後期印象派

ポストロックが好きなんだが

音楽で特に好きなグループを見ると、ジャンルはどれも、「ポストロック」だ。

蓮實重彦という人の「「ポスト」をめぐって-「後期印象派」から「ポスト・トゥルース」まで」というタイトルが目に「ばーん!」と飛び込んで手にした「新潮」2019年2月号。

美術に詳しくは無いけれども、「後期印象派」という呼称の「後期」は、ポストという単語の意味を考えると、ちょっとおかしくないかと思うのだけれども、本屋でこの稿

もっとみる

セザンヌと過ごした時間:セザンヌの絵に霊感を与えた、光と色彩の中につつまれる僥倖

フランス近代絵画の父ポール・セザンヌと、自然主義を定義した小説家エミール・ゾラ。セザンヌは裕福な銀行家の息子。父親が亡くなったゾラは、貧乏だった。いじめられていたゾラをセザンヌは理解し、かれを助けた。二人は、かれらの不安や反抗心や夢や希望を共有し、熱い友情をはぐくんだ。

先鋭な才能を持つ個性のぶつかりあい。その友情の軌跡に、尋常ならぬ浮き沈みがあったのは、いうまでもない。幸福な結婚をし、金のため

もっとみる

【URLあり】ムンクの生涯動画アップ完了

今回はちょっと凝ったエンドロール風の文字アニメーションや効果音も入れてみました!
結構いい出来だと思う。

やっぱり余裕を持って作るの大事だな。

もっとみる

いいものを楽しむための知識#3

こんにちは!

テストを終えて明日のレポートを書かんといけないぷもんです。

週に締め切りが何個もあると気持ち的にきついですよねー。

頑張ります。

皆さんも頑張ってください。

よくわからない始まり方になりましたが

今日はぼくの好きな美術史の話です。

学校で美術史の授業があります。

美術史を知ってると有名な絵がなんで評価されてるのかがわかって

その絵の価値が自分に響くか響かないか

もっとみる

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」観てきたよ★多摩の未来デザイン × LOTUS ≪蓮花≫ Art-129

先日観てきた「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」について語りました。
大まかな展覧会の内容や印象をメインに、会場にいたカップル客に一言なども笑。

https://youtu.be/3chB9pWxwuc

モネの大睡蓮と、写真を撮る方々

エントランスの看板

展覧会フライヤー。左がセザンヌの「赤いチョッキの少年」

※動画の内容や仕事の方向性に合わせ、シリーズタイトルを「シングルファザ

もっとみる