通り

【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のBayard通り

Rue Bayard(バイヤール通り)は、Pierre Terrail de Bayard(1476 - 1524)というイタリア戦争の英雄ともいうべき人物の名前を冠した通りで、パリ8区に位置し、高級ブティックなど軒を連ねる Avenue Montaigne(モンテーニュ通り)とぶつかります。
1823年7月23日に、通り計画の法令が制定され、完成したと言います。

(参考資料:ウィキペディアフラ

もっとみる
もしよろしかったら、フォローもしていただけるとうれしいです。
1

【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のJean Goujon通り

Jean Goujon(ジャン・グジョン)とは、1510年から1567年頃に生きたルネッサンス期を代表する彫刻家で、この通りの名前に付けられています。
通りは、1823年7月23日計画されたものとであると言われています。

(参考資料:ウィキペディアフランス語ページ Rue Jean-Goujonの項より)

▶︎ 通りの場所は こちら

1900年頃の Rue Jean Goujon(ジャン・グ

もっとみる

スタジアムを折れて

スタジアムを折れて相生町一丁目の交差点を右に進む。二つ通りを過ぎたところにある駐車場でなんだかよくわからない会議をやっている車を横目に見ながらずっと歩いて本町に出ると爽やかな潮風が流れるのを感じる。まだ海は見えない辺りだが、もう海辺なのだと思うと少し開放的な気分になる。後ろではデイゲームの喧騒が聞こえる。ちょっとしたお祭りのような町なのだ。
 少し見上げてジャックに挨拶をして、クイーンを横目で見な

もっとみる