胸がリコールされた話。②

可能性という数字

BIA-ALCLはT細胞性非ホジキンリンパ腫というがんの一種だ。乳がんではない。
つまり、この有害事象に見舞われたら、がんをとったのに別のがんに罹ったことになる。一粒で二度辛い。
しかもDCISは生命予後に影響を及ぼさないのに対し、BIA-ALCLは5年生存率91%と僅かながら影響を及ぼす。ステージIならば腫瘍と被膜の完全切除により治癒するものの、ステージが上がれば化学療法など

もっとみる

今日は長男のオペの日でした。歯の治療のために、全身麻酔です。予定通り終わり、無事帰宅。絶飲食だったので、パンをぱくぱく食べて、朝シャワーしたし、もうおやすみ。お疲れさま😌明日はのんびり過ごそうね♡

鈴木千佳子の日記23

~注射の針がキライ~

注射は痛い。だからキライ。私は痛いことがキライである。まあ痛いのが好き、などという方はあまりいないだろう。

私はSNSで、ツイッターをいちばん多く利用しているが、仲間とある日、”注射の針がいかにキライか”について議論を交わし、たいへん盛りあがったことがある。

Tさんが、
「看護師さんの”チクッとしますよー”っていらないよね」
といえば、Mさんも、
「血管をなかなか見つけ

もっとみる

がんと共に生きる 15 ステージⅢ

結果が出ました。ステージⅢの直腸がん。手術できるギリギリだそうです。でも手術できることになりました。先生方の決断のおかげです。本当に感謝です。

自分の中で想定外だったのは、がんが子宮に食いついており、子宮が全摘となったことです。腸だけではなく、子宮も取る。開けて見て、卵巣も取るかも知れない。これで本当に子供を授かることを諦めるのだと受け止めました。

際どい手術になるとのこと、8時間くらいかかる

もっとみる

レーシック体験記-早くやればよかった-

「めっちゃ見える、なにこれ・・・・」

手術台から降りて目を開けた瞬間の、私の感想である。

視力検査の時に一番大きな文字が読めないど近眼の私が、レーシック手術をした直後、コンタクトをしているかのようによく見えた。

翌日の検査では左1.2、右1.5になっていた。

そんな、レーシックの体験談をしたいと思う。

***

コンタクト歴25年くらい。(中学から)

視力は多分0.02とか?わからない

もっとみる

手術の後で。

ちょっと違うけど、こんな感じの手術室でした。
大きな画面が左右にあり、その間に手術台があって
なんか・・・今流行ってる感じの曲が流れてて(曲名わからんち)
手術をしてくれる専門医の先生と看護師さんの3人。3人共に女性。
凄く明るくて、キャッキャ笑いながら楽しい雰囲気にしてくれました。

私が『手術は初めてで、元々の性格が怖がりなので』と伝えていたので
それを受けて雰囲気を良くしてくれたんだと思いま

もっとみる

手術をします

今日は本当にただの日記。

タイトルの通り、今度手術することになりました。いや、釣りタイトルってわけじゃないんだけど、ごめん。日帰りでできる、小さい手術ね。

数週間前に足の付け根あたりにできものみたいなのができて、それがみるみるうちに腫れてとにかく激痛。(ちょうど歩くと擦れるところだし)

しかし、放置してたらだんだん小さくなり、痛みもなくなってきたので「あ、勝手に治ってよかったわー」と思ってた

もっとみる

#体験談04[手術]。前日〜当日の雑記録。いきてるよって身体の訴えを感じます。

身体にメスを入れるってどんな感じか想像つきますか?
私はまったく想像がつかなくて臨んだのですが、正直いって、術後1週間は想像よりもずーっと壮絶な日々でした。今回は前日から当日の手術終了までについてです。

どんな手術?

膵臓の真ん中あたりにある7cm程度の腫瘍を摘出するため、膵臓3分の2と脾臓すべてをとりました。傷はお腹を縦に10cm、あとはおへそと、左の下腹部2箇所に穴をあけました。しばらくお

もっとみる

横浜の病院への移動

伊勢の病院はあまり受け入れたくなかったのか、関東の病院への自走を勧められて、レンタカーで実家の横浜の近くの病院に入院中です。

その移動がかなり悪かったらしく、骨折した箇所から流れ出た体液が足が貯まり、膝から下はパンパン。

それが神経や血管を押しつぶしている状態でした。

まず、それを解決するために今、ふくらはぎを大きく切開して、圧を抜いている状態です。

昨日の晩より今朝は大分楽になりましたが

もっとみる

意外と多い”側弯症の女の子”

インスタで海に行ったときの写真をアップしたら、

ハッシュタグからか、DMで女の子から問い合わせがちらほらきました。

「側弯症なんですが、手術することになって、いろいろと教えほしいんです、、、」という内容。

そうなんです、私、側弯症だったんです。

側弯症って聞きなれない人もいるかもしれないんですが、意外と身の回りに多い病気です。

しっかりした原因は今でもわかってないみたいですが、成長すると

もっとみる