益虫

どぜう

鯉の仲間の淡水魚とのこと。水質はph6.3でメダカや金魚と共存できる範囲だが大型種や外来種のどぜうだとメダカと南沼エビのどちらも攻撃するらしい。シマドジョウ系かマドジョウなら何とかなりそう‥と云うことで飼育法を研究中。エサに関しては金魚とメダカの食い残しを食べるから問題ない。細かい虫‥ボウフラは餌になるが現状もメダカと金魚が奪い合いしている状況。藻は食べてくれそうだが元来が肉食のどぜうのようです。

もっとみる

ひる(蛭)

血を吸うから私の中では怖いイメージ。だけど漢方医学では病気の治療に役立ってきた歴史があるようです。気をつけなければならないのは山蛭のほうで、首が呆気なく取れるそうです。首が取れると肌に食い込んだ歯がなかなか取れないそうな。いやいや、それは厭です、許してって言いたい程。

聞けば貝や川蝦・水草に引っ付いて引っ越してくるそうな。過去にも随分と退治したのですけど‥大した悪さが無ければ、まぁ、慌てることは

もっとみる

虻(あぶ)

2019年6月2日
数日前から飛び回っていて私は蜂だとばかり想っていて、だけど果樹の葉にとまって変な動きをしているのに気づいた。食べてるところ?いやいや、お尻を葉に突き刺してるように見える。それだけじゃない歩いた後に茶色の染みがポツポツ付いてる気がする。もしかして産卵してるの?

そんなことで調べてみて、初めてアブだと分った。害虫かい!? もっと調べたところ、出来たら目をつぶっておきなさいってある

もっとみる

新・国民病「逆流性食道炎」その23

「花の目、虫の目、虫の息」

 みなさん、こんにちは。今朝は、町内会の行事で家の前の道路の清掃&どぶさらいを行いました。年配の方は早起きで8時開始なのに20分前から活動しています。家を出たときにカンパニュラの花が、みんな太陽のほうに向いていたので思わずパチリと撮影しました。花にはもちろん目はついていないのですが、太陽のほうに一斉に目を向けているように見えたのでタイトルにしました。

 活動が終わっ

もっとみる

対話主義

五・一五事件で亡くなった犬養毅首相は対話主義の人格者だったようだが、それなら犬養毅が対話主義者だったという伝説が残っていてもオカシクナイ筈だ。私には、犬養の「話せば分かる」の名セリフが一人歩きしていても詰らないと思うのですが、あなたのお考えだと如何なものでしょうか?

配下の軍人たちとの対話の場を総理大臣が設けることは不可能と思えない。その犬養毅が平素から実行している対話を命の危機に瀕したこの時点

もっとみる

ジョウカイボン科

甲虫の亡骸(なきがら)を鉢土のうえで見つけた。調べたところ、蛍の遠い親戚のようで幼虫・成虫ともに小型の昆虫を捕食する。蛍なら幼虫時代を水中で過ごす筈だが、画像の幼虫は地上しか知らないみたい。

私のプランター庭園では益虫あつかいとすることに決定‥というのは花粉を食べる成虫がいるらしい。花粉を食べるなら虫媒花を思ってよさそうだし、小型の昆虫を食べる分には私は痛くも痒くもない。😅

虫どうしの生存競

もっとみる