正しいこと言うやつが1番アホ

「正しいこと言うやつが1番アホ」

teamLabの猪子寿之さんが言っていたこの言葉が僕は好きだ。個人的には「言葉で表せるものはウンコ」というのも好きだが、今回の「正しさ」についての言葉も本質をついていてすごく考えさせられる。今日は、この言葉とともに「正しさ」について少し考えていこうと思います。

まず、はじめに僕なりの解釈でこの言葉をまとめると、「誰かがやったことに対して正論を突きつけるのは簡単

もっとみる

猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉第34回「密度を活かしてアートを〈自然〉に高めたい」

チームラボ代表・猪子寿之さんの連載〈人類を前に進めたい〉。今回は上海の燃油タンク跡地をリノベーションした美術館・TANK Shanghaiでオープニングを飾るチームラボの展覧会がテーマです。工業地帯からIT都市へと生まれ変わりつつある地区に、なぜ今、現代アートが集結しているのか。議論は都市とアートの関係から、密度や混ざり具合の違いが人間の認識や行動に与える影響にまで広がっていきます。(構成:菊池俊

もっとみる

FCOWがジュニアユース(中学年代)を作ったら③『帰ってこれる場所を作る』

いつでも帰ってこれる場所が人間には必要だと思う。親に会いたくない、家に帰りたくない、学校や仕事で上手くいかない時に、とにかく動いて嫌なことを忘れられる場所。昔の仲間や指導者とゆったり話ができ、昔話に花が咲く場所、そんな場所で待っていたい

そんな考えからかクラブのグランド、クラブの家がほしいと考えてる

グランドでは焚き火ができ、炊き出しがあり、色々な学年がフットボールをしている、ジュニアをジュニ

もっとみる

猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉 第33回「近代以降失われた色の階調を蘇らせたい」

2018年最後の配信は、チームラボ代表・猪子寿之さんの連載〈人類を前に進めたい〉。今回は大盛況というヘルシンキの美術館・Amos Rexの展示の話題から、人間の認知や感覚の限界へと挑戦する、計算機テクノロジーを活かしたアート作品。そして、近代以降失われた自然の色調をデジタルで蘇らせる「かさねのいろめ」の着想について語ります。(構成:菊池俊輔)

地下と地上をつなぐブラックホールに吸い込まれる滝

もっとみる

猪子寿之の〈人類を前に進めたい〉 第32回「色と密度で人間の五感をハックしたい!」

チームラボ代表・猪子寿之さんの連載〈人類を前に進めたい〉。今回は、豊洲で開催中の展覧会「チームラボ プラネッツ TOKYO」の展示について猪子さんと語り合いました。この展示では、個々の作品へと深く没入させるためのクオリティにこだわったという猪子さん。作品の強度を生み出すために導入された、人間の五感に訴えかける新基軸のアイディアとは?(構成:飯田樹)

遊び心と体感的な没入がもたらす「チームラボらし

もっとみる

宇野常寛 NewsX vol.1 ゲスト:猪子寿之「デジタルアートの使命」

宇野常寛が火曜日のキャスターを担当する番組「NewsX」(dTVチャンネル・ひかりTVチャンネル+にて放送中)の書き起こしをお届けします。9月4日に放送された第1回のテーマは「猪子寿之と考える“デジタルアートの使命”」。ゲストにチームラボ代表の猪子寿之さんを迎えて、チームラボが国内外で開催している展覧会や、今後のビジョンなどについてお話を伺いました。(構成:籔和馬)

本記事内の情報に誤りがありま

もっとみる

#CXDIVE 「さまよえ!!」作品同士が会話する!? @teamlab_news と @moribuilding の共同事業 EPSON teamLab★Borderless

森ビルディングとteamLabの共同事業である「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM/EPSON teamLab★Borderless」。

「迷う」「見たい作品にたどり着けない」「友達と一緒に出てこれない」等の一見「負」の体験をマインドセットを変える「Wander, Explore and Discover(さまよい、探索し、発見する)」というキーワードで素敵な体験に

もっとみる

僕も採算について考えますよ。採算が取れないことが続くと潰れちゃうから。採算の合わないことが多いから、むしろいつも頭から離れない(笑)。

#天才
#猪子寿之
#名言

将来、いまよりもずっと、共同的で創造的であることが重要になっていく。

#天才
#猪子寿之
#名言

世界市場を先に意識したらダメ。日本人の視点とやり方で作って、「世界でもいけるかも」と感じたら持っていけばいい。

#天才
#猪子寿之
#名言