静岡市美術館

美術館に行くと、今までと違うものが見えるようになるか? その10

印象派への旅 海運王の夢 バレルコレクション 2019年8月11日(日) 静岡市美術館

東京で見逃したバレルコレクション展。静岡に行ったついでに見るチャンスに恵まれました。東京では、どの程度混雑していたのか分かりませんが、静岡市美術館は来場者も少なく快適に見ることができました。

今日の一枚は、エドガー・ドガの「リハーサル」。

ドガは数多くのバレエダンサーの絵を描いていますが、その中でも初期の

もっとみる

【書籍・資料・文献】『渋沢栄一』(岩波新書)島田昌和

偽造防止技術の向上が紙幣界の女性進出を促進させた?

 長らく福澤諭吉が顔を務めてきた一万円札の改刷が発表された。新札の顔は、1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎だから、次のF券は民間人から起用が占めたということになる。

 紙幣の顔になる人物は、昭和まで政治家が多くを占め、平成に入ってようやく女性が登場する。女性の登場は社会的な流れではあるが、偽札防止という観点か

もっとみる

5月の静岡県の演劇公演を3つ紹介します

あるアンケートによると多くの方が演劇に興味がないとのこと。
まずは演劇公演があるということを認知してもらうことが必要なのかもしれない。
(アンケートについては記事後半に掲載しています)

【演劇】劇団ユニークポイント「トリガー」
○開演日時
5月20日(日)、25日(金)26日(土)27日(日)
各日19:00開演

○料金
一般:2500円
20歳未満:1000円

○会場
静岡県藤枝市 白子ノ

もっとみる