静山堂インタビュー 「SNSで自分を追い込んで書き上げました」

静山堂のシステムを利用して本を出版された方に、システムの使い心地や気になったことを伺う「静山堂インタビュー」。第二回は、前回に続き、学生時代に書いた論文を書籍化された、ジャーナリストの寺町幸枝さんにお話しを伺いました。

【静山堂】いよいよ製本された本をお手元にお届けしましたが、まずは感想を教えてください。

まずは本になった!という感激がありました。今回は「新書版」を選択しましたが、実は学生時代

もっとみる

呼吸の新聞の、本の販売について

デンマークとブルガリアの旅から戻ってきて
湿度の高さと、台風の激しさにビックリしている日々です。

このジメジメに対抗するかのように
お店や建物の中に入ると冷房がききすぎていて
すぐにくしゃみが出ます。

どうやらこのギャップが体にすると不自然なようで
寒いよ〜とくしゃみが出ているのか?

季節の変わり目で体調を崩している人も多いのですが
現代社会も私たちを病気にしているような気がしてやみません。

もっとみる

【あべ本#16】高橋彬『安倍政権 総括』

あべ本レビュー初のギブアップかに思われたが……

いやー、これは正直、ギブアップ寸前でした。

「まだ終わってないのに、もう総括かよ」(2017年刊行)というツッコミありきで読み始めたのはいいものの、ページが進まない。安倍政権に対する鋭いツッコミをし、広島訪問時のオバマ演説にも物申すなど、なるほどと思わないところもないのだが、どうしても読み進められない。

なぜだろう? と考えて思い当たったのは、

もっとみる
ありがとうございます!! 他の記事もぜひ読んでいってください。
3

kindleで電子書籍出版しました。

死ぬまでに1冊は本を出版したい。
それが私の一つの夢だった。

そのために何年も詩を書きためていた。
写真も撮りためていた。
ライターや電子書籍関連の仕事にも就いた。

それでもやっぱり簡単ではなく、知名度や写真も入れたフルカラーにしたいという場合の金額の折り合い。
紙媒体の出版はたくさんの壁があった。

けれど、時代は変わったのだ。
kindleならすぐに出版できる!私は夢を叶えることができた。

もっとみる
スキありがとうございます!あなたが1日風邪ひかないよう念じておきます。
35

本を出してみたいとき、自費出版の前に考えてみてほしい商業出版のお話【企画のたまご屋さん】

私自身本業がライターで二冊の商業出版で本を出してますが、ほかの仕事として商業出版を目指す人をサポートする「NPO法人企画のたまご屋さん」に参画してます。

個人事業主でホームページ持ってる知り合いに聞くとすごい「本出しませんか?」って営業電話がかかってくるそうで、話を聞きに行ったりセミナーを受講したという人も少なくないです。

ただそういったものはほぼ「自費出版」。著者が出版のコストを負う形態です

もっとみる

『売れない』と書いてもいいけど、使い方は気をつけて

※予め。以下の文章は全て個人の見解で個人の意見です。

今回は、『同人誌(個人誌・自費出版を含む)が売れない』『自作品・自サービスが売れない』と私を含めてお悩みの方に一つお節介をしようかと思って書きます。

『売れない』ってキーワードは実はあまり使わない方がいいです。

でも、「売れないことを隠すな」と言っているわけではないんです。

どういうことか?

【顧客(受け手・買い手)が良い気持ちをしな

もっとみる

【2019.08.25少し追記&修正】同人誌の相場と適正価格

※予め。以下の文章は全て個人の見解で個人の意見です。(当方、小説を書くので、自費出版などの『本』を意識した文章になってしまっています。グッズ等をメインで取り扱っている方は脳内で置き換えてお読みください)

※2019.08.25→同人誌は『頒布』になるので、一部表現を頒布に合わせて修正しました。あまり大きな変更はありません。(商品→作品にしたくらいです)

同人誌の価格設定で「相場に頼らず適正価格

もっとみる

【2019.08.31リンク追加】同人誌の頒布と販売

※予め。以下の文章は全て個人の見解で個人の意見です。(当方、小説を書くので、自費出版などの『本』を意識した文章になってしまっています。グッズ等をメインで取り扱っている方は脳内で置き換えてお読みください)

※2019.08.31→簡潔にまとめた同人の定義は今多く使われているものなので、補足や自分の考えを書きたくて別途noteにまとめたのでリンク追加。それに合わせた一文の追加。

※2019.08.

もっとみる

夏コミ最高 イベント参加が止められない

夏コミから10日が経ちましたね。ご参加のみなさんたいへん暑い中お疲れさまでした!

人生初のコミケがこの年で、夏で、しかもサークル参加って、人生分からないもんだと思いました。

原稿はけっこうぎりぎりで、2回本文締切を延ばしました(お金…

でも無事新刊だせてよかった!!! 机の上既刊10冊になるところでした!

初めての夏コミで正直どれくらいの人が買いに来てくれるのか見当もつかなかったのですが(

もっとみる