ひまつぶ誌 Vol.02

今週の一言

最近沖縄料理屋にいく機会が何回かあったが、直近に行った沖縄料理屋はよく見る沖縄感を剥き出しにした内装ではなく小綺麗でよかった。人を惹きつけるデザインというものは引き算なのだと思ったね。ご馳走もよくしてもらっているのだけれど恩返しは自分が成長することなのかもしれないね。

今週の気になるニュース

【まちの本屋」がどんどん潰れていく2つの理由】

本屋は元来は店に本を置いているだけでお

もっとみる

四季を通じて、立ち飲み屋で頼むのはおでんと湯豆腐。これなら冷たいビールを呑んでもお腹が冷えにくい。何より当たったりしにくい。😅
#居酒屋
#立ち飲み屋

アナログだから味がある 話題の立ち飲みマップの製作者に会ってきた

東京都内でどんどん増えている立ち飲み(呑み)屋。手ごろな値段でお酒とつまみが楽しめるのが魅力です。節約しながら気軽なコミュニケーションができるため、若い人にも人気で女性客も増えているとか。その立ち飲みファンの間でひそかな話題になっている手作りのマップがあります。「立ち呑み処 巡礼 パラダイスマップ」と名付けられたA3サイズの紙には立ち飲み屋の店名と評価が最寄りの鉄道の駅ごとにびっしりと書かれていま

もっとみる
BSテレ東「日経モーニングプラス」よろしくお願いします
19

《はおいる笑売の鉄則》パイオニアになるのだ!

パイオニアとは…
"開拓者" "先駆者"

お店を流行らすには…
ビジネスを流行らすには…
新しい事をやった人が勝つ。

いわゆる
パイオニアに、なれば良い。

https://twitter.com/haoiru1/status/1097739671356899328?s=21

でもね、
これってすっごく難しいの。

すっごく勇気がいるの。

私のお店は会員制の立ち飲み屋。

地方都市。終電文

もっとみる

「ありがとう」に時間をかける

久しぶりに夜、お店が休みで時間があったので、彼と2人で「外食でもしようか」という話になった。

普段は夜にお店をやっていて、そんな時間がなかなかとれない私たちなので、せっかくだから、とわたしはずっと田端で気になっていたビストロに行きたいと申し出ようと、スマホで場所を確認しようとした。すると、

「あ、そういえば、この前うちの店に”〇〇(店の名前)で紹介してもらったので来ました”って人がいたんだ。お

もっとみる

《はおいる笑売の鉄則》空気感が大切②

空気感が大切①に続きまして…

①はお店の全体的な空気感について

触れさせていただきました。

もう一つ、

対面接客における

空気感の大切さを書かせていただきます。

私のお店は7坪の小さな立ち飲み屋です。

カウンターが前、後ろにあり

20人程でギュウギュウのお店。

お一人様も多いお店です。

店員は店主の私だけ。

数人 対 1人。

この仕事していると、

"そんなに話せないから私

もっとみる

立ち飲み屋なのに、女性一人客が常連さんになってくれる理由。

「なんかさ~、うちの店、女性一人の人多くない?」
「うん、おれもそう思う。」

田端の小さな立ち飲み屋「タバタバー」から自宅へのいつもの帰り道。まだお店をオープンして1か月くらいのころ、マスターとわたしとで、うちのお店に来てくれるお客さんの傾向についての印象が一致した瞬間でした。

そうなんです。なぜだか女性のお一人飲みに遊びに来てくださる方がやたら多い。しかも一人飲みに慣れている方なのかと思いき

もっとみる

なんとなく飲みに来た、のその先に。

タバタバーをオープンして、約2か月が経とうとしています。

連日多くの方々が来てくださり、また、望んていた「常連さん」が少しずつついてきてくださるようになりました。

そんなお店の「中の人」として、わたしが一番幸せだな~と感じること。それは「田端に住んでいる人」と「田端外に住んでいる人」との交流が生まれているときです。

タバタバーには大きく2つのタイプの方々が来ています。

①「コンセプト」にひ

もっとみる