日本人の《自己肯定感の低さ》にゾッとした話

みなさんは、「自分自身に満足」していますか?

これは、内閣府が2019年6月に発表した
「令和元年度 子供・若者白書(全体版)」

【自分自身に満足しているか?】
という問に対しての結果。

※国名:『そう思う』+『どちらかと言えばそう思う』=合計

• 日本:10.4%+34.7%=45.1%
• 韓国:36.3%+37.2%=73.5%
• アメリカ:57.9%+29.1%=87%
• イギ

もっとみる
【吉】いつもよりセクシーに改札を通ろう(*´д`*)ハァハァ
28

ジャッジしてしまうなら、3Pはいかが?

私たちは

『正しい・間違い』の2択が大好きです。

そりゃ、簡単だからねぇ

2択って楽だしw

神様の言う通り♪って

天に任せて決めるのも

2択だとすぐ決まるしね。笑

八百万あったら大変じゃんw

酔っ払ってても2択なら

何とか選べるからさw

↑みたいな安易な考えで 

世界はここまできました。

(え、ホントだよ?)

ここで提案です。

『正しい』

『間違い』

この2択に

もっとみる
【吉】今日はごはんに「ふりかけ」かけよう!
28

不安っていきるために必要だけど不安障害とか強迫性障害はその不安が過度に働く病気らしい
だから不安をゼロにっていうのは難しい

今日のおすすめ漫才はアインシュタインです。
5

最近は確認は減ったけど縁起強迫がひどい

今日のおすすめは回鍋肉です。

三代目 J SOUL BROTHERS、ありがとう!

強迫性障害の人の苦労は、ほんっとに大変だと思います。
「子どもがいじめられたらどうしよう」
「検品で刃物が入っていたらどうしよう」
「運転中に人に接触していたらどうしよう」
・・・

強迫観念が無限に止まらなくなって、
わかっているけど、頭の中ががんじがらめになる。
確認のために、何度も何度も確かめたり、人に確認したり、
ものすごい労力を費やします。
何もかもが嫌になって、キィ~~~!!!

そん

もっとみる

腹の底から出てくる感情を大事にする。そうして精神病は治っていく…多分…

今朝、半額のメロンパンを購入しフードコートでむしゃりむしゃりと食べた。うまい! 傍から見れば悲しい光景かもしれない。20代中盤の男が半額のパンを血眼で探し、10時半なのにやたら人が多いフードコートでそれをむしゃぶりつく。 悲しいかな。それが現実。

 しかし、メロンパンを食した際の「うまい!」は本物である。普段どんなに斜に構えて気取って見せたって、腹の底から湧き出てくる感情は隠せない。

 このう

もっとみる
thank you!
11

本当の"幸せ"に"ベクトル"を変えるには 〜現実が変わるとき〜

トゥルーステップは

ガマン のベクトルを変えます。

『ちゃんと』するためにガマン するか、

『やりたい事』をするために ガマン するか!?

この違いは大きい。

このときの『ちゃんと』は、

両親や学校やテレビなど

色んなところで言われたり、刷り込まれた、

『こうしなさい』『こうじゃないとダメだ』

のような生き方です。

【続きは下記のブログのリンクへ】

本当の"幸せ"に"ベクトル

もっとみる

⑭/24【自由に行動してはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《親から離れてはいけない》のビリーフをもっている方は、「親から離れることはとても悪いことだ」「親から離れると、私は(または親は)生きていけない」といったように、親から自立することに対して恐れや罪悪感を感じてしまいます。
反抗的に、依存している対象の人物から、過剰に離れようとする場合もあります。
反抗期がなかった人が多いこともあります。(怒りが出せない)
 
 
【説明】
《自由に行動して

もっとみる

⑩/24【子どもであってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《子どもであってはいけない》のビリーフを持つ方は、人に甘えることや人に頼ること、わがままであることや自分の気持ちを優先することを我慢して、自分よりも他人(の気持ち)を優先しようとします。
誰からも気に入られたいという気持ちが強く、常に「いい子」や「良い人」であろうとします。
人の面倒見が非常によく、可愛そうな立場の人に対して過度に共感的、同情的です。
まれですが、心の中で感じている「良い

もっとみる

ビリーフチェンジセラピー【心理セッションでずっと苦しんでいた悩みから解放されていく】

ビリーフチェンジで扱う”ビリーフ”とは、『生き方のルールの”思い込み”』のこと。

ビリーフの中で『~であってはいけない』という”禁止のビリーフ” が生きづらさや悩みの原因。

人はビリーフがあると人生で同じような経験を繰り返します。

例えば、

"愛情を感じてはいけない"があると・・・
・真剣なお付き合いができない相手ばかり好きになってしまう

"価値ある存在と感じてはいけない"があると・・・

もっとみる