教学マネジメント特別委員会

文科省 教学マネジメント特別委員会 より。
情報化社会、数学できないとやばいでしょ。バブルのころ数学選択者はバカみたけど、30年たつと時代は変わる。入試科目から数学を抜いて見かけ偏差値をあげてきた大学は方向転換を強いられるだろう。文科省には落ちこぼれをつくらない数学教育や力のある算数教員の育成にも力を入れてほしいと思う。

教学マネジメント特別委員会(第1回)会議資料
教学マネジメント特別委員会(

もっとみる

フラッグシップ大学、検討ワーキンググループ

フラッグシップ大学、また新しいカテゴリー作って予算(アメ)ちらつかせるのかな?大学も大変だな。

文科省
教員養成部会 教員養成のフラッグシップ大学検討ワーキンググループ(第1回)会議資料

技術の進展に応じた教育の革新、新時代に対応した高等学校改革について (第十一次提言)

文科省
教育再生実行会議 第十一次提言 概要「技術の進展に応じた教育の革新、新時代に対応した高等学校改革について」より一部抜粋

はじめに
我が国では、現在、急速な人口減少や少子・高齢化が進んでいます。例えば、18 歳人口については、現在の約 120 万人から 2040 年には約 88 万人まで減少すると予想されています。このような中、地方では人口減少や地域経済の縮小が進んでおり、地方の活力を取り

もっとみる

『詰め詰めの自学ノート』が生み出す世代の傾向とは?

自学ノート(というなの強制学習ノート)は、相も変わらず「ツメツメで書かねばならぬ」というルール下で実施され続けている。

内申点確保のため、子どもたちが従わないわけにはいかない。

内申点稼ぎのための地域ボランティア参加も、甚だバカバカしい限りだが、同じ行為がここでも繰り返されている。(子どもたちに罪はなく、これを誇ってしまう大人の問題)

こうした管理統制の意図が、現世代の、損得だけで物

もっとみる

あんたの息子を信じなさい。あんたの娘を信じなさい。あんたの生徒を信じなさい。あんたの知らない明日がある。クレイジーキャッツ「学生節」より。

前川喜平さん講演会 in 三原
↑終わりに近いところです。1:52:55分あたり。

本家動画はこちら→クレイジーキャッツ「学生節」

クレイジーキャッツ植木等の歌声は明るく軽やかなため気が付きませんでしたが歌詞がとても深いのです。前川氏の歌声に涙がこぼれてしまいました。
「一言文句を言う前に」とあるのが、いいじゃあありませんか。
 
 ・一言文句を言う前に あんたの息子を信じなさい。
 ・一言文

もっとみる

東工大の入試が変わるんだ。へえー。

1つ目
東京工業大学では、令和2年度学士課程入学者選抜試験(前期日程,後期日程)にて、インターネット出願を導入します。
※上記以外の入試(AO 入試等)は、従来どおり紙による出願となります。
https://admissions.titech.ac.jp/examination/2019/044497.html

AOは理由書があるのでネット出願ってわけにはいかないね。

二つ目
2021年学士の

もっとみる

外部英語試験導入により高認テスト(旧大検)だけでは大学受験できなくなり、国立大の出願条件は「高校卒業+センター試験+外部英語試験」の三段重ねになる。外部英語試験はIDが必要だよ。

気が付いている人は少ないが、2021年から実施される
外部英語試験の導入は実質、大学受験の「出願条件の追加」である。
国立大学は従来「高校卒業+センター試験」が出願条件だったが
変更後は「高校卒業+センター試験+外部英語試験」の三段重ねになる。

高認テスト経由で国立大学を受験する場合
従来は「高認テスト+センター試験」が出願条件だったが
変更後は「高認テスト+センター試験+外部英語試験」の三段重

もっとみる

「逆算して計画を立てる力」(動画『教え方2.0』連動記事vol.8)

ライブ配信動画『教え方2.0』で語りきれなかった内容や文章にしてお伝えしたい内容を記事にしてお届けします。当記事はVol.8。動画もあわせてご覧いただくと理解が深まります。

・逆算思考の存在

失われてきた3つの力の3番目「逆算して計画を立てる力」について解説していこう。

ここまで、学習における「目標(目標地点)を設定する力」「現在地を把握する力」について言及してきた。
そして、3番目が「逆算

もっとみる

Vol.8 次世代のための『教え方2.0』〜先生像のバージョンアップ〜 「言葉の力・エフィカシー・承認」パワハラ・体罰のことはこれを見ればわかる⁈

次世代のための「教え方2.0」〜先生像のバージョンアップ〜
Vol.8

次世代の子どもたちのための新しい教え方について。
現場で子どもたちに直接指導をし、新たな手法を用いた学びの場を実現する、本田篤嗣(Honda Atsushi)が語るライブ配信番組。
現場の先生を助ける意味も込めた動画シリーズです。

Vol.8 今回のテーマは
「言葉とエフィカシーと承認」
パワハラ&体罰のことはこれを見れ
もっとみる

地方発!『地域教育カフェ』vol.82「これから先生になるあなたへ/学校の今とこれから」山口功博士/本田篤嗣

地方発!『地域教育カフェ』ライブ配信
(6/20facebookライブ後、アーカイブ化)

Vol.82のテーマは「これから先生になるあなたへ/学校の今とこれから」



山口県より、地域の教育に関するトークをお届け。双方向型。コメント、質問も随時受付中です。

語り手
山口功 Yamaguchi Isao
(美術博士、美術作家、翻訳家、英語講師)@山口市
http://zengonokenz
もっとみる