西村ツチカ

アートな漫画とはどういうものか、その個人的な見解。

>高野文子、しりあがり寿、市川春子、横山裕一、西村ツチカなどのアートと比べても遜色のない漫画の未来図やそれに伴える概念や技法などってありますか。アートはそれより先行したコンテクストや技法やコンセプトを創造してるとすれば(もちろん漫画の線という強みはあれど)アート漫画との関連性に絡めてそれらが競合できたりすると思いますか。
AC部についても何か言えるかもしれませんが。

匿名質問サイトのマシュマロに

もっとみる

西村ツチカを理解するけどあえて非情にブン殴って言うこときかせる人が必要なんじゃないかしら

そう思った。最近ブログで書いてた事をみると。ややメンタル的にまいってらっしゃる?
不本意な漫画を描いてるのかな。「こんなんじゃ読者に伝わらないです。もっと過剰に分かりやすく描いてください(どうせ漫画なんてバカが読むものなんだから)」みたいな?

難しいな〜。今の状況ではダメだから変えるべきなんだけど、アドバイスする方もどう変えたらいいのか分かんないから小手先な工夫でどうにかしようとしてトンチキなア

もっとみる

ヴィレヴァンをフラフラしていたら、たまたま目にとまった作家さん。
世界観がすごすぎて、まだ消化しきれず。
じわじわと読み込みたい。

#西村ツチカ

線でマンガを読む『西村ツチカ×岩明均』

変幻自在。西村ツチカにはこの言葉がふさわしい。物語によって、大胆にタッチを変える作家である。Gペン、ないし丸ペンを多用するが、同じペンでもまったく異なる雰囲気を演出する、高い表現力の持ち主だ。以下の4つの絵は、どれも西村の最新短編集『アイスバーン』に収められている作品から引用したものだ。ひとりの作家がこれだけ自由に絵柄を変えられる、ということに驚いてしまう。

(『アイスバーン』西村ツチカ 201

もっとみる