女の世界

44.女は目が合った時点でバトル

題目が浮かんでから日数が経過して自己紹介の内容を書き出すことも多い。ので、これも
そのひとつなのだが、書く前に「本当にそうか?」と思ってしまった。けれど。男性同士が
マウンティングするように、女性社会でも一目見ただけで優劣の判断をしている場合が多
い。仲良くなるとその優劣は気にしなくなるが、本当に信頼できるくらいにまでならないと、
優劣の差の目でみてしまう、見られてしまうことがしばしばある。それは

もっとみる

[エッセイ]~今日もあの人を想って~バランスが大事

私が初めて人間関係に挫折したのは大学生の時だった。大学時代は大学祭実行本部に所属していた。

中学時代はブラスバンド部に所属したものの、練習が嫌いで二年生の途中で辞めた。高校時代は、何か部には入らなくてはいけないという決まりだったので、英会話部に所属した。でも、参加したのは入部手続きと卒業アルバムの集合写真を入れて三回だけだった。

このまま、まともな集団生活を送らないまま、社会に出るのはまずいと

もっとみる

「真琴」あらため「まこ」です。

ガールズバーって何かわかりますか?
ガールズバーに行ったことありますか?
ガールズバーのイメージってどんなですか?

私は一年と半分ガールズバーで働いていました。
後ろめたいことなんて一つもない。
むしろ最大限胸を張って言いたい。
ガールズバーは私を成長させてくれたところだと。

きっと今のみんなの頭の中は悪いイメージ、悪い言葉でいっぱいだと思う。でも、今ここで、証明したい。

まことの、いや、『

もっとみる

女のSNSの世界で行う筋トレ

先日ある業界のとあるお偉さんが、facebookやめちゃおうかな、とつぶやくのをみて、笑った。

同じレベルの話を、知り合いの事業者界隈からも、子育て中の友人界隈からも、聞いている。(前出の投稿の真偽はさておいて)
そう愚痴ってくれる人の話を聞きながら、人っておもしろいなぁとおもう。

SNSを仕事に使う友人はとても多く、古株もいれば駆け出しも出てきたり、いなくなってしまったり。変わり身も入れ替わ

もっとみる

女友達を簡単に信用してはいけない話。

漫画みたいな話が起こりました。備忘録として、そして人をすぐに信用してしまった自分への戒めとして、ここに残します。

先日、気の合う女友達A子と近所で飲んでいたときのこと。

A子。私よりいくつか年上で某飲み屋で知り合った。意気投合し、たまに飲む仲に。いわゆる飲み友達である。かれこれ一年以上の付き合いになる。

年月にすると浅いが、私はA子が本当に大好きだった。面白くて優しくて一緒にいると楽しくて。

もっとみる