「高祖神社」

本日"即位礼正殿の儀"が挙行されました。心より寿ぎ奉り、皇室の弥栄を祈念致します。

さて。今日は旦那様と、地元の高祖神社へ。

高祖神社のご祭神は、天津日高彦火々出見命・玉依比売命・息長足姫。

この高祖神社は、神楽が有名!拝殿の前には、神楽殿が設置されている。春と秋の年二回、高祖神社境内の神楽殿で奉納され、特に秋の夜神楽は、かがり火の中で繰り広げられる幻想的な舞を堪能できるんだって!去年は、行

もっとみる
スキしてくれてありがとう♡
4

神社への参拝方法

以前には
《参拝の作法》
について書きました。
参拝の作法|龍月。~きみつき~ @kanteikimitsuki|note(ノート)

今回はマナーというか常識というか…
結構数多く目にする光景についてです。

まずは上の表をご自身でチェックしてみてください。
いかがですか?
何個☑が入りましたか?
合格ラインはのちほどお伝えします。

日本各地の神社は大体こういう風になっています。
鳥居があって

もっとみる
よければシェアもお願いします
3

鵜戸神社

宮崎には【鵜戸神宮】と【鵜戸神社】があります。
今回は【鵜戸神社】です。

日向市

鵜戸神社は大御神社の境内社です。大御神社の鳥居をくぐり、中に進むと、左手に鵜戸神社と書かれた石碑があるので、左に進みます。
そこは広場になっていて、海を見渡すことができ、海には親亀・子亀・孫亀と言われる亀岩を見る事ができます。
広場を通り抜けると、竜宮→の立て札があり、右折。
鵜戸神社→の立て札や竜宮→の立て札が

もっとみる
小吉
4

「神社巡り、こちらにも飯盛山」

こちらに引っ越してきてから、旦那様との神社巡りの日々がとても楽しい♡ 先日書いた平原遺跡しかり、私の住んでいる近くには高祖神社がある。この高祖神社は幾度も参拝しているのだが、尾根を隔てた飯盛神社に今日は初めて参拝。日向峠を越えて。伊都の國(伊都王国)の神域・高祖神社に対しての、早良王国の神域・飯盛神社という感じかな。

飯盛神社は、「天の神様が地上に降臨した際に「伊弉册大神(いざなみおおかみ)」を

もっとみる
スキしてくれてありがとう♡
18

狛犬巡り

最近は御朱印集めや七福神巡り・パワースポット巡り等、テーマがある神社巡りツアーが人気です。

次に人気が出そうなのがタイトルの【狛犬巡り】がブームになりそうです。

狛犬は神社本殿の前に左右一対で鎮座しています。
狛犬と犬という字がありますが、犬ではありません。

この写真のように左右一対ですが、顔の表情が違います。
向かって右側は大きく口を開け、左側は口を閉じています。
大きく口を開けた右側を《

もっとみる
厄除け
4

宮崎の神話①

国生み神話から天孫降臨、そして神武天皇まで古事記のハイライトとも言える物語の舞台となった宮崎は、まさに神々のふるさと。
遥かな古代への入り口は街のいたるところに、ひっそりと扉を開けています。
神話を巡る小旅行に出かけてみませんか?

街角のあちこちに古代への入り口が待っています。
宮崎は古事記の世界へのタイムトンネルです。

世界のほとんどの神様は天地創造をしますが、日本の場合は男女神である伊邪那

もっとみる
中吉
6

9月行った神社さん⑤

9月最後の1日で4社も周り、記事を書くペースを突然追い込まれました。
と言っても、誰かに書く事を命令もお願いもされてないので、勝手に追い込まれましたと吹聴して、危機を乗り越えた感を出したいんだとも思われます。

と言う事で、あと2社紹介させて頂きます。

【宮崎神宮】

ここはもう、何回来ても最高です。
神社にしっかりハマる前から、良く来ていたと思います。

『神宮』という呼び名が、天皇と関わりの

もっとみる

9月行った神社さん④

【霧島岑神社】9月30日

9月のこのシリーズの②③④は、1社1記事にしようとしてました。
毎月1記事で紹介する神社が多くてついつい長くなる為、コンパクトにしようと試みたんです。

今記事④は、前から9月30日に行こうと決めていたこの霧島岑神社の事を書くつもりで、1社1記事でいける計算だったのですが、何と言うか色々ありまして、この1日で

4社も参りました。。。

なので、2社1記事でいかせてもら

もっとみる

神社めぐり・御朱印の旅第一歩京都②

御朱印めぐり第一歩京都の続きです、先ほどの安井金毘羅宮で御朱印をいただいたのが16時半。時間的にはもう少し参詣したい。。ということで、先ずは近場の八坂神社さんへ参拝。ここは有名だし、なんと言っても四条通の突き当り!河原町から歩くと突き当たる神社です。

ここでも御朱印をいただきましたが、その場で書いていただけるのは16時まで、それ以降だったので『書き置き』をいただきました。。

さて、これからどう

もっとみる