映像の記録#10 言の葉の庭

こんにちは、やすほです☺︎

今回で映像の記録#10,つまり2桁いきました!嬉しいなあ…いつも読んでくださる方もこれから読んでくださる方も本当にありがとうございます。

記念すべき映像の記録#10は新海誠監督の『言の葉の庭』を選びました。以前、姉に「『言の葉の庭』観たことある?」と聞かれ、おススメされていた作品です。その直後に旅行の帰りの便でたまたま機内で配信されていたので観ることが出来ました(『

もっとみる

待避場所から出ていくために

新海誠監督の『言の葉の庭』を観た。

雨というモチーフが好きだったのと、庭園の映像がきれいだったのと、靴職人という仕事にロマンを感じたからだ。

なんだかなあ~って、しみじみと感じた。
共感というか。

主人公たちは、居場所がない。
どこに行くのかも手探りで。
「道を探している」とかいう表現が、作中にあったかな。

そういうとき、一時的にどこかに待避するのって、大事なんだよね。
安全に、周囲と、そ

もっとみる

君の名は。OPのクレジットが縦書きだったことに気づくまで3年。

この頃、U-NEXTの一か月無料期間を使ってアニメを観まくっているのだが、その中で気になった点をいくつか書いていこうと思う。

(と言ってもほぼ「君の名は。」の話なのだが…)

私は映画館に滅多に行かないが、「君の名は。」だけは3回も観に行った。それだけ演出に惹かれた作品ということもあり、映像と音楽の細かい点をじっくり観てみた。

!!!!!!!!!!ネタバレ注意!!!!!!!!!!

「君の名は

もっとみる

【ネタバレビュー】『天気の子』相変らずの美麗映像でホッコリ

光の反射や雨の表現が素晴らしい

新海誠監督作品は何といっても色彩の素晴らしさですよね。

特に雨は液体なので動きが不規則なためアニメーションでの表現が一番難しいところ。

要所要所に水たまりに落ちる雫が映るのですが、これまたリアルな雫でGIFにしていつまでも見ていたいと思わせるアニメーションでした。

アニメーション作品では僕的に雨のシーンは描写がメンドーで避けられがちだと思うのですが、今作は「

もっとみる

"愛"よりも昔、“悲恋”のものがたり

こんにちは、前山です。

今回のお盆、東京遠征の目的はいくつかありました。

その内の1つが新緑のこの季節の新宿御苑を訪れるため。

理由は、お察しですね。

『君の名は。』『天気の子』で大ブレイクしてる新海誠監督。

私はこの人の作品でも『言の葉の庭』がとても好きなのです。

公開当時からずっと行ってみたいなぁと思ってて遂に訪れる事が出来たので!

要するに聖地巡礼ってこと。

千駄ヶ谷門

もっとみる