ありきたりな日々が最高のステージ(舞台)になる。

こんにちは!いなゆかです。

お久しぶりの方は、お久しぶりです!

だいぶ時間が空いてしまいました。

今日から、

日々感じたことを書き留めるためにと

これを読んでくださる「あなた」が

少しでも、なにか気づき、決意、決断

「そんな考えもあるのか!」となるような

文章を書いていこうと思います!!

よろしくお願いいたします^^

少し、私のことを話すと

私は現在22歳の愛知県在住

邦ロ

もっとみる

【夏うた】あなたの夏を語る曲、探してみて。

もう夏です

梅雨もいつのまにか明けてました。
いつもは梅雨明けなんて覚えていないのですが
今年は記憶に残る梅雨最終日だったので、なんか心まで青空です。
みなさんは、梅雨に何か思い出とかありますかね。

まあそんなこんなで、年に1度の暑い季節がやってきました。
私はこの季節が昔から苦手です。
でもいい音楽たちがうまれる季節です。
だから、とりあえずずっとどこでも音楽聴きまくってます。
イヤホンの充

もっとみる

【茜色の夕日が滲んだとき】

奥田民生の歌詞が好きだ。

よく知られる奥田民生の姿は飄々としている渋いおじさんと言ったところだろうか。
個性的でどこまでも伸びのある歌声は、誰にも媚びない、何を歌っても「民生っぽく」なるから不思議だ。

元々はユニコーンという人気バンドのボーカルだった。解散してからシンガーソングライターとしてもヒット曲を飛ばし、根強いファンがついている。

その証拠に、奥田民生に憧れて音楽を志したと公言している

もっとみる
女が悪口の最後につける言葉ランキング1位「いい子なんだけどね」
117

ドラマストア「秘密」のMVを非言語的表現から考察してみた

私は今、大学で所属しているゼミでミュージックビデオの分析をしています。
その中で、非言語的表現を用いた考察をしたことで見えてきたストーリーがとてもおもしろかったミュージックビデオがあったので紹介させてください!

1.非言語的表現について

シルヴァーブラットの『メディア・リテラシーの方法』によると、非言語的表現は意味の伝達において聞き手が受け取る印象に大きな影響を与える。(シルバーブラット,20

もっとみる

うつしく いとおしい 生活に 執着すること

戰争に反對する唯一の手段は、各自の生活を美しくして、それに執着することである。

吉田健一

わたしの 好きな言葉。

英文学者で作家の吉田健一さんが書かれた、新聞のコラムの一文だそう。

"美しい生活に執着する"
っていう考え方、とてもすきだな。

正直、執着は 時に 憎しみや戦いも生むと思う。

でも ひとりひとりが 美しい生活や愛に執着して それを壊さない方法は "平和" しかないとも思う。

もっとみる

一年前、エルレの復活ライブに選ばれたんだ[2018.8.15 ELLEGARDEN@ZOZOマリンスタジアム]

ELLEGARDEN復活

一年前たった今、この喜びと感動は消えそうに無い。

その時、私は友人と食事中だった。
友人が席を外した時にTwitterを開いた瞬間だった。

「ELLEGARDEN 復活」

その2単語が私のTwitterを埋め尽くしていた。

不意打ちの復活に動揺し、バンドなんてよく分からない友人にきっとELLEGARDENなんて言っても伝わらないとは思ったけど、
席に帰ってきた途

もっとみる

RADWIMPSにできることはまだまだある〜8.14「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」@マリンメッセ福岡

台風10号をギリギリ押しとどめて決行されたRADWIMPS福岡公演を観た。昨年末リリースの『ANTI ANTI GENERATION』を引っ提げてのツアー。開演前から前方観客エリアを取り囲むように伸びる長い花道に、さすがこの規模を掴みきってるバンドだなぁと唸ってしまう。「PAPARAZZI」の歌詞にもある通り、10余年アリーナツアーをやってきたその経験値は伊達じゃない。1曲目「Tazuna」からウ

もっとみる

今週の一曲 フジファブリック「若者のすべて」

”作品を創り出すと言うことは生きた証をこの世に残し、誰かの中で生き続けるということである”と思う。

 2019年8月9日、フジファブリックがテレビ朝日系列の番組『ミュージックステーション』に初出演した。披露したのは、彼らの代表曲の1つとしてあげることのできる「若者のすべて」。その曲中で、後方のスクリーンに元メンバーの志村正彦が同曲を歌う映像と音源が流れ、その演出がファンのみならずたくさんの反響を

もっとみる

息抜きの息継ぎ:17「蔦」

GRAPEVINE=葡萄のつる、ってことで、近しいイメージの単語、蔦(つた)、をサブタイにしてお送りします。

彼等には高校生の頃に出会いました。

ラジオから流れてきた『遠くの君へ』という曲がきっかけで、ファーストアルバム以前に発売されていた5曲入りのミニアルバム
『覚醒』、を購入したのが始まりです。(遠くの君へ、は1stアルバムに入っています)

YouTubeにもシングル曲中心に何曲かアップ

もっとみる

BUMP OF CHICKENと私

『かっこいいよね~!ほらっ、知らないの?これこれ!!』

中学3年生の当時、私の周りはBUMP OF CHICKENの虜になった女子や男子で溢れていた。あのバンプの代表曲ともいえる“天体観測”が大流行していたのだ。

私は『このなんか暗そうで、やたらと一生懸命で、“見えないものを見ようとしている”人達がみんなは好きなんだ。ふーん。』くらいにしか思っていなかったし、どうやら中2の時の文化祭で先輩たち

もっとみる