立ち方

19917_立ち方が変わると人生変わる

1.立つ

①:立つという動作は日ごろ、普通によくやっている分、なかなかスポットライトが当たりにくい動作になっています。立つことにフォーカスしている人の話を聞くと、立ち方が変わると人生が変わるということをよく言っております。この話を聞いて、【ピンっ!!】と来る人はそういないかと思います。何故なら、ほとんどの人にとって、立つということは地味な行為であり、そこに秘密など何もないだろうと思っているからで

もっとみる
ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ
5

カカトの重要性

最近どうもnoteから離れていました。

理由は簡単で、「テーマに合う画像を探すのが面倒」だったからです。

というわけで、「画像抜きでもいいから、とりあえず書く」という方針に変えてみます。

今日のテーマは、「カカトの重要性」です。

カカトの重要性が分かると、少し人間の身体の仕組みをご理解いただけると思います。

靴屋が思うカカトの重要性は以下の2つです。

(1)正しく立つ

(2)カカトか

もっとみる
全力で感謝します!
1

まっすぐ立つということ

まっすぐ立つって意外と難しくて姿勢を良くしようとすると反りすぎたり、まっすぐ立ってるつもりでも立ててないことってよくあると思います。

まず自分の今の姿勢を自覚するということはとても大事です。今の自分を認めて受け入れてからでないと変えることができないからです。

私の独断ですが、一番簡単なまっすぐ立ちの方法は3つの筋を伸ばす事です。
首と足の付け根と足首の三点です。筋っていうのかわかりませんが(笑

もっとみる
スキありがとうございます♡
1

90%以上の人が正しく立てていない

あなたは正しく立てていますか?

立つとはもちろん、地面に足をつけて体をまっすぐ伸ばした状態のこと。
「当たり前だ」とあなたは答えるはずです。
でも衝撃の事実をお伝えします。あなたはまず、正しく立てていません。
今まで、1万人を以上のお客様を施術してきてわかったのは、正しく立って、正しく歩ける人は極めて少ないということ。「正しい」状態とは「まっすぐ」ということです。

ちょっとしたテストをしてみ

もっとみる
あざす!!

基本 「2本立て」で NOTEを進めて

この 2本立て
息抜きに 何かほかに書く時はある。
しかし
基本的には これを中心に書いて行かねば 

説明は 長くなるから
動きは 作り方で(おそらくは 短く書くつもりも 長くなるかもと予想)

そこそこ マニア向けなので
一般の筋トレ、ダイエット、トレーニング とは 一線を画する記事になる

知って損はないが
理解するには やや 難しいかも

理論ではなく
理解を どれだけ記事で 共有できるの

もっとみる
やってみてね。(∩´∀`)∩
2

筋肉と姿勢 筋肉の緊張と緩和 4

スピード、瞬発力を 生む身体

一部 有料

続いては 

意識を通して 姿勢を保つことによって
スピード、反応速度が 上がるという動き これの説明
「意識」
これを「氣」だの チャクラと いうのではなく
曖昧にしないで 説明しながら 書いているつもりですが
感覚の無い人には 不思議=信じられない ですから

残念ですが 実際にやってもらえる人に 教えて貰って感じてください。
では 

出力のロス

もっとみる
ボタン押していただき ありがとうございます。

筋肉と姿勢 筋肉の緊張と緩和 3

姿勢を作る時に 無駄な筋肉の操作の意識が 邪魔をする。
姿勢を作るのに 緊張させても、緩ませても
上手くいかず 力も、動きも出来ない! しかし 楽にして
うまく姿勢を作ってやると 自然と 上手く対抗できる。

それは どうしてか?
2では 単純な腕の遊びを 紹介しました。

これを待ち受けるときの状態、これが姿勢の体の位置と関係している
単純な動きを遊びとして表しているのですが。

結論から 先に

もっとみる
何かの ヒントになりましたか? もしよければ 又読んでください。
2

筋肉と姿勢 筋肉の緊張と緩和 2

筋肉の適度な緩み
これの説明をしなければなりません。

姿勢をつくるのに 何が必要か?

私なりの 納得の理屈を ちょっとご紹介します。
('◇')ゞしています。
では この秘伝?重要なのに教えない マジックのネタを紹介します。
1では 緊張した筋肉の悪さ、緊張しない、脱力の悪さを書きました
ちょっとした手違いで 記事が中途半端な状態で投稿して
気付いた時には 半分の量が消えていた。Σ( ̄ロ ̄ll

もっとみる
レッツ 運動

筋肉と姿勢 筋肉の緊張と緩和 1

これ非常に重要で非常に曖昧

( ˘ω˘)ゆ 有料にしたけど もちろん
お金になってはいない。しかし ちょっと廉価版で 記事しましょう。

面白い事に 人は力を抜きすぎても、入れ過ぎても
上手くいかないし、疲れもする。ここは 感覚的なもので
やってみて 分かることである。

知っている人は 出来ない人に向けて この行為をすると
面白いように思い通りに 動いてくれる。
マジックネタなので 要はそうし

もっとみる
も・・もし (;´∀`)よければ フォローして頂ければ
2