施し

シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈10〉

不幸と向き合い、それに敢えて自ら関わろうとする力、注意力。それは自然のうちに身につくようなものではない。「…おそらくはすべての努力のうちで最大の努力…」(※1)を払わなければ、ならないものなのだ、とヴェイユは言う。
「…不幸な人に注意をむけることのできる能力は、めったに見られないものであり、大へんむつかしいものである。それは、ほとんど奇跡に近い。奇跡であるといってもよい。そういう能力を持っていると

もっとみる

布団づくりは人づくり 有限会社 石橋蒲団店 代表取締役 石橋伸彦さん

確かなものを確かな腕で真心を込めて仕立てあげる信念を持ち、様々な賞を受賞。布団つくりの追求と技術と精神を伴った人の育成、日本独自の伝統技術を継承することに精力的に取り組む石橋伸彦さんにお話しをお伺いしました。

プロフィール
出身地:大阪
活動地域:大阪
経歴:高校卒業後、東京蒲団技術学院(職業訓練法人)1年間布団の基礎を学んで40年石橋布団にいる
「職業能力開発協会長賞」「大阪府知事賞」「内閣総

もっとみる
ありがとうございますw 今日も良き日でありますように。
35

施しと信仰

人に何かをしてあげるとき、あなたは内心どう感じているだろう?人の為になっているという優越感?偽善者ぽくなってないかしら、という心配?相手に対しての憐み?ああ、いい事したという変な達成感?それとも別に何も考えずにそれをしているのだろうか?困っている人がいたら助けなさい、と子供の頃から教育されてきた。それは別に強制ではなかったけれど、困っている人を助けるともし自分が困ったときに助けてくれる人がいる、と

もっとみる
賞味期限 まだ見ぬ未来が そこにあり
6

うなぎ¥5000

夏の施し、うなぎ。

今や絶滅危惧種ダービー筆頭の黒いニョロニョロ。

あの黒いニョロニョロを最初に食べようと思ったやつは頭がおかしいに違いない。そもそも掴みづらいニョロニョロを捕まえようと思ったことがアホだし、捌きづらいのを頭を打ち付けてまでなんとかさばいて食おうというその執念たるや、先人たちのなんたるアホ具合かと。

それをさらに「タレつけたらうまいんじゃね?」とか考えた先人。まじでアホでしょ

もっとみる