2019/09/13〜10/5 29歳になって志村正彦(という人)について考える

■今年のお盆休みから、なんだか志村さんのことを考えてる。
私が高校生の頃彼は生きてて、デビューアルバムなどを、すごい、変わったバンドが出てきたな。かっこいいな。と思って夜な夜な聴いていた。寝れない夜に最高に合ってた。

■気がついたら私はこの間の9月13日に29歳になり、あと1年したら今まで憧れて見ていた志村さんの年齢を越してしまう。なんか、ぼんやりしていたら志村さんに胸を張れない30歳になってし

もっとみる

あの頃

フジファブリック聴きすぎて
見すぎて。

元カレにFABBOXをもらったころは
まだその元カレと付き合ってて
夫に出会うことなんて全く知らないし、
もちろん結婚なんてしてないし
大好きすぎて困ってた人との付き合い方もわかるようになったし
お笑いの追っかけするなんて思ってもみなかったし
1年半後に追っかけ卒業したし
ガリガリの文豪彼氏とは別れたし
自分が舞台に立ってるなんて、思いもよらなかった。

もっとみる

拝啓、志村様。

拝啓、志村様。
あなたの残した音楽が心を作ってくれました。桜も、夕日も、サボテンも、金木犀も全てを愛おしく思えるようになったのは、あなたの音楽があったから。
願わくば、あなたの声を生で聴いて思いっきり涙を流したい。偉大な志村よ、これからも色褪せることなかれ。

【ひとり演奏】若者のすべて / フジファブリックcover

高知県は四万十町にて 自作自演ひとりばんどマンションフリークスとして活動中。楽曲制作 プロデュース 録音etcご相談お待ちしております。razbysoffia⚫︎hotmail.co.jp (⚫︎を@に変更お願いします)

【使用機材・Gear】
AKG 451B×2本
SENNHEISER MD421×2本
AKG D112
SHURE SM57

LOGIC X
Plug-ins UAD
UA
もっとみる

若者のすべてが、なぜエバーグリーンなのか。

フジファブリックの志村正彦が亡くなって何年経つのだろうか。今年の夏はあまりかからないが、在京のFM各局では、花火大会の時期や晩夏に「若者のすべて」がヘビロテだった時期が数年前にあった。

彼は富士吉田出身で、同級生たちとバンドを立ち上げたが、自分の才能を過小評価、過大評価することなく、何か当時の邦楽ロックメインストリームに追随しない、音楽シーンの可能性を感じていたのではないだだろうか。

今回は、

もっとみる
読んでくださり、本当にありがとうございます。
6

茜色の夕日

千代田線に乗った。

会社で見た、先週末のMステをなんとなく引きずっている。もう10年経つんだなぁとか、思いつつ。

『若者のすべて』も名曲なんだけど、俺は『茜色の夕日』が一番好きで。

東京で音楽を続けるかどうか悩みを相談していた綾小路翔の前で『茜色の夕日』をやったら、「やめるならこの曲を俺にくれ」って言われて音楽を続けることにした話。

突然いなくなった直後、出演するはずだったカウントダウンジ

もっとみる

夢を叶える (フジファブリック志村正彦さん)

志村さんの縦軸。
上が山羊座で、下が蟹座。

下には、志村さんの太陽がある。

下は、その人の故郷であり、
上は、その人の目標です。

上に、海王星が乗っかったのが、1995年夏 のこと。
奥田民生さんのライブをみて猛烈に憧れた。

そして木星が乗っかったのが、2008年5月のこと。

『ミュージシャンになる。地元でライブをやる。
市民会館をお客さんでいっぱいにする。』

あの夏に抱いた大きな夢(

もっとみる
るん( ^ω^ )♡
15

家にテレビが無いので昨日のフジのMステ出演を見られなかった。志村さんと一緒に若者のすべてを歌ったんだってね。どんな感じだったんだろう?早く友達のところへ行かなければ。

ありがとうございます!

初夏、志村正彦の面影を富士吉田にて

彼が歌った「あの街並」の答えが、
富士吉田という街にあった気がしている。

2019年7月。私は「フジファブリックFABBOXⅢ上映會」と「志村正彦展」に参加するため福岡からはじめて山梨県は富士吉田市を訪れた。

フジファブリックは、志村正彦を中心に結成されたロックバンドだ。そして今、バンドの軸であった志村正彦はこの世にいない。

2009年12月24日。彼は29歳という若さで天に昇ったのだ。

もっとみる
°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

”若者のすべて”

先々月の6月18日、私はラオスで誕生日を迎え、29歳になった。

私にとって29歳という時間はちょっと特別だ。そしてここ最近、インスタのストーリーで日本の友人たちが各地で開催される花火大会の写真や動画をあげているのを見て、その意味合いがさらに増した。

29回目の誕生日を特別にしたのは、『フジファブリック』の元ギターボーカル、志村正彦氏だ。

高校生の頃、ロキノン系(ロック系の月刊雑誌ROCKIN

もっとみる
7