関西旅日記(117):とっても奥の深い太陽の塔⑤:せっかくなので外からも見てみました

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回までは思い切り太陽の塔の内部を堪能してきました。

今回はせっかくですので、外からも太陽の塔を見てみます。まずは真正面から。

ちょっと遠くから撮ったもので、なおかつ一般的に有名な太陽の塔のアングルなんですけど、こうして見てみるとこじんまりとしていて可愛らしさすら感じます。

次は真正面のドアップを。

む、よく見ると顔の左半分がこちら側に突き出ているではあ

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
1

関西旅日記(116):とっても奥の深い太陽の塔④:太郎さんが込めた思いはとても深いもの

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は太陽の塔の内部を最上階まで登りました。内部観覧ツアーはここまでで、今回は外側の螺旋階段を通って入口まで下りていきます。

螺旋階段を下りるだけだから、壁には何もなく無機質なことになっているんだろうな、と個人的には高をくくっていました。しかし階段を下り始めると、その想像はもろくも崩れました。

壁には太陽の塔を作った岡本太郎さんが、太陽の塔にどのような思いを

もっとみる
ありがとうございます!あなたの記事もぜひ読んでみたいです!!
2

関西旅日記(115):とっても奥の深い太陽の塔③:上に行くと恐竜にゴリラに人間が

こんにちはこんばんは、ナオティです。さて今回も太陽の塔の内部ですが、螺旋階段を使って上に登っていきます。

この螺旋階段、万博当時はエスカレーターを使って登っていたとのことです。うーむ、エスカレーターで登りながら上に向かうのってどんな気分なんでしょうね。タイムマシンがあれば、万博当時にタイムスリップして実際に経験できるんですけどね。

さて、今回は写真を全く使わない予定だったんですが、訂正して2枚

もっとみる
ありがとうございます!あなたの記事もぜひ読んでみたいです!!
3

関西旅日記(114):とっても奥の深い太陽の塔②:太陽の塔の中へ、そこに待っていたのは

こんにちはこんばんは、ナオティです。いよいよ太陽の塔の中に入っていきます(本格的に)。

太陽の塔の中は前回も少しお見せしましたが、全体的に赤い光で彩られています。そしてそこには1本の樹のモニュメントが。

何やら幹の部分には三葉虫、そして周りに浮かんでいるっぽいのはクラゲです。

もう少し上の方を見ていくと…、

すごいです!魚とか恐竜とかいろいろなモニュメントが…。しかも樹もすごくカラフル~!

もっとみる
ありがとうございます!!とっても嬉しいです(^^)
6

関西旅日記(113):とっても奥の深い太陽の塔①:入口で出迎えてくれたのは…

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回からいよいよ太陽の塔編です。前回は何とかたどり着き、係員に事情を話したうえで遅ればせながら中に入れることになりました。

ここで太陽の塔について簡単にお話しします。といっても、おそらく皆さんもご存じのように、1970年の大阪万博のシンボルとなった作品で、岡本太郎(「芸術は爆発だ!」と言った人)が作ったものです。同時に大阪万博ではテーマ館としての役割を果たし、

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
7

関西旅日記(112):大ピンチ!太陽の塔が近くて遠い…

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も太陽の塔に向かうパートです。

前回で阪急千里線の山田駅を降りた僕は、なんとそこから太陽の塔まで歩いて行くという、ある意味命知らずなチャレンジをすることになりました。ちなみに入場時間は11時で予約してあり、この時点で40分前だったので余裕で行ける・・・、はずでした。

山田駅のすぐ近くには高速道路と環状道路が走っているため、まずはその道沿いに万博公園方向に

もっとみる
ありがとうございます!!とっても嬉しいです(^^)
5

関西旅日記(111):地下鉄と阪急線で万博公園に行きます

こんにちはこんばんは、ナオティです。さて今回も万博公園の太陽の塔に向かう途中のお話です。

少し歩いた後で地下鉄に乗り、北へ向かいます。ちなみに使った路線は堺筋線なんですけど、実はこの路線途中から阪急千里線で千里ニュータウンの方まで走っているのです。

それで今回の万博公園まで行くルートとしては、阪急千里線で山田駅まで行き、そこから万博公園まで歩くルートで行く、ということになりました(やたらと歩き

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
4
心からの感謝を申し上げます
9

【小説】【漫画】最近読んだアレやコレ(19.10.1)

なんかこうもっと気軽にnoteできるように、ガッと入力したものをぱっと出力できるこういう型式を作っといたら楽でいいんじゃないのかなあというのが本稿作成の動機です。最初はジャンプの感想でもしたためようかと思ったのですが、最近のジャンプは気が狂ったようなおもしろさであり、言及したい作品も多すぎるため(ハイキューワンピース鬼滅チェンソーマンゆらぎ荘呪術神緒アクタージュドクターストーン)、クソ長文になるな

もっとみる