慶応SFC

夢がないって嘘なんじゃないか。

きっと見てないと思うからこのnoteに書けるけど、私の一番の親友がたまに言うんです。

私ほんとは服作ったりブランド持ったりしてみたいんだよね!

って。

彼女は母子家庭で育ってきて、中学生くらいの頃からずっとお母さんのこともあるし私は就職するって言っていました。今は地元で一生懸命働いています。

彼女はめちゃくちゃ素敵です。友達関係で揉めた時、物事がうまくいかない時、何か大きなトラブルが起こっ

もっとみる

志望理由書について

最近よく受験についての質問を受けますが、その中でも多いのが

「どのように志望理由を書きましたか?」

という質問です。

ということで、私の思う志望理由を書く上で大切なポイントや書き方などをまとめてみようと思います!

あくまでも、私の意見です。私自身、大手AO専門塾と言われるようなところには通ったことがないので結構自己流なところもあります。参考程度に。

簡単にまとめました。

(手書きスキャ

もっとみる

正直でいるということ。

正直になるって難しいなと最近思います。

自分の思いを誰かに素直に伝えるって驚くほど難しい。

私はなんかとっても苦手。

その相手がとっても大好きでめちゃくちゃ大切にしたい人であればあるほど難しい。

前の私は「よく思われたい」が先行していた。

でも、活動を続ける中で、今周りにいる自分をよく思ってくれたり応援してくれる人の存在のありがたみをただひたすら痛感して、

今はそんな大好きな人たちに「

もっとみる

平成最後の徹夜を終えて

ただの雑談です。

昨日から徹夜で、やや大きいお金の動く、とある企画書を書き上げていた。さきほど先方にメールし、一段落。

徹夜なんて非効率で、絶対しない方が良いに決まってるし、「徹夜しちゃって〜」みたいな言動が「痛い」ことだって、10年以上前にわかってる。あと太るし。

ただ、もしかしたら今回の「徹夜」は、やや平成の惜別のような気持ちにもさせてくれるものだった、と言えるのかもしれない。

ぼくは

もっとみる

【調査】 JCJK流行語大賞2018 in 飛騨

皆さん突然ですが、「JCJK流行語大賞」はご存知でしょうか??

女子大生社長の椎木里佳さんを中心に、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMFが、中高生の流行を「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて調査したものです。

全国の女子中高生が所属する「JCJK調査隊」精鋭メンバーの選考結果をもとに作成した、2018年度の調査結果がこちらです。

実は私、JCJK調査隊の二

もっとみる

『青春』のありかたって。

『キャリアウーマン』

これが私のあだ名になった時期があった。

一時期、キャリアウーマンJKです、なんてプレゼンしたりしたなあ。笑

キャリアウーマンってかっこいいし、大人な感じがしてたしかに憧れってある。

でもその頃まだ私は(今もだけど)ぜんっぜん高校生で。

自分でネタにしてたくせに、その頃いつも『普通の高校生でありたい』なんて思ってた。

なんていうの、

『青春』

したいなあああって

もっとみる

『意思』なんてなかったな。そんな過去にありがとう。

『これをしたらAちゃんはどう思うだろう。』
『嫌われたくない。』

毎日これしか考えてなかった中学時代。

これって、多分多くの人が思うよね?
きっと私以外にも周りのみんなもずっとこうやって考えてたと思う。

多分、そのAちゃんでさえもね。

いや、別に中学生に限らないか。
きっと今でも多くの人はそうやって生きてると思う。

でも、今の私は過去の私とは少し違う。

人の目ばっかり気にしていた頃が懐

もっとみる

【受験】慶應SFCに落ちて、受かった話。

今日は、どこかで書こうと思っていた受験のお話。

改めまして、先日慶應SFCに合格しました💮

と、いうとよく『やっぱり!』みたいなお言葉をいただきます。素直に嬉しいです。

同級生からも、『当たり前でしょ』みたいな反応をされます。『ひなこなら簡単でしょ』みたいに言われます。

だけど、私の受験は簡単じゃなかったなって。

楽して受かったわけじゃない。余裕で受かったわけでもない。AO入試ってそん

もっとみる

祝A&T10周年 -SFCにおける僕とA&Tという活動のはじまり-

僕が慶応SFCに入った年に始まったA&T、それから10年が経った。今僕はMITメディアラボという場所で、楽しく(最近は沢山頭も抱えながら)研究をしている。運よくこんな素晴らしい環境で研究・創作活動に取り組めているが、A&Tでの経験は確実に僕のものを作る人としての土台を形成した。(中垣の経歴・研究についてはこちらから。)

田島さんのA&Tの一年目を振り返るnoteを読んで、当時の活動がとても懐かし

もっとみる

やりたいことができる幸せ

僕は脳や身体運動の研究(以下、神経科学)を自動車に活かすという業務をやりたくて今の会社に入りました。

ただそれは現状叶っていません。最近の業務は試乗イベントの計画・運営が中心となっています。車じゃなくて人を物理的に動かしてます。たまに市場調査もやりますが、脳の要素どこ行った。

市場調査は結構面白いけど、入社当時に思い描いていたのとは違った、ある意味期待から外れた仕事をしています。異動したいとす

もっとみる