いい現場には気が現れている

名優、高倉健氏が、あるインタビューで「いい映画、いい撮影現場には役者やスタッフが発する気が現れています」と述べていました。

その『気』とは、何なのか?

インタビュアーがヒントを求めると、健さんは、長野県上田市の刀鍛冶、宮入小左衛門行平氏を訪ねて、日本刀を打つところを観てみることを薦めたそうです。

そこで観たのは、渾身の力で刀を打つ姿ではなく、丁寧に少しずつ叩いていく様子でした。

そして、刀

もっとみる

事務所と介護現場の温度の違い。事務所は経営のために。介護現場は利用者のために。【ギャップ】

こんにちは。もりぴーです。

今日は、事務所と介護現場の温度の違いについてです。この温度というのは、利用者のためを思って行動しているかどうかということです。けっこう、この温度差がでてしまうのです。その理由などについて話していきます。

〈目次〉
1.事務所の役割
2.介護現場の役割
3.なぜ、温度差が生まれるのか?

1.事務所の役割

事務所の役割のメインとしては、デスクワークになっていきます。

もっとみる

火災現場に遭遇した話

日雇い派遣をしていた頃、火災現場に遭遇したことがある。派遣先や勤務中ではなく、帰りにたまたま見かけたのだ。
 
 その日、仕事を終えた私は仲間らと派遣先の現場で解散した。現場から自宅までは4キロほど。近くはないが歩いて帰れない距離ではないので気長な気分で家路に向かった。
 自宅まであと半分というところで何かが燃えるような臭いがしてきた。見ると灰色の煙が上がっている家がある。火事だ。ちょうど時間もあ

もっとみる

【記事感想】変わる、ドンキ。

店舗の現場で鍛えられた人材が経営を引っ張る体制から、経営資源の配分などに長じた新たなタイプのトップが全体を統括する形にする。

記事元:ドンキ、30年目の大改革

変わりますね。ドンキ。今度は経営経験が十分な人にCEOが譲られます。企業として成長を模索していく段階、いや、世界を目指す上では、こういった人材が必要になっていくのでしょうか?

ドンキの経営、というより店舗経営の在り方としては、現場への

もっとみる

経営者が、なぜ毎日工場に入るのか

パプアニューギニア海産・工場長の武藤北斗です。「好きな日に働く」「嫌いな仕事はやってはいけない」など働き方全般に関してはこちら。新しい取り組み「サポートをしてはいけない」はこちら。

 私は午前中は必ず工場で作業します。来客や取材を午後にして頂くのはこのためです。

 会社を運営する役割であっても工場に入り続けるのは「品質」と「働き方」の2つの観点があり、今回はそのことを説明します。

品質の観点

もっとみる

現場最前線社員の戦力アップ

現場最前線の社員の戦力が弱い場合、当然、彼らに教育を施すべきです。

ただ、それは、優先順位一番の取り組み事項ではありません。

それよりも、リーダー層の能力をアップするための教育を行なうことです。

リーダー層のリーダーシップ、マネジメント力が、上がらなければ、現場社員の戦力が上がるはずがないからです。

しかし、ハーバード・ビジネス・レビュー誌の調査によると、社内の上級役員が有望なリーダーの育

もっとみる

見せられない創作現場

たまにふと思い付いて浮かんだ文章を、小説風にして公開する事がある。基本連続物ではないし短いからさほど気構えず読めるし書けるのが楽だけれど、内容によってはかなりしんどい思いをする事になる。

 これなんかは良い例だ。別に体験談ではないけれど、感情が揺れてなかなか文章を書くのが進まなかった。なので、基本的にはもう少し静かな内容を書く事が多い。特にヤマもオチも意味も無い、そこだけを切り取った様な世界。

もっとみる

大切なことはすべて現場が教えてくれた

自然や植物が好きだ。
自分よりも圧倒的な存在で、とても敵わないと思うから。

植物に生き方を見ることがある。
どんなに強い日差しを受けても、雨に打たれても、自分の糧として生きていく姿が美しいと感じる。

受けるすべての力を自分のエネルギーに変えて上へ上へと伸びていく。
ただ背丈を伸ばすだけでなく、芯である根も下へ伸ばしていくのだ。

そうして育った強く優しい存在。

風に煽られ、葉を飛ばされようと

もっとみる

みなさんおはこんばんにちわ!開成測量の薬箱です(-w- )

現場でふと空を見たときに、竜巻みたいな雲があったのでつい激写しました(笑)
子供のころから空に浮かんでる雲の色々な形を見るのが好きでしたが、今回この雲を見て、むか~しむかしに習ったことがあるであろう(習ってます)雲の種類について書いておきます。
とは言っても、詳しく書くと長くなりそうなので大まかな種類だけ書き留めておきます。

まず、雲

もっとみる

日伊通訳者の地獄名所5選

こんにちは、日伊通訳マッシ(@massi3112)

通訳者として問い合わせがあり新たな仕事を頂く事は、とても嬉しく喜ばしいことだ。だが、その気持ちは5秒と続かない。その後は地獄の始まりなのである。

お引き受けするにあたり準備、交渉、条件(追加料金やキャンセル料や延長など)が次々と迫ってくる。その中で資料の提供、スケジュールの流れ、移動先の確保をしながら具体的な通訳としての動きが始まる。

イタ

もっとみる