自由貿易の本質は自国の経済体制の危機を外国に輸出すること

「ダグラスは、なぜ現代の政治家が二言目には貿易、貿易と言い、貿易が国際政治の主要な問題になるかを、すでに第二次世界大戦前に説明しています。現在の経済システムの構造的欠陥は通貨改革によってしか解決できない。通貨改革を拒んだ場合、国民の所得不足、企業の生産過剰、恐慌と言う問題に対する各国の対応策は、この欠陥から生じた矛盾や歪みのツケを外国に回すことです。いわゆる自由貿易の本質は自国の経済体制の危機を外

もっとみる

恋の経済学

講義中。

自給自足状態じゃだめ

だからといって自由貿易もだめ

あなたの値段が下がるだけ

好きな人には関税を特別低くして

でももう鎖国はやめなさい

選択必修の単位だけじゃなくて

恋の単位は貰ってなんぼ

欲張っていいの

恋にもUbereatsを使いなさい

自分が今食べたいものをスマホで呼んで少し高めの対価を払う

自分が呼ばれたらまずは躊躇なく行きなさい

従順になってみるの考えす

もっとみる

新たしい雰囲気

出兵して復員後、「国破れて山河あり。」と荒廃した故郷を見て、二度と同じ過ちを繰り返してはならないと思って政治家を志した竹下登。憲法の精神が云々、占領秘話が云々は、外務省の腰抜けが愚痴を垂らしているだけで、結局、自身の心には何も響かなかった。事実上、日本は、太平洋戦争敗北まで、外国の軍隊に占領される事はなかったわけだから、世界ではよくあることで済まされても、日本の場合、何せ、初めての事で、どうやって

もっとみる

名文today_5

===

自由貿易は、世界経済のもっとも基本的な原理です。
なぜ自由貿易が望ましいのでしょうか?
自由貿易が望ましいのは、自給に比べて、「交換すれば両方がトクをする」からです。

===

『世界経済入門』/ 野口悠紀雄 / 2018 / 講談社現代新書

米中貿易戦争わかりやすく解説してみた【インフォグラフィック】

こんにちは!

米中貿易戦争という言葉を最近よく目にしませんか?
「貿易戦争って?」「米中対立ってよく言われるけど今どうなってるの?」
そんな疑問を解消できるよう、図も使ってわかりやすく米中貿易戦争を説明してみました!

〜目次〜
・米中貿易戦争とは?
・経緯
・これからの展望

・米中貿易戦争とは
まず、簡単にいうと、米中間で関税の応酬が行われている状態です。
アメリカは長年、中国との貿易赤字を

もっとみる

アイディア農場プロジェクト:世界経済

このページは通読用のものではありません。
ここにあるのは、思考の断片、アイディアの種です。
毎日ひとつを取り上げて読み、それに対して考えを巡らせてください。
そこから、新しいアイディアが芽を吹き、成長することを期待します。

 以下は、世界経済についての思考の断片です。

::::::::::::::::::::::::::::::
アメリカの貿易赤字の総額は約 8000億ドル。そのうち対中国が約

もっとみる

〈経済論壇から〉保護主義にどう対応するか 物価上昇を阻む要因/奨学金巡り議論

本日の日経新聞朝刊の拙評「経済論壇から」(毎月最終土曜日に連載)では、今月の論考として、

・日米首脳会談で合意された、物品貿易協定(TAG)の交渉開始をにらみ、保護主義への対応に関する論考(浦田秀次郎・早稲田大学教授、中川淳司・東京大学教授、川北英隆・京都大学名誉教授)
・安倍首相の残り任期で実現するか問われるデフレ脱却に関する論考(岩田規久男・前日銀副総裁、須田美矢子・キヤノングローバル戦略研

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
2

目次

はじめに 3
  
第1章 世界の中の日本 19

1 GDPで世界を捉える 20
  
世界経済の構造を定量的に理解することが大切/GDPで見た世界地図は、固定観念を打ち破る/日本はロシアより大きい/日本の相対的ウエイトは、大きく低下した/日本より豊かな国も多数ある/豊かさの点でも、日本が停滞し、中国が成長する
  
2 貿易や対外資産で各国を比較する 29
  
貿易額では日本は世界の4%程度

もっとみる

基礎知識なしで読める世界経済の入門解説書

◇はじめに

◆国内だけを見ていては、日本経済を理解できない

 世界経済は複雑であり、各国によって経済の状況も非常に大きく異なります。しかも、それらについてのデータが入手しにくいという事情もあります。本書では、そうした状況を踏まえつつ、世界経済の諸問題を、できる限り詳しく、専門用語をできるだけ使わずに平易に解説します。経済学の基礎知識がなくとも、読み進むことができます。

 本書が想定している読

もっとみる