赦し

私が赦すのではない
私は赦されている
私には赦すことはできない
私は赦されており、全てが赦されている
私が赦そうとするなら、そこに罪がある
そのとき私が罪を握りしめているから
私はただ、その握りしめている手をひらけば良い
私が掴んでいるものを、はなせば良い
私が赦すのではない
私は赦されている
私には赦すことはできない
ただ私は赦され、全てが赦されている
ただ私は赦され、全てが赦されている

もう

もっとみる

幻想

君がいるこの世界

君しかいないんだ

すべて幻想だ

その悲しみも

その苦しみも

幻想の中で目をつぶってごらん

そこにはなにもない

ただ、君がいるだけ

ただ、君が在るだけ

宇宙でもなく

暗闇でもなく

その真っ暗闇は

ただ、君だけのもの

そこに在る悲しみも苦しみも

目をつぶれば

黒に溶け込んでいく

すべてが存在していて

すべては存在がなく

かすんだ世界を

君は独りで

もっとみる

幻のグルメ!カルディさんに探しに行く〜

カルディ(KALDI)の幻の大人気グルメ!めっちゃ美味しいバカ売れのレモン唐揚げの素を買いに行って作ろうと思ったら!そのお味は? https://youtu.be/OnkdZztlAn0

✴︎0808✴︎ライオンズ・ゲートと蠍座の上弦の月。内なるLEOが輝く季節。今日は雷鳴が轟いている。私は落書き(描き)にハマってる。なんでもいいから表現・創造したい気分なんだな…。けど《一番に》やりたいことは? Visionを実現させること。パワーの充電。幻で終わらせたくない。

お礼に「ピュアレッド」のエネルギーを送ります♡ 活力は足元から☺︎/*
2

未来へ向かうか、ただ未来が訪れるだけか

No. 1になるために他の人たちのフォロワーさんの人数を見て調べてみた

最高で40000人超え

50000人近くのフォロワーさんが居る人が俺の見た中での最高人数だった

じゃあ簡単に言うと50000人超えたら言いってことだな

スキの数はちゃんと見てないから分からないが

50000人って確かに凄く先の長い道のりで到達するかどうかもわからないだろう

この人数であと40000人以上作るってこと

もっとみる
ありがとうございます(^ ^)これからもよろしくお願いします(^ ^)
12

虹は幻、然れども。

虹に魅了されて、虹を描こうとする。
然れど、それは虹そのものでなく、自身が捉えた幻。
だから、その捉えたものを誇りに感じよう。

虹は理想となり、道しるべになる。
然れど、追いかけても、決して追いつかない幻。
だから、追いかけ続けることができる。

忘れてしまう人もいれば。
覚え続けている人もいる。
いま見ている最中かもしれないし。
まだ見たことがないかもしれない。

虹は誰でも、観測できる。

もっとみる

⑨プシケ(魂魄)【幻】阿呆が馬鹿を着飾るとこにあるもの

幻でした

男はそう 結論づけることになります

向上するもの 神聖なるもの

高みへ  美しいものを

表現したかったのよ

男の人生は 無駄でした

健康的な人間を生きた夜

が明けた時に

男は 空想に 現実に 

押しつぶされたのよね

これね

私は わかるんだ

私も そんな狭間をみたもの

彼と私の違うところはね

ま  環境のなせるところもあるけれど

ここよ

精神です

男は

もっとみる

まぼろしの世界

もしも愛しいあなたの姿が
わたしの作った
まぼろしならば
わたしの思い描くその世界は
とても緻密で素晴らしい世界

全てが全て完璧で
寸分の狂いもない

もしも愛しいあなたの姿が
わたしの作った
まぼろしならば
わたしの生きているこの世界は
とても美しい愛の物語

とてつもなく慈愛に満ち
とてつもない色合いを魅せ
深い悲しみと深い喜びに溢れた
壮大でスペクタクルな物語

満天の星空を見上げ
わたし

もっとみる

レモングラスの香りが欲しい

カーテンがふわふわすること、雀が戯れること、頭痛に気がつくこと、爪を切ること、物の主線を探すこと、本を開いて閉じること、シャツにアイロンをかけること。

カーテンはカビている。
雀は数えきれないほどいて。
人工的な甘ったるい匂いが頭痛を助長する。
爪は深く切りすぎた。
物の主線は一体何色なのか。
読みたい本はきっと日本語の様な外国語で。
アイロンをかけてもシャツの皺は無くならない。

ほら、半端な

もっとみる

あの日、一瞬にして目の前に一枚の情景が見えた

あまりにも鮮明で、今でも感触が残っているように感じる

抱き寄せられた時の腕のたくましさ

鼓動が一瞬にして滾って息苦しくなる

同時に私を包む柔らかく激しく熱いくちびる

頭の中の感覚がとろけてぼんやりしていくかんじ

自分でも怖いくらいにあなたを感じた

これが、現実でないことが逆に気味が悪いほど。

でも、もうきっと、それはただの幻だと

いい

もっとみる