SNSってめんどくさい

と、最近思っている。いや、最近と言うかここ数年モヤモヤしている。

私は基本自分の写真は自分のSNSで、自分発信もしくは許可した写真しか載せたくない。我儘かもしれないけど、今では「勝手に載せないで(無断掲載よくない!)」というようなSNSのマナーのようなものが浸透してきたから勝手に載せる人は少なくなったけれど、友人の友人レベルの繋がりの人は要注意である。

経験した嫌な記憶では、私がSNSで繋がっ

もっとみる

公式からいいね=公式公認?

初めてマシュマロが届いた(*'▽')
送ってくださった方、どなたか分からないけどありがとー!

ファンアートを公認ハッシュタグ(本人も見る場所)で投稿して、本人からリアクション(いいねやRTとかかな)があったら別にいいんじゃない?ってことですかね。

先に結論を言っておこう!

公式の判断によるので私はなんとも言えない!

この一言に尽きちゃう。
動画投稿サイトやTwitterを活動場所のメインと

もっとみる

写真好きな人にとっては今さらかもしれないんだけど、人が写りこんでしまうのはどこまでがセーフ(許可がいらない)か確認してみた。

今のご時世、社会全体がプライバシーに敏感になっていますよね。
これは写真好きな人でなくとも、テレビを見ていればみんな気づいていると思う。通行人にモザイク、芸能人のお宅訪問でも玄関以外は全部モザイクという状況なんだから。

数年前のブルータス写真特集でも、「最近は撮影許可をもらうようにしていて大変になっている」というエピソードが載っていました。

最近noteがきっかけで、いろいろ皆さんの写真を見て

もっとみる

保護者に無断で女児の写真を展示、販売する声かけ写真展の廃止をに届いたコメント紹介の動画②➡︎ご本人の投稿発見紹介2つc

※2回目の方は最後のリンク2つ見て、飛んで

ご本人にスキとコメントお願いします。

Change.org 

大月 久司
日本・北海道

2019年9月14日 —
いつもお世話です。
タイトル通り、キャンペーンに寄せられたコメントの中から、

不審者の目撃談をまとめたものを上げてみました。

よかったらご覧下さい。

尚、声かけ写真展主催者の器具田氏は、
最近は「福岡で…」などとつぶやいている

もっとみる
今日は早く帰って来てね〜❤️今夜はいい事あるから、、
23

人にレンズを向けてみよう!

ネットやSNSが当たり前の世の中になり、スナップ写真の在り方にも変化が起こり、目の前にある全てを撮って良い時代ではなくなって来ています。

立ちはだかる肖像権、プライバシー権の問題。

が、せっかくカメラを持ったのならば恐れずに、様々な配慮や工夫をしながら人にレンズを向けてみよう!

もちろん、顔が大々的に写らないように撮ったり、あえて色を落として服装の個性を消したり。

写真の中に人が存在してい

もっとみる

フェイクポルノに手を出すリスクを考えよう、歴史のお勉強をしよう

ARにディープフェイクに……これほど長生きしたいと思った事は無かった

つい先日、TwitterのTLにAR技術を使ったこのような動画が流れていた。
https://twitter.com/sanemrocks/status/1148119277834297349

なんだかもう近未来どころか100年先のSF映画でも見ている感覚になるが、私の息子(4歳)が中学生になる頃には一般化され、たとえばRP

もっとみる

東京オリンピックでは写真のSNS投稿が禁止!写真の肖像権や著作権についての正しい理解とは

先日、このようなニュースが流れていました。

「2020年に行われる東京オリンピックで、観客は国際オリンピック委員会の事前の許可なくしては、撮影した写真や動画をネットに投稿してはいけないことが決定された。」
選手の写真だけではなく、観客が応援している様子なども投稿してはならないとのことです。
https://www.asahi.com/articles/ASM5Q7J9YM5QUTIL082.ht

もっとみる

スマホ社会のすゝめ    課題[107]

僕は今回スマートフォンを使う時のマナーについて文を書いていきたいと思います。
最近では、子供でもスマホを持つ人が増えていて、総務省の情報では2017年の時点でスマートフォンの保有率は60.9%とのことです。2019年現在ではもっと増えていることでしょう。こんなみんながスマートフォンを持つようになった社会だからこそマナーを守って使わないとさまざまなトラブルが起きかねないのです。今回はスマートフォンを

もっとみる

肖像権が無い人間と放棄した私と放屁したおじさん

肖像権とはなんぞや。
私は肖像権など放棄するので、どんどん使ってもらってOKだ。
何なら私の顔と豚の体を合成してデペイズマンしてくれたらいい。
そんなあなたにはミスターセンクスのカールした毛髪を1本差し上げよう。

そんな奇人の意見はさておき、この世の全ての人間は肖像権を持っている。
みだりに自分の写真などを使用されたらたまったもんじゃないということで、肖像に対する権利をシュチョーできるということ

もっとみる