差別や偏見のない世の中に

路上生活者受け入れ拒否の件からマジョリティの視点を探る

12日、台風19号が東京都に上陸した。私は、秋田にいたので、状況は分からなかったが、甚大な被害を及ぼしたことだけは分かりました。そんな中、あるニュースが議論を醸しています。ホームレス状態にある二人が、自主避難所である区立忍岡小学校に避難をしようとした際に、「住所が無い」という発言をしたため、区民以外の者は利用対象者ではないとの理由で、避難所の利用を拒否したそう。

このニュースを耳にした際、「路上

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです。
9

ステップファミリー ~子連れの私の再婚・夫の覚悟~

さいたまで9歳の子が養父によって殺害された(容疑)痛ましい事件が起きた。

内縁関係や再婚相手・交際相手によって我が子の命を奪われる事件がここ最近で何件起きただろう。悲しいことに実の親から虐待された子供も少なくない。

我が家も私の再婚により今の夫が若干28歳にして当時小4と小6の父親となったが、血の繋がり以上の関係だと言いたい!

当初は、私が子連れである上にパニック障害で夫よりも6歳上。夫は初

もっとみる
励みになります!
65

毎日まきこま🍑キャバ嬢やAV女優さん好きでも良くない?

YouTubeで【桜井野の花】さんのメイク動画を見たいと思って開いたら、サムネと実際の顔が違ってびっくりしたが、とても面白い方だったのでチャンネル登録して色んな動画を見た。

それから、キャバ嬢って凄いなーって思って、【門りょう】さんの著書を買って読んで(また感想インスタ載せます)、愛沢えみりさんの著書も買いました。えみりさんの本はまだ読んでないですけど。

私は高校生の頃から【小悪魔ageha】

もっとみる
今日も絶対良い日(*´罒`*)
20

偏見が始まる時。直感とのせめぎ合い

偏見が知識不足というのは、とても簡単。でも、そこには大きな理由(目的)があって、その目的を明確にしないと、進めないのではないか、と、思う経験をした。

基本的に我が家の息子たち2名はとても仲良しで、よく一緒に遊んでいる。が、ある日、次男が泣きながら、長男の手を振り払っている現場にでくわした。「お兄ちゃん、僕に触らないで!嫌なんだから!絶対に!!!」その剣幕たるや凄まじく、あっけにとられていたら、長

もっとみる
シェアしてもらえると嬉しいです
16

偏見の目は持ちたくない

自分が理解していない世界は、思い込みと偏見にまみれていると感じた。

自分が精神疾患にかかっていなかったら、Twitterの病み垢というものはリストカットとかまってちゃんで溢れていると思い込んでいただろう。

自分がお酒をあまり飲まない人であるから、外で飲むような酒豪の人は、病気にかかる手助けを早めてしまっているのだと思い込んでいた。

でも、それは自分の中の想像した世界であって、現実として存在す

もっとみる
…嬉しい。
12

道が通行人を選びますか?

ちょっと信じ難い話を聞きました。個人の名誉に関わるので記事にするかどうか迷いましたが、あまりにも理不尽だと思ったので書くことにしました。

道って誰の為にあるんですか?
皆の為にあるんですよね?
だったら、例え犯罪者が相手だとしても、一個人に対して通行を制限する権限は誰にもありませんよね?

自分が快く思っていない人が自分の目に留まる道を歩いたら、その相手に「この道を通るな」って言いますか?
そん

もっとみる
あなたのハート、キャッチしました!
2

どうして黒髪じゃなきゃいけないの

日本人の習性なのかなんなのか、黒髪と軽い茶髪以外の人間への「何あの人」感が未だに変わらないことに疑問しかない。
就活生だって、みんな同じような黒髪に結髪、制服のようなリクルートスーツ。自分を押し殺した格好で就活して、採用してもらって、やっぱなんか違うって辞める。これなんなの?
なんでみんなと同じじゃなきゃいけないの?

    私は何かの型にハマって生きるのがとても苦手だ。それは単なるワガママとか

もっとみる
嬉しいです!
8

公益財団法人こころのバリアフリー研究会でプログラム委員として働いています。総会のお知らせ。当日参加できます

第5回こころのバリアフリー研究会総会
概要
日程 2018年6月2日(土曜)6月3日(日曜)
場所 NTT東日本関東病院
4階カンファレンスルームと地下1階ボヌ―ル
テーマ 「今考えるこころのバリアフリー~だれもが幸せに生きていい~」
基調講演 佐藤光源「心の病気からのリカバリーを展望する」

プログラム(案)
掲載されているプログラムの内容(演者等)は変更される可能性があります。

平成30年6

もっとみる
スキしていただき、ありがとうございます。次を書く励みになります。
3

映画「あん」の舞台、多磨全生園を訪れた

http://leprosy.jp/japan/guidetour/

友人の誘いがきっかけとなって、「多磨全生園」にやっと訪問する機会を得た。東村山市のNPOと、資料館のスタッフが園内を案内するガイドツアーと、午後は回復者の女性の話を聴くという、貴重な1日となった。

まず(いきなりバス停を間違えて遅刻。。)資料館のホールで、館長さんから国内のこれまでのハンセン病を取り巻く歴史のレクチャー。当時

もっとみる
そんなあなたが大好き!
7

これ、一度テレビドラマで見たことあって、母親が生まれた頃の写真を持ち出してきてようやく教師側が折れるっていうストーリーだった。
「茶髪の生徒は染めているに違いない」っていうのは偏見だよね。
http://www.asahi.com/amp/articles/ASKBS6D22KBSPTIL024.html

はげみになります。ありがとうございます(≧ω≦)