人って変わるかもしれない

こんにちは。ほぼ山のような田舎を白のセットアップを着て澄ました顔をして歩いている女がいればそれは私です。イソップのボディースプレーなんかふっちゃってます、ここ山やで。

胃腸炎あがりのボロボロの胃を今日も抱えて出かけます。

そんな茶番はさて置き、最近読んでくれる方が増えたように思いまして。

ビッグな方はこんなちっちゃい運営で何を言うとるんだとお思いでしょうが、私にとっては快挙です。友達の数より

もっとみる

「よりマシ」な道徳教科書を、あなたの町の小学生に届けましょう!

2年前から道徳が教科化されました。現在小中学校では教育の授業が行われ、教員による評価も実施されています。
 そしていま、2020年度に使用される小学校教科書が各自治体で展示され、この夏に採択が行われます。

 学校とは学問を教えるところです。と同時に、社会生活を教えるところでもあります。
 私は、教科で学問を教え、現実の集団生活の中で社会生活を習得するのだと思っていました。私自身、校内暴力の凄まじ

もっとみる

「殴られもせずに一人前になったやつがどこにいるものか!」?

ミナ=サン、ドーモ。スネゲマンです。

先日ツイッターを徘徊していた所、なにやら懐かしい響きのツイートを発見いたしました(下図)。某有名ウヨ絵描きさんのものですが、名前の所はなんとなく伏せておきました(笑)。

思わず「親父にもぶたれたことないのに!」ってリプライしたくなるような、そんなツイートですね(笑)

1.再び「サイコパス―冷淡な脳―」より

さて、いきなり話は変わりますが、最近、サイコパ

もっとみる

撮影地のモラル問題は根深いよねって話。

こんにちは、横田裕市(@yokoichi777)です。

3日間の香川旅を終えて本日大阪入り。
本日22日から7月5日までソニーストア大阪で写真展を開催しています。

23日は13時・15時から参加無料のギャラリートークショーを開催しますので関西方面でお時間ある方はぜひお越しください。

さて今回は、この旅先道中で向かった先の出来事について書いたtweetがそこそこ反応があったので、その話題につい

もっとみる

やってみたい=学び

英語の先生として気をつけていることは、「学習者自身がしたいと思うこと」。そのために仕組みを作ったり、レッスン内のアクティビティーを考えたりする。
 ここ最近アルファベットの導入方法を尋ねられることも増えたし、小学校でも英語の文字指導は大きな課題となっている。
そこで、私の大好きなアルファベット導入の鉄板をご紹介しよう。

もっとみる

夜風

この季節の夜風は心地いい。初夏。

強すぎないし、弱すぎないし、ぬるすぎないし、冷たすぎない。ちょうどよく心地いい。

「涼しいね」
という私はうまく笑えていただろうか。そう考えながらも、きっとバレているのだろうと思いながら最終バスに乗り込んだ。

バスが出発すると、帰ったはずの彼が窓越しでこちらを見ているものだから可笑しかった。
そうして見えなくなって、独りになると私はやっと自分の気持ちに気がつ

もっとみる

「道徳」の教科書がとても窮屈な件

▼小学校で「道徳」の授業が始まって1年が経つ。

筆者は「道徳」を授業で評価するのは無理筋(むりすじ)だと思うが、小学校の先生をしている友人に聞くと、現場では懸命の努力が続いている。これから数年で出てくる、道徳教育の現場ルポやインタビューが読みたいものだ。

▼2017年5月10日付の毎日新聞「記者の目」欄に、金秀蓮(キムスリョン)記者の〈道徳教科書 初の検定/子どもの心 狭めないか〉という記事が

もっとみる

インターネット時代の倫理や道徳に基づく規範(べき)について

多くの人は内面にある自己の「正しさ」に従って行動しようと考えている。この「正しさ」を支えているのが、それぞれの「価値観」であろう。ただし、「価値観」はもはや多様であることが前提である。「価値観」は地域や組織によって何らかの傾向があるとはいえ、「あの人とは価値観が合う、合わない」という言葉から分かるように「個」を前提とした概念としてもはや流通している。さらに言えば、価値観は他者に強要することはできな

もっとみる

大きくなったと思うとき

10年ぶりに行く病院が怖くなかったとき

案外病院って小さいなと感じたとき

薬の説明を騙されないようにと聞いているとき

熱があっても平気で活動しちゃうとき

心配の声が申し訳ないとき

風邪をひいて怒られても何も思わないとき

海の水に抵抗なく触れられるとき

青が綺麗に見えるとき

前髪を自分で切るとき

カフェに独りで入るとき

罵られても悲しくならないとき

あまり期待をしないとき

もっとみる