やった!今日もいいことありました。有難うございます。
7

ビバ! 冒険戦記小説!

血湧き肉躍る冒険小説や戦記物語が昔から大好きです。

『赤い白球』では、陸軍の一式戦闘機――隼と英国のスピットファイアの空戦シーンをたっぷりと書きました(もっと描きたかった)。

 迫力満点とお褒めいただきますが、目指したのは宮崎駿さんの『紅の豚』と松本零士さんの『ザ・コクピット』です!

 アニメやマンガと違い、文章で空戦シーンやアクションを書くのは結構大変ですが、大好きなので筆は走ります。

もっとみる
ありがとうございます! あさぎ色の航空科 ヘリ火力戦闘と航空偵察
7

清澄白河・隅田川テラス  此岸と彼岸のあわい

かすかに磯の香りのする
隅田川テラスの上空を
ウミネコがゆっくりと
横切っていく。
海の気配を感じた時の
ちょっとした高揚感を
感じながら

遊歩道沿いのベンチに座って、
行き交う旅客船や開店前の
屋形船などを眺める。

ゆったりと波打つ
暗緑色の水面は
どちらに向かって流れて
いるのかすら曖昧で

ずっと眺めていると
大きな船に乗って
何処かへ出発するような、
或いは
何処かへ到着したような

もっとみる

大災害時にメガネが壊れたらどうする?松本零士氏の「ワダチ」で思い出したこと

大災害時に、いつも飲まなきゃいけない薬が無くなって困った、という話は聞きます。
けれどメガネが壊れてとか水に流されたとかで、逃げようにもよく見えなくなって困った、という話を聞かないのが不思議だなと思っています。

私自身がド近眼+乱視+老眼のせいもありますが、平時だっていきなり壊れたら道も歩けません。慌ててメガネ店に駆け込みます。

まあ例えば自宅で大地震に遭ったという場合は、今かけているメガネが

もっとみる