オリジナル声劇台本「ラブナロク」

〇登場人物(作中表記は、全員下の名前となる)

相良 徹(さがら とおる)…高校二年の男子高生、素行は良くないが、真っすぐな性格
              目つきが悪く、誰に対しても粗暴な態度をとることが多い
              五十鈴、幸喜とは昔からの数少ない友人

川村 五十鈴(かわむら いすず)…高校二年の女子高生、容姿端麗な美人
                 人に対して高圧的

もっとみる

【無料朗読台本】鬼の子と黄昏時

▼利用規約必読
https://note.mu/momoka_ueno/n/n938a7e38eee6

「あなたは誰?」
「僕はここの子供さ」
「え? でも、ここは空き家だってお母さんが言ってた……あれ、いない」

さて、その小さな少年は走って逃げてしまいました。
彼は何百年も続く命、人間には計り知れない運動能力を持っている、鬼の子。
母親から人間と関わるなと言われているというのに、いつも言いつ

もっとみる

青春短編声劇集「アオイロ」配信日・決定!

140秒で聴ける青春ドラマ、いよいよ配信開始です!

9月14日19:00に公開します。

どうぞよろしくお願いします。

―――
<スタッフ>
作・編集  ササキ タツオ
https://twitter.com/sasatatsu5

<キャスト(50音順)>
○大塚由祈子
https://twitter.com/yukko_otsuka

○小林将司
https://twitter.com/a
もっとみる

いよいよ今週末配信開始!(予定)

この夏に録音した「青春短編声劇」集・第一弾『アオイロ』。いよいよ配信する準備が整いました。140秒で楽しめる青春ドラマ。ぜひお聴きください!

「遠くの空に、君を想う」(モノローグドラマ010)

「遠くの空に、君を想う」

感傷的な青年のドラマです。

■人物
青年

■本編
青年のMO「入道雲が山並みの様に連なる青空に飛行機雲がビューンと伸びていく。ああ、今年も夏はやってくるのか、と僕は思った……」

青年のMO「君と付き合って2年目の、遠距離恋愛が始まったのは、去年の夏のことだ。僕たちは、二人の関係が絶対的なものだって自信に満ち溢れていた。遠距離恋愛は難しいって世間では言われるけど、僕

もっとみる

「秋恋」(モノローグドラマ009)

あっちゃんさんの「秋に恋い焦がれてる」という写真をみて

非常に感動して、

今日はドラマを執筆してみました。

■人物
少女

■本編
少女「赤とピンクのコスモスの花が視界を埋め尽くす、そんな世界の中心で、私は愛しいあなたの名前を呼んだ」

少女「こっちにきて、一緒に踊ろう」

少女「それがかなわぬ願いになってしまったことに、いまは絶望しか感じない」

少女「コスモスの花言葉を辞書で調べたら、乙

もっとみる

映画の予告風 音声作品用オリジナル台本「オタクもたまには役に立つナリ」

ボイスドラマ・音声作品用オリジナルフリー台本趣味で音声作品を作っている方たちへ!完全オリジナルのフリー台本です。ふざけたノリがお好きな方、是非ご利用ください♡

ネットゲームで知り合ったオタク同士の恋を描く架空映画「オタクもたまには役に立つナリ」の予告という設定です。テレビや映画館で流れる映画のCMをイメージしています。

短いので演技やmixをサクッとやりたい方にオススメです!

-------

もっとみる

「苦しめないで」(モノローグドラマ007)

■人物
女と男(一人二役でお願いします(これには意味があります))

■本編
女「私を苦しめないで。悪口を言うのはやめて。もう責めないで!」

男「お前こそ、俺のことをそうやって責めるのはやめてくれ。俺はお前に何もしてない。むしろ、お前が俺を苦しめてるんじゃないか」

女「私だってあなたに何か危害を加えた覚えなんかない! もう私に関わらないで!」

男「だったらお前が出て行け。俺はここに残る。ここ

もっとみる

「愛って一人じゃ生まれない」(モノローグドラマ006)

「愛って一人じゃ生まれない」
■人物


■本編
女「愛って一人じゃ生まれない」

女「私は君に愛されたかった」

女「君に愛して欲しかった……」

女「でも、あの頃の私は、愛して欲しいとは言えなかったし、君も私を『愛したい』とは言わなかった」

女「たぶん、私たちは、まだ《愛》を信じられるほど、大人じゃなかったんだ。笑ってしまうほど悲しいくらい、うぶな子供だった。求めあう気持ちより、恥じらいが

もっとみる

恋なんていらない、なんて言わない(モノローグドラマ005)

「恋なんていらない、なんて言わない」

■人物
青年

■本編
青年のMO「愛だとか恋だとか、友情だとか、もったいぶった抽象的な言葉の表現って、胡散臭くて中身がないって心底思っていた」

青年のMO「でも。その疎ましく思う感情が、実は、本当の愛だとか恋だとか友情だとかを全く知らないって理由で発生しているんじゃないか、って、思ったら、急に胸が苦しくなった」

青年のMO「愛だとか恋だとか友情だとか、

もっとみる