うに

世の中には絶対的な真理があり、それはコストパフォーマンスと呼ばれる。

この写真の物体が中央区の銀座で出てきたならば、樋口さんではすまない。

下手すると諭吉さんが飛んでしまう。

それが信じられないほどの名店、祖師ヶ谷大蔵のたちばなならば、とてもとても美味しいお酒と共にしても野口さん2枚も必要としない。

このお店はいつもいつも溢れんばかりに人が入る。

銀座の一般的なお店の利益よりも、確実に上

もっとみる

ジュンサイとオクラの三杯酢と、水の盾

「ジュンサイ、食べたことありますか?おいしいんですよ」

その日、私がなじみの居酒屋に行くと、隣席のメガネをかけた若い男性が話しかけてきた。

「あれ?そういえば、びんこはウチでジュンサイ食べたことないよね?」

「え?そうだったっけ?」

私は初めて会う人だったが、店主の話しぶりからすると、どうやらメガネさんは常連さんらしい。常連さんのいうことなら間違いないだろうと、私はジュンサイを注文すること

もっとみる

初めてお酒を飲んだお話をつらつらと

タイトル通りの出版甲子園日記です。
 今日と明日を担当するyodakaです。明日は多分イラスト関係の話になるかも。
 それはともかく、今日はただのしょうもない自分語りです。

 【お酒は二十歳になってから】

 という標語に馬鹿みたいに真面目に従って(まあ、飲んだら飲ませた人が犯罪者になってしまうので別に悪いことでもないんですが)生きてきたため、二十歳になるまで能動的に飲んで来なかった今日このごろ

もっとみる

プノンペンの日本食レストラン、忍者(Ninja)

はじめまして!

Twitterの中の人です。

5月よりAGRIBUDDYのPR担当として働かせていただいております。

本日よりTwitterだけでなくnoteの更新もしていきまっす!

さて、昨夜は弊社CAOのナガシマさんがプノンペン最後の夜、という事でインターンスタッフのサケミさん、Noriくん、と5人で夕食会をしました。

場所はここ。二人の歓迎会もした忍者(Ninja)です。

※忍者

もっとみる

「焼きスパ ローマ軒」という名の出会い系酒場

「焼きスパ ローマ軒」というお店がある。

30分500円(または1時間900円)で30種類以上のワインが飲み放題、大阪を中心に全国展開しているイタリアンのお店だ。

▼ 店舗リストはこちら

この店のいいとこは、大きなカウンターテーブルでたくさんの人と相席状態になること。

▲ 店内は基本激セマ。カウンターの向こう側から声を掛けられることもあるよ。

お金をかけずに酒を飲みながら、ナチュラルな出

もっとみる

錦糸町とスカイツリーの中間地点に隠れている肉の名店(まるい/業平/もつ焼き・肉料理)

過去に何度も何度も「墨田区は肉食文化だ」と言い続けているが、今回ご紹介するお店も「これがその証拠だ!」と胸を張って言える名店中の名店。

場所は錦糸町とスカイツリーの中間地点で、住所的には墨田区業平。錦糸町駅から行く方が遠いのだが、目印が分かりやすい。錦糸町駅北口のバスロータリーの目の前の路地を入ってひたすらスカイツリー目指して直進するだけ。
逆にスカイツリー側から来る場合は目印に困る。仁成堂とい

もっとみる

ブリとワラサと、黄色い尾っぽ

「あれ?ブリって、冬の魚じゃなかった?」

なじみの居酒屋に行き、メニューに「ブリ(ワラサ)の刺身」を見つけた私は、店主に聞いた。

「あ、そうそう。これはブリよりも小さいワラサね。関西ではハマチかな」

「そういえば、ブリって出世魚だもんね」

ブリは、関東では「ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ」だが、関西では「ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ」と名前が変わる。

これは、ブリが古くからタイと並ぶ縁起の

もっとみる

水ナスの刺身と、日本にしかないもの

「水ナスって、英語ではウォーターナスでいいんですかね?」

なじみの居酒屋で日本酒を飲みながら、私は隣席の常連さんに聞いた。私は、その日のおつまみに「水ナスの刺身」を注文していた。

「ええ~?!ウォーターナス?そうは言わないんじゃないかなぁ。ナスって、日本語だしね」

その常連さんは、以前、海外に住んでいたことがあるので、英語が堪能だ。彼はゲラゲラ笑うと、こう続けた。

「まぁ、スイカのことはウ

もっとみる

からあげ屋でからあげだけじゃない天然鰻を食べる!炭火焼と自慢のタレ

やれる事何でもやる。行動する!

って事で今度は天然鰻をお客様に提供いたします。
絶対に釣る闘いはそこにはある!

ありがたい事に御予約いっぱいです。
天然ならではの味わい!
お店自慢のタレ!
炭火焼でじっくり焼きます!

お店の鰻シールも大活躍!!!

もっとみる

ロールプレイング

おはようございます!火曜のまきもりです。

毎日ロープレやってます。店員役とお客様役に分かれて、例えば来店からご案内、テーブルでのファーストコンタクト、お会計からお見送りまで、みたいな感じで。

ロープレって何の意味があるの?みんなが見てるから恥ずかしい、同じこと何度もやって飽きた、なんか嫌だ、なんて内心思ってる方も多いと思います。

こんなふうにもし思ってるとしたら、ロープレの目的がわかってない

もっとみる