気づき

おはようございます

あなたと神様を繋ぐ

神々の通訳者 ベガです。

こちらでは毎朝

八百万の神々から

このブログを見てくださる方に

伝えたいメッセージを

リーディングして

お伝えさせて頂いてます。

*.○。・.: * .。○・。.。:*。

今日の神様は 空海

*.○。・.: * .。○・。.。:*。○・。.。:*。

今あなたは生きて呼吸して

体を動かしている

仮に不自由な

もっとみる

【日記 1007】他人に自らの道を決めさせることなかれ

重たい身体で逃げ切る夢で目がさめる。迷路のようなテレビ局の末端にあるような団体の楽屋だった。窓の外から長島スパーランドのような名前の長崎スパーランドの観覧車が見える。何から逃げたかは忘れた。目が覚めてしばらくすると、あーここにまた戻ってきた、、と少しぐったりする。でも、こっちこそ夢なんだよなあと思い直して、ここ数日の出来事を思い返しながら、今日は、思考から離れて見るっていう感じでグランディングをや もっとみる

わーい💜
2

10/4合格発表日、そしてこれまでのこと

いよいよ今日は合格発表です。本日発表を郵送で発送なので、明日か明後日の到着となるはずです。
合格発表は、当日10時以降に電話で直接問い合わせることが出来るのです。
今時ネットではなく、電話なんてほんとレトロなところが大好きです。
11:16では、そろそろ聞いてみます。

「おめでとうございます!7003番、合格です!」
(合格通知は明日以降到着のため写真は後日)

嬉しかった、18の時から、40年

もっとみる

第二巻 第四章 遣唐使と前期平安仏教

〇遣唐使船の通ったルート
N「遣唐使は飛鳥時代から平安時代にかけて二十回任命され、十二回派遣された」

〇遣唐使船上の阿倍仲麻呂(二十歳)・吉備真備(二十三歳)・玄昉(青年)
N「養老元(七一七)年、阿倍仲麻呂・吉備真備・玄昉らを乗せた遣唐使船が出発する」

〇晩年の阿倍仲麻呂
唐の官僚の服装。
N「仲麻呂はその才覚を見込まれ、唐の宮廷で死ぬまで活躍する」

〇聖武天皇(三十八歳)に謁見する橘諸

もっとみる

9/28いよいよ受験当日です。

さて、受験当日になりました。
9:30 金剛峯寺
空海が修行道場この高野山を選んだ理由としてのひとつである、瞑想に最も適した土地であるという「金剛峯寺」にて受験前に阿字観瞑想修行をする!

金剛峯寺の事務所で予約が必要で20名限定、予約2番目でした。約1時間の瞑想体験となりました。やはり、呼吸を包み込む静寂感が独特でとても有意義な瞑想時間でした。頂いたパンフレットの表紙。

11:00 早めの昼食

もっとみる

9/27高野山到着!二次面接レポート

朝8:39の常磐線特急で出発して、新幹線、南海線と乗り継ぎ約7時間かかって到着しました。5月のオープンキャンパスから4ヶ月ぶりに見る大学。なんとなくデーンと構えて眩しかったな。

天気はくもりで気温22℃くらいです。
今回は、前日で宿坊に一泊しての明日の午後一試験です。

宿坊は、不動院です。精進料理が始まります。この宿坊いきなりお酒を薦めてきたので、いいですかー?と聞くと、空海さんはこの高野山で

もっとみる

高野山大学大学院二次試験まであと2日

とうとう今週となりました。面接で聞かれる「研究計画書」の概要を煮詰めています。いくつかの先行研究を読みながら、自分がどの辺にフォーカスを当てていくかの再確認をしています。大学院の研究テーマは、教授によると、オリジナルなクリエイティビティーは必要なく、99%が先行研究からのテーマから、そしてその拡張などを1%で行うといいます。

たくさんの先行研究から僕のやりたいことに違いものを読んでいます。さすが

もっとみる

しのびんの旅日記【3】 ~高野山・金剛峯寺編~

毎日の Living on a prayer 活動、お疲れ様です!

「サラリーマンギタリスト」兼「密教研究家」のしのびんです!

和歌山の旅はまだ続きます。
僕が50年強の人生の内、行けていないことを残念に思っている場所。
いくつかありますね~。

その中の1つがここ‼️

「金剛峯寺」でございます!

やっとたどり着いた。
憧れの「空海上人」の聖地!!

???何て読むんだよって???
金剛峯

もっとみる
応援よろしくお願いします!
10

阿・吽

久々に面白いマンガに出会った。
ある意味日本の仏教を形作った、最澄と空海の物語。

なんとなく歴史の授業で習ったくらいで、あまり気に留めていなかったけど、最近とある仕事で今後「空海」に関するナニかが始まる可能性もあるので、調べようかなと思っていたところで、とあるコミュニティで紹介されていたので読んでみた。

確かに空海の凄さというのはヒシヒシと伝わってくるけど、それ以上に最澄も凄い人だったのねとい

もっとみる