ビールと愛と、大人の恋の味

待ち合わせは いつも小さな駅で

改札の向こう側に見える あなたは
いつも、ほんの少しうつむきながら
小さく手を振って
こちらへ向かって歩く。

夏は、
ネクタイを締めていない。

あなたを見つけて 目が合った、
その瞬間がたまらなく、好き。

本当は 走って 駆け出して、
飛びついてしまいたいくらい嬉しくて たまらないのだけど

わたしも、少しはにかみながら
右手で手を振って ベンチ

もっとみる

変化

あの人を好きになって
3ヶ月半が経った
猛烈な想いを封印してから
わたしたちの間には
穏やかでほっこりした時間が流れている

この3ヶ月でたくさんの変化があった
相手を信じて待つことができるようになった
自分の気持ちを言えるようになった
勝手に推測しないで
会って話をして判断するようになった
それまではモヤモヤしても仕方ないと
割り切れるようになった

あの人のおかげで
私は10代20代前半で悩ん

もっとみる

マラソンシーンで胸がいっぱいになった「パリ、嘘つきな恋」

「最強のふたり」を好きな映画トップ10の中に入れている。その制作会社が発表した「パリ、嘘つきな恋」。夫と、観たいねと話していたけど、ブルーレイで出てからかな、ネットで観るかもな、などと思っていた。
 主人公の男性が亡くなった母親の車椅子に乗っているところを見つかり、そのまま足が不自由だと嘘をつき始めたら、同じく足が不自由な女性を紹介され、どんどん後に引き下がれなくなる、と映画予告で紹介されていて、

もっとみる

それでいい

何回も

何回も

好きって言って

それでも

こっち見てくれなくても

それでいいの

わたしは私をきちんと生きて

ただ

たまに

好きって言って

そういう貴方がいてくれれば

それでいいの。

ふみんの好きなところ

ふみんの好きなところは、たぶんたくさんある。

洗濯が上手なところとか、夜にギターを弾いてくれるところとか(ふみんはギターがなかなか上手だ)、挙げればきりがない。でも、さっきふと思いついた好きなところがある。ひまなところだ。

ふみんはひまだ。全然いそがしくない。私もけっこうひまだけど、ふみんのほうがもっとひまだ。

今日、昼まで寝ていた私は、ベッドに寝ころがったままビートルズが1969年にアップ

もっとみる

かたおもい。

ただ、ただ

ひたすらに

あなたのことが好きです。

思いが届かなくても

あなたは

私の人生を豊かにしてくれる

その存在だけで

私は幸せになれる

事あるごとに

あなたの存在に励まされ

私は次の一歩を踏み出すことができる

あなたのことが、好きです。

夢見がちな大人の恋

今日、50代で子供が欲しい男性の婚活記事を読んだんだけども。

https://toyokeizai.net/articles/-/291530?display=b

大人って夢見がちなのかも。と思った。

自分が周りの人からどう見られてるのかっていう客観性を持てないのは、なかなかに問題だよねww

年老いていくということのリアルを、自分が受け入れられてないというね。

私も、年齢を重ねるというこ

もっとみる

かたおもい

同じ灯りの下には

いられないけれど

何千回も、何万回も

好きと言える。