何もない時間

宇宙元旦と言われる春分から夏至にかけてのこの一区切りは、要らなくなったものを徹底的に削ぎ落とし、何も装飾していない自分となり、それでも人は価値がある、ということを学ばされた時間だったように思う。

何者でもない自分になれる時間って、実は人生でそうそうない貴重なギフトなのかもしれない。

肩書きや、身を置く環境、他者目線の自分、
それらが手放せない不安は、少なからず誰もが抱いている。

どこまで自己

もっとみる

2019/3/11〜31 Twitter星読みまとめ

★現在星読みは不定期配信になっています。

3/11 月牡牛。天王星を追い越し火星に接近。特定の物を強く欲しい!と思う気持ち。実際に物質的に身の周りが変化する人も
牡牛月・水瓶金星90°魚太陽と逆行中水星・射手木星と緩く90°
自分の目標と関係する人と接点ができるが、伝えたいことがあっても臆病になりがち。ここは勇気を出して

3/14 19:27双子座で上弦の月。木星と180°へ
魚座逆行中の水星

もっとみる

ポータルな度数と2π=420°=♡による時間の6つの相

360°の円を4分割すると直角:90°になります。
4つの度数は、90°、180°、270°、360°となり、二十四節気ではそれぞれ夏至、秋分、冬至、春分に該当します。四季の節目となる角度です。

420°の円では、この4つの度数は直角ではなくなります。二十四節気とも一致しなくなりますが、2π=420°=♡を実現するポータルな度数として重要です。

420°の円では、90°、180°、270°、3

もっとみる

第三週 Vendémiaire(葡萄月)

'Levayah'  は天秤宮第3デーカンの昼の天使です。夜の時間帯だけの暦なので、通常の太陽黄経では夜の天使が対応します。

Levayah:天秤宮第3デーカン(昼)=Nithael:白羊宮第3デーカン(夜)

これ以前の記事で、天秤宮の夜の天使のシジルを使いましたがこの場合、天秤宮は昼の天使になります。それらはせっかく作成したので訂正せずそのままにします。

Vendémiaire(葡萄月)の

もっとみる

第二週 Vendémiaire(葡萄月)

'Hariel'  は天秤宮第2デーカンの昼の天使です。夜の時間帯だけの暦なので、通常の太陽黄経では夜の天使が対応します。

Hariel:天秤宮第2デーカン(昼)=Amemiah:白羊宮第2デーカン(夜)

これ以前の記事で、天秤宮の夜の天使のシジルを使いましたがこの場合、天秤宮は昼の天使になります。それらはせっかく作成したので訂正せずそのままにします。

Vendémiaire(葡萄月)の対応

もっとみる

第一週 Vendémiaire(葡萄月)

'Yezalel'  は天秤宮第1デーカンの昼の天使です。夜の時間帯だけの暦なので、通常の太陽黄経では夜の天使が対応します。

Yezalel:天秤宮第一デーカン(昼)=Deniel:白羊宮第一デーカン(夜)

これ以前の記事で、天秤宮の夜の天使のシジルを使いましたがこの場合、天秤宮は昼の天使になります。それらはせっかく作成したので訂正せずそのままにします。

Vendémiaire(葡萄月)の対

もっとみる

Tournesol(ヒマワリ), Vendémiaire (葡萄月)

フランス革命暦の第1月第2週9日目

グレゴリオ暦の日付は0時で変わるので、一日前倒しするのもいいかもしれないです。その場合10日目「Pressoir(搾汁機)」になります。

※フランス革命暦は秋分から始まりますが、春分と秋分は表裏で重なるので同じです。春分からカウントするフランス革命暦は、夜の時間帯だけ使います。

※'Haqumiah' は黄経180°から始まる天秤宮の第2デーカンの天使です

もっとみる

あなた専用の潜水艦を作ることが私が伝えるメソッド。

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

社会の中に出ることを、海の中に入っていくことと例えてみよう。就職することは浅瀬で泳ぐこと。経営者になることはより深い海に潜っていくことだ。イノベーションや改革を狙うのなら、さらに深海まで深く潜り、そこから構造や価値観を再構築してこなければならない。

深海の水圧というのは社会圧、プレッシャー・ストレスのことだ。責任は

もっとみる

2019年 啓蟄、春分、春雷、水温む。

桃の節句。

春はカラフル。

春の雨。

白木蓮。春を待つ。

ユキヤナギのトンネルを抜けて。

ビタミンカラー。

春。

もっとみる
何かお役に立ててたら嬉しいです(´∀`) ありがとうございます!
7

雪待春

春分の日の強風は

気管支に肺に何を連れ込んだのか

空気中の微生物は激増し

花粉と塵に乗って入り込む

気管支の内側の粘膜を

笑いながら踊りながら掻き乱す

嘲笑っているのか

まだ雪を待つ私を。

#春は嫌い #花粉症 #低気圧不調 #アレルギー
#喘息 #気管支炎 #詩 #春一番 #春分 #2019年の春