関東人の1個残し、いらない説

りんごの花でも良く見られる光景なのですが、取り分けスタイルでお出しする料理って、大体最後に1個とか少し残るじゃないですか。

これ、地域によって色々な呼び名がついていて、

「関東人の1個残し」

「遠慮の固まり」

「津軽の1個残し」(青森の場合)

とか言われています。



りんごの花の場合は、私が声をかけて

「お皿下げちゃいますよ~」と言って、それを取っていただくのですが、

その時に

もっとみる
嬉しい♪
2

遠慮せず、まずは話す

どーも。福井で良い美容室ないかなーって探している意元です。

今日は僕が今までしてきたことで何度も反省したことを話します。

今でもたまにやってしまって、あとから

「何回おなじことしてるんだー!!!」

って自分に問いかけて、すこしづつなくしていってます。
それくらい無意識でやってしまうことで、これはボクだけじゃないんじゃないかなーって思ってます。

その反省し続けいることは

先輩、上司、代表

もっとみる

自分がそうしたいと思ったなら

自分がそうしたいと思ったなら
誰にも遠慮することなく
やったらいいんだよ

変な罪悪感なんか捨てて
堂々とやったらいいんだよ

あなたが
自分の意志で動き
ステージが変わり
輝きはじめたら
まわりの人が変化するかもしれない

そのとき
あなたが輝くのを阻止する人たちと
繋がってはダメなんだよ

そのことであなたを恨んだり
妬んだりするような人たちと
繋がってはダメなんだよ

あなたの足を引張ったり

もっとみる

騒いでいる子どもをみると自分の心が騒ぐ

商業施設や公共の場などで
子どもが大騒ぎしているのをみると
どうしてもイライラしてしまうことがあった。

「あった」と過去形にしているのは
正確にいうと今でも少しはあるけど
昔に比べれば随分ストレスはなくなった。

で、このイライラっていうのは
その子どもに対してもそうだけど
実はその親に対してだったりもして
「こんなに騒いでるのになんで注意しないんだ!」
とイライラしてたんだな。

で、なんでそ

もっとみる

バスでの出来事

荷物を抱えて、辛そうにバスに乗ってきたおばあちゃんがいて、座っていた人がすぐさま席を譲ろうとした。そうしたら「いい、いいのよ!」と言って、おばあちゃんは遠慮した。

 行き場を失ったその人はまたその席に座ったのだけど、動き出したバスの中でおばあちゃんはどう考えても立っているのが辛そうにしている。

 そうしたら別のおじさんが次の停留所で、「座って」と席を譲ろうとする。おばあちゃんは「いいですから」

もっとみる
やったね
9

受取るということ

人に褒められたり
なにかをして貰ったときには
素直に「ありがとう」と受け取ればいいんだけど
大人になるとどういうわけか遠慮してしまう。

「いやいやいやいや」なんていいながら、
せっかく相手が善意で言ってくれたことや
やってくれたことも受け取ろうとしない
それどころか全力で拒否してしまう。

なんでだろうね。

いつからぼくたちは、
それを素直に「ありがとう」と受け取ることが
「ダメなこと」と思う

もっとみる

獅子座の季節に「自分らしさ」を模索して。/(誰に遠慮していたの? 何に寄せようとしていたの??)

ハロー、地球☆  お久しぶりのお手紙です。元気です&でしたか?
こちらは2019年8月10日、土曜日の私です。今朝は“いったいいつぶりよ?”の曇り空で、連日の灼熱地獄からやっと少しだけ解放される~♪ と思いきや、午後からまた晴れてきました。予報では今日の最高気温は、久々に目にする「29」という(十の位が「3」じゃない!)数字でしたが、どうだろう……??? ここから窓の外を眺める限りは、相変わらずの

もっとみる
お礼に「レモンイエロー」のエネルギーを送ります☺︎/ 胃袋に効く♪
6

罪悪感

自分の人生のステージが変わるのを
阻止しているのって
結局「自分」だったりするんだよね。

自分なんかが
こんな素敵な人と一緒になったり
こんな素敵なものを手にいれたり
こんな素敵な環境に身をおいたり
そんなこと烏滸がましくてできない。

そういう内なる声であったり
心の奥底にある「罪悪感」みないなやつ。

もうこれが全てじゃないかなと思うんだ。

だから自分が輝くことに対して
他の人に悪いなとか

もっとみる

遠慮と配慮は別物。

この話、実は入社した当初ずっと支社長から言われていたことです。
簡単に言うと、「”相手のため”というのは”嫌われないようにすること”ではない」ということなのですが、、、
これ、頭ではわかるのは分かってたのですが、実践できるようになるのにはめっちゃ大変(ぼくも現在進行形で勉強中)で、とにかく覚悟が必要という話です。

相手を困らせたい人は(ほぼ)いない

先日、こんなブログ書いてみてました。

この

もっとみる
うれしかー!!
5

信用は「砂の城」のよう

どうも!”ほぼ”毎日ブログです!(開き直り)

昨今、よく「信用第一」と言われることが増えてきています。それはその通りだと思いますし、信用については「砂の城」のようなもので、築き上げるには大変な時間と労力が必要だが、失うのは一瞬って話です。

信用が大事な理由(個人的見解)

最近なんでこんなに信用信用言われているかですけど、ザックリとは「SNSが発展したから」だろうなと。

よくある話で言うと、

もっとみる
良かったらフォローもよかですか。。
5