評価制度

マネジメントしている人に聞きたいこと

職場における「評価」というコトバについて最近考えることがしばしばあります。

そこでもしこれを読んでいるあなたが何らかの組織においてリーダーもしくはマネージャーの方に質問してみたいことがあります。

もしTwitterをやっている方がいらっしゃいましたら、上記のアンケートに回答いただけると嬉しいです!

あえて日々の現場で行うフィードバックのような「評価」を指すのか、
人事考課・賞与査定に関連する

もっとみる

給料を決めるのは難しい

今回は少し評価制度や報酬制度についてのお話を。
突然ですが、皆さんの会社の給料はどうやって決まってますか?

最近、コードキャンプ 社では上期(1-6月)が終わりまして上期評価をまとめている時期だったこともあり、色々話し合ったりしていたのですが、改めて「給料を決めるって難しいな」と感じています。

給料ってどうやって決まってるの?

そもそも給料ってどうやって決まってるんでしょう?

従業員目線で

もっとみる

会社の人事や評価って家族関係とちょっと似てるなと個人的に思ったお話し。

とある方と先日お会いしまして、会社の人事や評価についてのお話を伺ったのですが、お話を伺っていて思ったのが、

「これ、育児と夫婦関係、家族関係に似てる気が・・・?(笑)」

とふと思ったのでしたw
上司と部下の育成とかちょっとばかし育児に近い感じ(あくまでも感じね!)がするし、評価制度とか夫婦での生活のあり方について結構似ているところがあるのかもしれないなぁと。

うちの会社は私一人だけなので、社

もっとみる

読書記録#2 「人事評価はもういらない」を読んでパフォーマンスマネジメントについて考える

ここ数年、年次人事評価の廃止が話題だ。GE、マイクロソフト、アドビシステムズなど名だたる企業が年次人事評価を辞めている。これをノーレイティングと呼ぶことも多く、人事領域にいる人であれば間違いなく聞いたことがあるワードに違いない。
このノーレイティングについて、適切に理解したいと思い、(出来ればそこまで難しくない本でという条件付きで)手に取ったのがこの「人事評価はもういらない」だ。結論としては、ノー

もっとみる

給与に対する納得感は独立して働いている今が一番高い

日本でもインドネシアでも会社員として働いていた時に、給与に対する納得度が高かった経験がありませんでした。残念ながら。

給与の問題って難しいですよね。自分に限らず、世の中の多くの人は大なり小なり給与(大きく括ると評価)の問題で不満を持っているので。

その証拠に、エン・ジャパンさんが実施したアンケートでも退職のきっかけは給与への不満が1位になっています。

日本でもらっていた給与に対しての不満

もっとみる

プロ宣言≠フリーランスはじめました

どんなプロを目指すか考えよう

長い時間をかけて並々ならぬ努力をしたにもかかわらず、せっかく身につけた専門性が将来廃れるようなことがあったら、泣くに泣けません。

あるいは、とても良い専門だが、どうしても本気になれない、努力がつらくて仕方ないというのではうまくいかないでしょう。

自分に合った将来価値の高い専門性をいかに選び取るか。

多くの人は目下の仕事や、現在自分に与えられた仕事が自分の専門で

もっとみる

会社に必要とされる人材になる3つの法則

Only Oneの存在になるには、通らなければならない2つの道

20代は仕事を覚えることに注力をする必要があるといわれています。

20代後半からマネージメントを経験し始めると、30代になると修羅場の数がマネージメントの力量を決めることになります。

どれだけ多くの修羅場をくぐり引き出しを持っているのかというのがポイントになります。

その次に必要なのが専門性をしっかりと磨き上げる事になります。

もっとみる

離職率が高い理由は◯◯だった…

35歳未満が退職をする理由でダントツ1位は…

退職をする理由としてよくあげられるのが、人間関係、ワークライフバランス、昇給などの賃金関係と言われることが多くありますが、それは2000年ぐらいまでの話。

特に35歳以下の社員が退職をする理由は従来、巷で言われているものとはちょっと違います。

私もいろいろな企業で人事の仕事をさせていただきましたが、若手と言われる社会人10年前後の35歳以下が退職

もっとみる

〝BizHint〟にて、〝数字必達主義から「対話型の組織」へ、福島トヨペットの社内変革〟に取り組まれる、福島トヨペット株式会社 代表取締役社長・佐藤修朗 様と、同社 副社長・佐藤 藍子 様の撮影をさせていただきました。

https://bizhint.jp/report/307513

Reflection Journal 2019年6月22日 朝

昨日は、楽しかったので久しぶりに結構なアルコールを摂取した。アルコールの分解スピードも落ちている感じがある。昨日は、良いことも多かった半面、自分の中で自己反省がある。何というか自分が出過ぎるというか、ついつい図にのるというか、制御できないというか、まだまだ鍛錬が必要な感じである(クック=グロイターの3.5のエゴ反応)。

1.7月1日からLIFESHIFT休暇に入るにあたり
社内的な準備はほぼ整っ

もっとみる