しあわせになる方法

日日是好日 ― 毎日がいい日である

しあわせを見つける

 私たちは、しあわせの中に生きている。どんなつらい日でも、いい日なのだということ。ただ、それに気付けるひとはなかなかいない。

小さなしあわせ

 たぶん、本当につらい日は、日々感じているようなしあわせをみつけるのは、難しい。だから、小さなしあわせを探してみることにしよう。

 それは、なんでもいいのだ。朝、出かけたら、きれいな空が見

もっとみる

「道」

日日是好日   # 2

「道」ということ

 茶道は、芸道である。

 芸道(げいどう)は、芸能・技芸を日本独自のかたちで体系化したもののことを指す。各種の武芸、有職故実・礼式、そのほか能楽、歌舞伎、人形浄瑠璃などの芸能、邦楽、茶道、華道、香道、書道、盆庭、歌道、煎茶道などをはじめとして、伝統工芸的な手工業、古典園芸など、ひろく技術を伝承する分野においてこうした観念が見られる。 (Wikiped

もっとみる

日日是好日

遅ればせながら、森下典子さん著『日日是好日 ―お茶が教えてくれた15のしあわせ―』を読んだ。中学受験でたくさん教材に出てきた書籍で、文章苦手だった自分が本当に好きな文章だった。だから、いつか読みたいと思っていたんだけれども、この後回しにする性格のせいで、こんなに読むのが遅くなっちゃった。
 それにしても、読んだら本当に大当たりの本だった。買って正解。本を読むのがいつの間にか苦手になっていたけれど、

もっとみる

「頑張る」ってそんなにいいこと?

「頑張る」という文字を見ただけでも

心が疲れてしまう

その名も「頑張る病」

仕事で成果を残したい

みんなに優しく接したい

ていねいに暮らしたい

スキルアップしたい

……

と思いつつ

「あー頑張りたくない」が渦巻いてる

なんでわたしが頑張らなきゃいけないの?

他の人が頑張ればいいじゃん

自分勝手に生きたらダメなの?

そんな世間でいうネガティブな気持ちが

もくもくと浮かんで

もっとみる

ムダってムダなのか?

パソコンが普及して

ネット社会になり

スマホが普及して

さらなるネット社会になった

効率が重視されるようになった

朝の電車では

乗り換えるときに

どこが1番出口に近いか

チェックするようになった

エクセルで

マクロを組んで

雑多な作業は一括で終わらせるようになった

時間ができた

その時間でなにをしてるか

スマホでツイッターを見て

見たくない情報にまみれ

勝手に疲れて

もっとみる

お抹茶にハマる

銀座の寿月堂で簡単にお抹茶のたて方を教わってから、お抹茶にハマっている。毎朝6時に起きて、お湯を沸かし、お抹茶を点てるところから一日が始まる。

(ちなみに、お抹茶のたて方を習おうと思ったのは、森下典子のエッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』の影響だ。何かにつけ本の影響を受けやすい)

お抹茶と一緒にハマったのが、上生菓子だ。季節感溢れるこだわりの小さなお菓子。もともと、

もっとみる
ありがとうございます! 気に入ってもらえて嬉しいです😆
29

ひとは美化する生き物か

土曜日に出勤すると

いつもとちがって

空いた電車で会社へ向かえる

空いた電車で

気持ちに余裕を持って

移動できるのは

とても有意義な時間

今度出る書籍の対談をするための

休日出勤

それにしても人は美化する生き物

いろんな問題

恋沙汰

会社のあれこれ

覚えていたくないことは

自然と抜け落ち

いいところだけが残る

人間が生きるために必要な

重要な機能かもしれない

月夜の烏

簡易書道教室にて、子供たちに小一時間ほど墨を磨らせる。
無論、子供が黙って墨を磨るはずもなく小惨事は免れぬ。
そこに墨と筆があれば描きたくなるもの必然と、しかし自由もいいが折角なので名題をひとつ掲げてみる。

わたしの幼少期に流行った表題といえば月夜の烏だった。そこで、
月夜の烏と耳にしたものは何を思うか。
 
 
拙くも懸命に描かれた月夜の烏たちの様相とは如何に。
みるみると描きあげられたそれの

もっとみる

ジョアンナとよなよな

それのはじめては鈍色だった。
あくる日の雨には青ざめ、つぎは朱となった。

奇妙に鳴くそれをジョアンナと呼ぶ。
ジョアンナは、いつもひとりだった。

烏はつがいで生きるという定義を彼は捨てた。相棒は、
よなよな。みてのとおりの猫。
 
 
 
ジョアンナの尾羽とおなじ緑の目をもつ。
彼らは共同で狩りをする。

順応しない人間とは違う生物。

もっとみる

目盛りやスーパーボールや鏡のような。

タイトルだけじゃわからない、一見関係のなさそうな三つの言葉がある。

今年に入って「ほぼ日手帳」でほぼ毎日日記を書くようになった。最近はnoteも書くようにしている。これはもう少し考えてのことだけど(今年のやりたいこと100にも書いていたし)、日記はもっと気軽に書くようにして、三日坊主的な自分が、めずらしく半年くらいは続いている。

関係のなさそうな三つのことは「日々書く文章」について思ったものだ

もっとみる