どうしているかと気になる人

ふとした時に思い出す同級生がいる。

私は私立の中高一貫の女子校に通っていて、高校は音楽科に進んだ。
専攻はチェロ。

その同級生のことは、中学の時から知っていたけれど、高校になってはじめて同じクラスになった。
彼女の専攻は声楽だったけれど、ピアノも上手で、ピアノ科に進むこともできたくらいだったと聞いている。
でも、声がとても美しかったから声楽科に進んでよかったんじゃないかな、と個人的には思って

もっとみる

漫画の歴史に触れる

松屋銀座で開催されていた、萩尾望都デビュー50周年記念「ポーの一族展」に行ってきました。つい昨年に初めて読み、(妻の先導で)宝塚劇場での舞台にも足を運びました。ロマンスと哀しみに溢れた漫画であると同時に、手塚治虫作品を見て漫画家を志した萩尾望都の生み出した「漫画の歴史」に触れた気がします。描き続けることによって滲み出し、そして研ぎ澄まされていくものを感じられました。タイミングについてのコメントも印

もっとみる
00:00 | 00:30

のぐち・のぞむ・こばりで収録。収録場所は、過去回にも出てくれた近藤ていゆうと坂上などが住んでいるシェアハウスのリビング。

今回は「日常系学園ギャグミステリ漫画」の二大巨塔『それでも町は廻っている』と『SKET DANCE』の作者、石黒正数と篠原健太はそっくりなのではないか、という仮説のもと、二人の作品について話しました。説を立ち上げ語っていくつもりが、ほとんどファンによる雑談となってます。
●石

もっとみる

寂寞岬の灯台

今日ちょっと本の整理をしていたら萩尾望都先生の『ウは宇宙船のウ』が出てきたので読んでいました。レイ・ブラッドベリが書いた小説の漫画版です。

村谷由香里です。
noteをご覧いただきありがとうございます。

『ウは宇宙船のウ』はブラッドベリのSF短編集のタイトルなんですが、わたしはこの中の『霧笛』という小説がとても好きです。
創元SF文庫から出ている文庫版だと20ページを切るくらいの短い話だったと

もっとみる
ありがとうございます! 明日も良い一日になりますように!
12

【古代中世言語好きがオススメする歴史漫画(4)】萩尾望都先生『百億の昼と千億の夜』を私なんぞがオススメするのも本来恐れ多いのですが:やはりススメたい!

古代ギリシア語やラテン語の勉強マニアであるという背景で、歴史漫画の紹介を何回かやらせてもらっており、

その勢いで是非『百億の昼と千億の夜』もオススメしたいと思ったのですが。

「さあこの作品の紹介文を書こう」として、はたと手が止まってしまいました。

この作品は対象として凄すぎて、私なんぞが何を書こうとしても、恐れ多くて腰が砕けちまいますな、、、!

それにしても、果たして未読の人にはこの作品を

もっとみる

『トーマの心臓』『ポーの一族』『11人いる!』…。実に懐かしい!今度、の英語版が発行されるそうで、ますます日本の本当の漫画文化が知られる事になると思うとうれしい。
→ ロンドンで萩尾望都先生のトークイベント開催 https://blog.news-digest.co.uk/2015-05-25-hagio-moto-talk/

人が持っていることを忘れて同じ本を買ってしまったと聞いて自分には起こらないことだと思っていた。しかし、そんな風に自分は特別ではない。やはり忘れることはあるのだ。読んでて不意に気が付いた。これ持ってる読んでると。
#萩尾望都
#半神
#自分の記憶力を過信するな
#老化かなあ

〈集合的無意識〉の表現〜『あの人に会いに』

◆穂村弘著『あの人に会いに 穂村弘対談集』
出版社:毎日新聞出版
発売時期:2019年1月

……ごく稀に奇蹟のような言葉や色彩やメロディに出会うことができた。この世にこんな傑作があることが信じられなかった。世界のどこかにこれを作った人がいるのだ。それだけを心の支えにして、私は長く続いた青春の暗黒時代をなんとか乗り切った。(p3~4)

やがてみずからも売れっ子の歌人となった穂村弘は憧れの創作家た

もっとみる

ぶらいぶらりー【1館目】

ぶらっと図書館に行ってみて、マンガを読んでみる。

訪れた図書館が休館日だった…!
という前回。

ついでに気になったカフェへ向かってみます。
こちらはちゃんと定休を調べてたので大丈夫。
しかし行き道、雲行きがあやしくなって小雨がぱらつく事態に。
こういうのもよくあるんですよー。
よく「雨に不思議とあわないの」という強運タイプの方のお話を聞きますが、私はわりと雨に降られるタイプです。
今日も傘を

もっとみる