通勤、通勤電車について思うこと

現状、通勤時間はおおよそ30分ほど。そのうち電車で移動する時間は5分から10分ほどしかない。それ以外は徒歩。

最寄りが始発駅なので、運が良ければ朝も座って通勤することができるが、ごく短時間では本質的には恩恵はない。しいて言えば、かばんをよそに楽々スマホをいじれるくらい。

乗車時間がここに至ると、着駅でホームから改札までの移動時間が少々気になってしまうような話になる。

座って通勤できるのは始発

もっとみる

気をつけましょう・・・

台風のことです。

「地球史上最大級」とか「東京23区の3割が浸水する」とかなんだかギャグみたいな言葉が飛び交っているけれど、言葉の選び方は置いておくとしても、とりあえず悪い意味で「ヤバい」レベルの台風が関東地方に近づいていることには違いないらしい。

最近は電車の計画運休とか、飛行機の欠航がかなり前段階で発表されたりとか、イベント等の中止の決定が早くなってきたりとか、何でもかんでも「なんとか頑張

もっとみる

電車の中で立ったままブログを書くの巻-スマホで100日連続noteに挑戦day12-

本日から一泊で仕事の仲間たちと合宿@檜原村^_^楽しみ〜^_^

で、移動中に昨日のこと書こうと思ったけど、混んでて座れない。無理か、、、とあきらめかけたら。スマホなんだから立ったままかけるじゃんということに気づく。
(タイトル画像は車中よりパシャりな一枚)

今更ながらスマホの可能性に驚く。
若い人はみなスマホで全てを解決してるように見えるし、中学生の息子は、遊びも連絡も勉強も全てがスマホで完結

もっとみる

9/27

通勤で、上品そうなご婦人方に気を使っていただいて、うれしくなる。
うれしいなあ。

私も出産をしたら、必ず周りに目を配り、すぐさま席を立ち譲りたい。体の不調もあるけれど、もし倒れたらという不安と、お腹の子を守らなければという責任からくる緊張感から少しでも守りたい。

歩いていると心が整理できる

1日も頑張ると、いろいろ考えたいことが出てくる。

だけど外にいる間は、考えがまとまらないままに、回りにあわせて進まなければならない。

そういう日は、帰る頃にはもうヘトヘトだ。

でも、疲れたからと電車に乗ろうとすると、何か違和感を感じる。

1日中たくさんの人と関わったのに、電車に乗ってこれ以上、知らない人に囲まれたくないからだ。

そういう日は、疲れていてもなんとなく、電車に乗らずに歩きを選

もっとみる

往復4時間の苦労とメリット

🔵往復4時間の苦労とメリット 

⏺️私たちが「遠距離通勤」を選んだ理由

⏺️あえて通勤に片道2時間かける理由とは

⬛️NHK放送文化研究所の「国民生活時間調査」

職場との往復の平均通勤時間は1時間19分。

➡️都市別で見ると東京圏が1時間42分と、突出して長い傾向にある。

⏹️日本の過酷な通勤事情

海外のメディアでも紹介されるほどで、わざわざ平均の倍近い時間をかけて遠距離通勤する人

もっとみる

月曜日の呪縛

こんばんは、せいるです(*ˊᵕˋ*)

昨日から超短期バイトに行ってました。今日は午前中から。朝もちゃんと起きましたからね、えらいぞ私。

ヤバいヤバいって言っていたNEWSの「STORY」プロジェクトの応募するやつも、なんとかなりそうです。よかったよかった。

久しぶりに忙しい3日間(土曜日の説明会も含めて)を過ごしましたが、何をして、何を学んだのかは明日書こうと思います。

今日は気づいたこと

もっとみる

8/28

朝、ああもう今の仕事には戻れないのか、という思いがぐるぐる廻る。

結局3年しかできなかった。
他の人たちは5年くらいやっていた。
この仕事が好きだったんだ。

これから、復帰した時に耐え難くなって、転職するのだろうか。そうすれば、第二子など言えなくなる。

けれど、現実的なのは、復帰して嫌だと思えばじゃあ第二子で、とフェードアウトすることだろう。いわゆる逃げ。しかし、そんなすんなり妊娠するはずも

もっとみる

8/16

空いていたから良いとしよう。

お盆休みはいい。特に自分がお盆休みではないときの、電車の空き具合。

なんだか少しのんびりしていて、夏休みの部活に行くときの気持ちに似ている。

夏の暑い練習には変わらないが、なにか学校に行くときとは異なるワクワクした気持ち。少し早く帰れたからかもしれない。

もちろん、会社はお盆だからと早く帰れることはない。ただ、定時ぴったりに帰っちゃおうかな、という雰囲気がなん

もっとみる