上がるようになってきました

もっとみる

シカテ断捨離ランドとはなんだったのか(後編)

2019年5月18日に開催したシカテ断捨離ランド

開催前の段階から、内外問わず「それってなに?」みたいな声をたくさんもらっていた。
その答えを記録すべく、ここに書きます。
※この内容は2019年7月15日に開催した「シカテ断捨離ランドとはなんだったのか」を元にしています。

前編までで、この企画の開催までの流れを書きました。

後半はシカテ断捨離ランドとはなんだったのかを書きたいと思います。

もっとみる

シカテ断捨離ランドとはなんだったのか(前編)

2019年5月18日に開催したシカテ断捨離ランド

開催前の段階から、内外問わず「それってなに?」みたいな声をたくさんもらっていた。
その答えを記録すべく、ここに書きます。
※この内容は2019年7月15日に開催した「シカテ断捨離ランドとはなんだったのか」を元にしています。

私が追い求めていること

住まいのある地域に自分と他者とのつながりが欲しい。
しかも、
お金とか仕事とか関係のない楽しく、

もっとみる

ボランティアで慣らした僕が教える地域イベントでやってはいけないこと

はじめに
地域ボランティアとして様々なイベントにかかわってきた僕ですが、その分たくさんの失敗をしました。
今回はPTAや団体、あるいは個人として地域の催し物などに参加する際、絶対にやってはいけないことについて話そうと思います。
これから紹介することは、「そんなの普通じゃん」と思われることがほとんどでしょう。
それでもわざわざ書くのは、やりがちなミスだからです。
ミスというのは後から思えば大したこと

もっとみる

源兵衛、おっかぁ、梅ゴン、 家族で物語を考える創作紙芝居の一団 〇〇一味

公演場所に合わせたオリジナル作品ならではの創作紙芝居を家族で表現。
和楽器の薩摩琵琶をとりいれるなどバラエティにとんだ紙芝居で東京下町を中心に展開している〇〇一味にお話を伺いました。

● プロフィール
出身地:東京都
活動地域:主に東京都
● 経歴
源兵衛:介護職12年。仕事の傍ら絵を描き続け紙芝居の世界へ。
おっかぁ:ディズニーでのアトラクション業、展示会企画営業、整体業の管理職などを経験。

もっとみる

逗子アートフェスティバル2018のキックオフMTGを開催しました!(開催レポート)

2013年から始まり、2017年にトリエンナーレとして開催された逗子アートフェスティバル(ZAF)。
いま、逗子市の財産難により、2018年からは予算がつかなくなりました。
いろんな難しいことはあるけれど、「それでもやろう!」という呼びかけでZAF2018キックオフミーティングが開催されました。
「ピンチはチャンス!」と立ち上がり、動き始めた新しいZAF2018の様子をお届けします!

いま、この

もっとみる

地域活動を活性化させるヒントは「連絡手段」にあるのかもしれない。

3月に入り、もうすっかり春ですね。春になると色んなことが動き始めます。

先日、地元で毎年開催される「逗子アートフェスティバル」の次年度キックオフMTGに参加したのですが、ひとつ印象的だったシーンがありました。

参加者全体に「名前とメールアドレス記入欄のある小さな紙」が配られた後に主催者からこんな一言が。

「次回以降の連絡は基本的にFacebookグループ内でやろうと考えていますが、この中

もっとみる