離婚とは仁義なき戦い、しかも、子がいるとその戦いが永続する恐れもある。

そのことを理解していないノートがあった。

まず、共同親権と女性の地位向上とは、全く無関係。

次に、『「親権」は親が子を所有し、支配する権利などではなく、子の養育を行う義務だ』が、大きな間違い。

そもそも、親権は、雑多な権限の束、に過ぎない(民法820条条以下参照)。

親権を持たぬ親であっても、子に対して扶養義務がある(民法877条1項)。

子を育てるに際して親権は、大した意味がない。

もっとみる
あららまぁ 雛の使に 三つ指を
3

単独親権か共同親権かの議論について

シングルマザーと同居してる恋人による虐待死、船戸結愛ちゃんのように母親の再婚相手による虐待死など、子供が亡くなった事件が報道される毎にSNS上では単独親権か共同親権の議論が過熱します。

ただ、これらは母親に限った話ではなく過去に神奈川県厚木市内で当時5歳だった理玖(りく)君が衰弱死して白骨化した状態で見つかった事件を忘れてはいけません。この事件は父親が交際相手の女性に現を抜かし、理玖(りく)君に

もっとみる
ワイもスキやで♡
15

#親権制 #フレンドリーペアレント

まだ旅の途中だけど、親権制度論に思い馳せることばかり

三歳児との平和を感じる散歩の傍らで、親権制への思いは止まらない

「共同親権」という呼び名にこだわるものではない

現行の親権制度のありよう、運用の仕方が諸々重なっていることの弊害があまりにも顕著なので、抜本的に改善を図るには、共同親権という宣言が不可欠だろうと考えている

運用として、大切なのは、改めて フレンドリーペアレントルールなのだと

もっとみる
ありがとうございます!
5

旅先で感じる 制度の問題 #親権制

子連れ旅行はただのバカンスではなかった

せっかく来て、観光一色もいいのだけど、SNSで繋がりのある方にお声かけいただき、現地の声に出会いたいということで、懇親会を企画いただきました!!

会ったこともなく、ご活動の詳細について気になるので教えてほしいというくらいの関わりしかない中で、一人の子連れ旅行者のために人に集まっていただけるという奇跡☆

三連休のど真ん中という申し訳ない日程に調整がつく方

もっとみる
ありがとうございます!
6

a short confession of something in “alcholidays” #002

家庭裁判所の調停の結果、僕の親権は父親のものとなった。そうして父の家に引き取られた。そのとき犬を飼いはじめた。雄。白と茶のブチで雑種。夜、寝ていたら、頭の辺りでガサゴソと音がして顔を舐められた拍子に飛び起きた。そこに白い仔犬が、動物の子どもによく見られる無防備の可愛さを発散させながらよちよち歩きで動き回っており、二度びっくりした記憶がある。同居していた叔父が僕をびっくりさせようと、その仔犬を部屋に

もっとみる

過去の話③

私は弱い。弱いのにイキがる。初めにそう言っとく。
私は息子と7年ほど会っていない。

元旦那はそこそこ裕福な家庭なのに
頭が狂った自分勝手な男だ。それなりにいい高校出て卒業したのに
父親と折り合いが悪く家出してホストして転々と女の家に泊まってSEXしての日々。高校の時に初めて付き合ったメンヘラ元カノのせいだとしょっちゅう話すがそれはお前も絶対何かあってお互い引寄せただけのこと。

てか元カノをいつ

もっとみる
あざまるです。

日本では、数えきれないほどの20歳未満の子どもが、自殺してしまうくらい苦しんでいることがあります

こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます😊

今回は

自殺

について書きます。

めちゃくちゃ暗いお話をします😰

途中で読みたくなくなったら読まないでください。

無理しないでほしいです。

この記事を読んで思ったことがありました。

2018年の未成年の自殺者数は599人、1978年の40年前から統計調査を始めて以来、最も子どもが自殺してしまいました。

自殺未遂を含めればも

もっとみる
大大スキ!
6

親権者変更の裁判をしましたその2(理由編)

早く晴れないかな〜🤔梅雨明けを待っています。まぁじゅです。

今日は親権者変更についての、理由編です。

もちろん僕の理由になるので、皆さんそれぞれ変更したい理由があると思います。こんな理由でいいのかな?本当に認められるのかな?と思っている方の支えになれば幸いです。

僕は養護施設退所後、父と二人で生活することになりました。ですが親権者は母親のまま。母は絶対に親権は渡さないと言っていました。

もっとみる
僕もスキです♡
4

親権とは親の権利?【3分で読めます】

児童虐待死のニュースを目にする度に,
「子ども達を取り巻く環境は悪くなっている…」と,
暗澹たる気分になってしまいがちです。

しかし,古代・中世には口減らしのために
子どもを殺していたという事実や,
極めて貧困状態の国・地域では
未だに子どもが成人するまでに亡くなる割合が高い
というデータなどを知ると,
現代の日本にいるほとんどの子どもは
幸せな環境に身を置いているのだと思い直します。

ただし

もっとみる
あなたにラッキーなことがありますように。
9

養育費は貰えないのに面会

離婚する際、と言うか、届けを出すまでに、元夫と義家族と物凄く揉めました。

最初、向こうは、養育費を○万払うと話を進めていましたが、私はその金額に納得がいかないまま、平行線が続き、

結局、『もう要りません』と言ってしまった。

もう、関わりたくなかったから。

一刻も早く離れたかったから。
 
早く離れないと、私の心が本当に壊れてしまうと思ったから。 

   

  

養育費というのは、夫婦

もっとみる