白石晃士

映画版『地獄少女』に『コワすぎ』の市川美穂と工藤仁が登場? −『「コワすぎ!」シリーズ完全一挙放送』を観た感想−

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 』の一挙放送をやっていたので、ひさしぶりに『コワすぎ』をみた。

実は何度も見直している作品なので、普通の上映だったらスルーしてるんだけど、今回は『一挙放送』とは別枠で、『コワすぎ』クルーの3人と、出演者の3人が18時間ぶっ続けで実況を行う発狂企画だったので、ひさしぶりに堪能させてもらった。

見逃してしまった人のために情報共有ということで、今回の実況でわたしが初め

もっとみる
あなたの子孫繁栄を祈ってます
6

カルト(2012/日本)

作品情報
----------
監督・脚本:白石晃士
制作年:2012年
制作国:日本
上映時間:84分

あらすじ

人気タレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の3人は、霊にとり憑かれたというある母娘の除霊をする番組のレポーターを務めることに。しかし、母娘にとり憑いた霊は強力で、訪れた霊能力者たちは次々に倒れてしまう。最強の霊能力者と言われるNEO(三浦涼介)が除霊に挑むが……。(→Amazo

もっとみる

平成のベスト映画31

割とすんなり選べた。50音順。プラス、1個は映画を観るという面白さを教えてくれた恐らく生涯のベスト映画。どうしてもドラマ編とクリエイターは被ってきちゃうな、好きな台詞回し、好きな笑いの取り方、好きな気持ちの高め方、というのがこの25年間の人生で固まってきたのだな、と。令和には多分同世代の作り手がいっぱい出てくるんだろうなぁとワクワクしている。

1.アフタースクール

寡作の名監督・内田けんじによ

もっとみる

マルチネットワークの勧誘を断る方法・貞子vs伽椰子公開記念

白石晃士監督の最新作
「貞子vs伽椰子」6/18公開記念に書いた記事です。
確か2016年かな?
ちなみに私は「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」のファンです。

◆◆

「バケモンにはバケモンぶつけんだよ」
という台詞に関連するとても良い題材がありましたので、
今回はそのお話をします。

それは、マルチネットワークの勧誘を断る方法です。

どうやるか?
まずは一人マルチネットワークビジネスをやってい

もっとみる
やったぜ☆彡
4

【映画】~親子の絆~『カルト』

今回は2013年の日本作品「カルト」です。

*若干のネタバレがあります。

【あらすじ】
カルト教団との戦いが今始まる(始まらない)!

【感想】
隣家のカルト親子がグッド。
最初の登場シーンで「おわかりいただけただろうか…」風に窓越しでズームアップされた時点で面白かった。登場時間は短いものの終始気持ち悪い親子だったので高評価です。
『「超」怖い話 A 闇の鴉』に登場するコンビニオーナー夫婦と戦

もっとみる

夏だからオカルトな話がしたい/白石晃士監督の話

今までいくつか怪談を書いたけれども、その文体でなんとなく稲川淳二さんが好きなことに気付かれた方もいらっしゃると思う。

あの口調、聞きやすいと思わない?
別に作ったわけではなく、もともと東京の方なのでああいう江戸弁なんだと思う。
稲川さんの心霊ビデオはたくさん出ていて、オススメも多い。
有名だし、見たことある方は多いんじゃなかろうか?

そこで、今回はちょっと世間的に知名度が低いと思われる、オカル

もっとみる
末吉:健康、尿酸値に注意
6

VR AVでキスすると女優が青鬼みたいに見える現象

目次
1. VR AVでキスすると女優が青鬼みたいに見える
2. フェイク・ドキュメンタリーの編集技術
3. 結論――「青鬼」の有用性
余談1. 映画『湖中の女』のキスシーン
余談2. ホラーとAVの共通点と相違点

1. VR AVでキスすると女優が青鬼みたいに見える

VR AVの販売が開始したころ、僕は割と冷淡な反応をしていたのだが、今やそれを恥じている。

いつだったか、スマホを取り付ける

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします
7

映画備忘録 2018年2月上旬

観た映画の備忘録を書いている『後悔と反省の狭間で』の2018年2月上旬分のまとめです。

『ノクターナル・アニマルズ』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#ノクターナルアニマルズ #トムフォード #エイミーアダムス

『ルイの9番目の人生』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』

#ルイの9番目の人生 #アレクサンドルアジャ #ジェイミードーナン #サラ

もっとみる

不能犯

グランドジャンプで連載中の宮月新原作マンガを実写化。
自分では果たせぬ復讐心や殺意を請け負い、思い込みやマインドコントロールを駆使して対象を死へ誘う黒スーツの男 宇相吹正(松坂桃李)。
物的証拠が何も残らぬため自殺や事故で処理せざるを得ない宇相吹の手口から、警察は彼を「不能犯」と呼んでいた。
ただ一人宇相吹のマインドコントロールが通じない女刑事 多田友子(沢尻エリカ)は、次々と殺しの依頼をこなして

もっとみる