西城秀樹さんに関すること 〜ジャガー〜

#西城秀樹 さんの表題の歌詞を細かく噛み砕いたらいくつかキーワードが私の脳内に浮かんだ。

自己犠牲によって身を呈し、大切な人を守っていく勇敢さ

会話する時に相手の目を見ない相手に対する怒りから仕向けさせる時に起きる感情

幼い頃に生前のコンサート等危険なことをしていることがあった激しさを表現する性格になった

以上の事から生育歴に関連することを連想され、

命掛けの歌

と呼ん

もっとみる

阿久 悠(あく ゆう)さんの自伝的小説。

俺は国も時代もジャンルも関係なく良いと思った音楽を聴く。

俺が生まれるずっと昔に流行した日本の曲も好きだ。

そして「ええ歌詞やなあ」と作詞家の名前をみるとよく同じ名があった。

阿久 悠(あく ゆう)さん。

有名なピンク・レディの「UFO」も阿久悠さんの作詞。

阿久悠さんが書いた自伝的小説がある。

「無名時代」(集英社文庫)

作中の人物たちもとても面白い颯爽としたストーリー。

この本

もっとみる

阿久悠物語

2017年9月15日

『時代をつくった男阿久悠物語』を拝見して、懐かしさにどっぷり
浸れせていただいた。
何しろ、私たちの青春時代の歌は、阿久悠さんと共にあったと言って
過言ではない。

『君も歌ってみるといい』

もっとみる

やっと晴れ間が見えた日は…

昨日1日中雨だったけれど、今日は晴れましたねぇ。

清々しい青空が広がっております。

そんな青空と同じくらい清々しい気分になれる映画。

瀬戸内少年野球団なんて、いかがでしょう?

少年たちの初恋や友情がつまってます。

ちあきなおみも出てるヨ☆

もっとみる

自著物語。

今日は八王子に髪を切りに。ついでに昔からある書店、くまざわ書店によって俺の本があるか聞いてみる。在庫僅少とあったので、レジにいた兄ちゃんに「この本、どこにありますか?」と聞いたら、パソコンで調べ始めて、「少々お待ちくださいませ」と言って、上の階に向かって走り出した。おいおい、俺は陳列してあるところを見たかったんだぜ。
数分して、息を切らしながら「こちらの商品でよろしいでしょうか?」と言いながら俺に

もっとみる

阿久悠の世界観 「UFO」

阿久悠の歌詞が好きです。
なんつーか、詞っていう短い言葉の並びに詰め込まれた情報量が半端なく多い感じがいい。zipファイルなんて目じゃないくらい情景情報が詞にみっちり圧縮されているわけ。

例えば沢田研二の「勝手にしやがれ」あるじゃない。

「ベッドの横がすぐ壁ってくらい結構せま目の寝室で、男が寝っ転がっていて、興味ないふりか気づいていないふりをするため壁に向かって寝返りを打ち、薄々思っていたがや

もっとみる

たそがれ時のこいきなRADIO vol.13

令和になっての一発目の更新になります、第13回。
「たそがれ時のこいきなラジオ」
東京と仙台より不定期に発信しています。
詳しくない!どうしようもない!
そしてちょっぴり切ない!昭和の懐かしい
お話しにどうぞおつきあい下さい。

VOL.13のお題
◆昭和の夜人知れず泣いたシリーズ
飛行船ヒンデンブルク号爆発事故
◆あこがれの・スター・ふぉー・ミー
ピンクレディ
◆あ~。そういえば 1
もっとみる

noteを30日連続で更新して言えたのは、「ぼくは今、夢の始まりに立っている」ということ_31日目

※BGM ~好きな歌詞の引用を添えて~

I've been down so long, but I'm on my way up again
I've been down so long, but I'm on my way up again

If you've lesson to teach me,
I'm listening, ready to learn

連続note更新チャレンジ

もっとみる