【児童養護施設の巣立ちを応援】東京スター銀行による「お金のトレーニング」

こちらは過去ブログ置き場です!
2年間つづってきたアメブロを削除するため移行してます!それではどうぞ〜



こんにちは!
田中れいかです!!

先日、《waccaプロジェクト》で実施している

児童養護施設で暮らす子どもたちのための自立支援講座、
お金のトレーニング(略して金トレ!)

のお手伝いに行ってきました✨

東京スター銀行さんのCSR活動の一環で、
小学校や中学校でも金トレを開催して

もっとみる

『僕らの声(児童養護施設出身者の声)』が国への要望につながった瞬間!

こちらは過去ブログ置き場です!
2年間つづってきたアメブロを削除するため移行してます!それではどうぞ〜



今日はうれしい報告!
もうタイトルで結論を伝えていますが、、、

さいたま市から国(厚生労働省)に

児童養護施設を卒園する若者のための
給付型奨学金制度 創設の要望が提出されました〜!

この結果は若者の「声」がちゃんと届いた瞬間であると、わたしは感じています✨

なぜ「若者の声」

もっとみる

当事者ヒアリングを行いたい自治体さんへ

こちらは過去ブログ置き場です!
アメブロを削除するため移行してます!それでは、どうぞっ!



先日、コーディネーターの川瀬さんにお声かけいただき、社会的養護経験者のヒアリングに参加してきました✨

聞いた話によると、「当事者ヒアリングを行いたい」という市区町村が多くいることを知ったので、開催するさいのポイント & 経験談をお伝えします!!!

大切なのは大きくいうと3点!!!!

市区町村

もっとみる

不妊治療に悩む人にも、その周りの人にも知ってほしいこと

子どもがほしくても子どもが産めない――。

そんな悩みを抱え、「不妊治療」に励む人が増えている。国立社会保障・人口問題研究所の調査(2015年)によると、5.5組に1組は不妊治療の経験があるとされる。子どもがほしいと考えている人ならば、誰もが当事者になりうるし、友人が悩んでいるかもしれない、とても身近な問題だ。

不妊治療を理由に離職する人もいるし、うつ状態になるという話も聞く。もはや社会問題と

もっとみる

"どうでもいい"の、その先に

誤解を恐れずに書くと、私は様々なことを「どうでもいい」と思っている、と思う。もっと正確に言えば、「どうでもいい」と感じている。

2019年4月に、三鷹"からだはうす"さんのブレスワーク(詳しくはホロトロピックブレスワークと言うようです)という、自らの深い速い呼吸によって変性意識状態に入っていき、自分の心身に蓄積されたエネルギーやストーリーといった様々な情報に気付くことで、心身のエネルギーを活性化

もっとみる

自己紹介と私の願い

はじめまして。Yukiと申します。

noteを始めた理由は、自分の人生で経験してきたことや知識を繋ぎ合わせて、虐待を受けた子どもたちへの対応のヒントや食育の重要性を独自の視点でまとめるためです。

昔、児童指導員として児童養護施設に勤めていましたが、子どもたちへの対応が難しく、精神的にとても厳しい状況になりました。

(その結果、私は児童養護施設に長く勤めることができず、紆余曲折あり、看護師を目

もっとみる

コエールについて

社会的養護出身の若者に関する広報啓発活動を展開されているNPO法人ブリッジフォースマイルさんが新たに企画しているイベント『コエール』。
親に頼れないつらい境遇を経験してきた当事者である子ども達に当時のつらい経験等を話してもらったうえで問題解決のための提言につなげていくという社会啓発イベントです。

https://coyell.b4s.jp/

私はこの『コエール』の前身である『カナエール』の頃か

もっとみる

震災孤児支援から始まった、皆で子どもを育てる取り組み−子どもの村東北の現在

日本には現在、虐待や貧困、死別など、さまざまな理由で親と一緒に暮らすことができない子どもが約45,000人存在する。

この45,000人のうち、里親などをはじめとした家庭的な養育環境で生活している子どもは約1〜2割。大半の子どもは児童養護施設を中心とした施設養護のもとで生活を送っている。

実はこの1〜2割という割合が、諸外国と比べて非常に低いものであることをご存知だろうか。

この数字の低さは

もっとみる

SOSを出せるかどうかよりも、気づけるかどうか

「たすけて」

その一言がだれかに言えるかで、生死が分かれることがある。

その一言に気づけるかどうかで、救えることがたくさんある。

ことばにするって、ものすごく勇気がいること。
自分でも整理できない出来事を整理して、ことばにして、他人に伝えるって、ものすごくハードルが高い。

「どうして言ってくれなかったの?」
「言ってくれたらよかったのに」

なんて、そんなこと、どうして言えただろう。

もっとみる

3/8開催 はなえ食堂~イチから作るベジ餃子とプリン~一緒に作って一緒に食べよう!

大人も子どもも、一緒に作って一緒に食べる【はなえ食堂】、第2回開催します(^^)/

今回のメニューは、餃子とプリン、どちらもベジタリアン仕様です!

まずは、みんな大好きな餃子。オール野菜、小麦粉ナシ、の食材で、皮から作ります!

意外に簡単に作れちゃう"皮から餃子"。
"モチモチコンビ"としまして、皮は米粉で、タネはベジミートと大根を使った大根餅風で。
身体にやさしく、たくさん食べられる餃子を

もっとみる