療養日記 《料理の記録》梅編

療養生活を送る中でも、もちろん体調が悪い日だけじゃなくて、体調が良い日もあって、そのときに何をしてたか記録しておきたいなあと思った。料理をするようになったから、料理のことを。
わたしは食べ物にこだわりが全然なくて、自分の食べてるものが美味しいかどうかなんて、今まであんまり考えたこともなかった。だから、療養生活を始めるまでは、毎食コンビニのツナマヨおにぎりとサラダチキンとかでも全然やっていけてた。

もっとみる

モコモコ

残り僅かな自家製梅シロップに炭酸水で

泡モコモコ

ビールビールと盛り上がった

小さなシアワセ:梅サワードリンク

母から、BSが映らなくなったのだけど何処に修理を頼めばいい?と電話があった。先日、認知症のお義父さんを介護している友人とリモコンなど普段使えてるものが使えなくなるという話をしたばかりだったので、ついに来たか・・・と構えていたら、夕方再度電話があり、もう一度やってみたら映りました、ということだった。

たまたま接触の具合か何かで映らなかったのか、認知症のせいで操作が分からなくなりつつあるのか・・・

もっとみる

野草食日記 116 梅シロップ利用 甘酒ゼリー

甘酒は「飲む点滴」と聞くようになってから久しいですが、先日改めて調べてみるとビタミンB群が豊富だということがわかりました。
甘酒が夏の飲み物だったこと、改めて先人の知恵というのは素晴らしいと思ったことです。

数年前からヨーグルトメーカーで甘酒は手作りしています。
普通のお米よりもち米の方が甘〜く仕上がります。
なので私はもっぱら、もち米派。

水で溶いて温めて飲むのにちょっと飽きてしまったので、

もっとみる

エネルギーのリレー

2月の中旬に咲いていた庭の梅。
寒い季節、春の訪れを告げてくれる可憐な姿です。

桜の季節が過ぎ、葉が茂り、6月にはこんな風に実をつけ始めました。

梅の実がなり始めた頃、
庭の片隅にあったモクレンが突然倒れました。

倒れたモクレンをみてもらいに来た植木屋さんに
「これで梅酒作れるよ」といわれたので、びっくり。
うちの梅は観賞用だとばかり思っていたので、食べられないと思いこんでいたのです。
「だ

もっとみる

梅シロップを仕込んだ感想vol.2

仕込んで一日でけこう氷砂糖がとけるもんだなあと感心しています。
 ちょいとかき混ぜたスプーンを味見がてら舐めてみたら、梅のさわやかな風味が香ってきました。まだ一日目でこの出来上がりだと仕上がった時のシロップはもう濃厚なんだろうなぁと胸を膨らませてしまいます。

 じわっと汗をかいたように溶けています。
 毎日のお作法としては下に溜まったシロップを全体に行きわたらせるようにビンを回します。

 これ

もっとみる

完熟梅とビワのシロップ旨し!

過日。

畑のご近所のおばあちゃんちの梅の木が伸び放題で、
梅の実が道路に落ちて困っている、というので、
畑仲間と木に登り、3時間ほどかけてがしがし剪定。

「梅を好きなだけ持って行って!」とのことで、
キャリーケースいっぱいに梅をいただく。ビワもいただいた(^^)

梅干し、梅漬け、梅シロップ、梅酒っ! シロップは45リットルのビニール袋で10キロほど仕込んでみた。

完成した完熟梅とビワのシロ

もっとみる

梅サイダー

先日、梅酒を作りまして。その後に梅シロップも作ったんです。

今本当に沢山飲んでます(笑)

爽やかな味で、梅と砂糖と少しの酢だけでこんなに美味しいものができるなんて~~!!

と、感動してます。

もう今月で飲み干すかもしれない……

梅シロップを仕込んだ感想 vol.1

はあああああ、楽しみしかない!!!
ちょっと痛んではいるのですが大丈夫、これは勲章(?)です!

 友人から、譲り受けた梅。
 出雲崎の釜谷で作られている「越の梅」、身が大きくて果肉が多いのが特徴らしく昔は質の良い梅として人気があったそうですよ~。

 と、いう事でワタクシは梅シロップを仕込むことにしました!

 梅1kgに氷砂糖1kgの割合で良いようです。
 梅の仕込みは
 ①よく洗う
 ②ヘタ

もっとみる