学習院大学身体表象文化学会が7月27日(土)に第6回ゾンビ映画研究会を開催

https://www.u-presscenter.jp/2019/07/post-41900.html

翌日仕事じゃなかったら行きたかったな…ゾンビ映画が人をひきつける理由が知りたい。しかも韓国映画が取り上げられるって、絶対面白いじゃん。

はじめまして。

はじめまして。ponです。

長らく登録したまま放置していましたが、note始めます!

このnoteでは、私が気になる韓国エンタメ・カルチャー、観光スポットなどについての情報を発信していきたいと思います。

何かしらの情報を、毎日更新できたら...というのがゆくゆくの目標ですが、

まずはゆるりとやってみます。

興味を持ってご覧いただいたみなさまにお役に立てる情報であればうれしいです。よろしく

もっとみる

『エターナル』

2019年7月13日
Netflixで鑑賞。
詳しくはググッてね。

①イ•ビョンホン コン•ヒョジン

私は、それほど韓流ドラマや
映画の熱狂的ファンではない。
警察も多いので、迂闊なことも
言えないが、
イ•ビョンホンの主演作品で
『甘い人生』が、好きで
何回か観てきた。

女優 コン•ヒョジンの顔は、
とても魅力的で
『サンドゥ学校へ行こう』
で印象的な表情だなぁと思ったし
『ありがと

もっとみる

笑いに逃げない

娘が牛乳を飲みすぎるので、すぐになくなる。

 今日もまた、仕事が終わって2キロメートル泳いで、娘を塾から連れて帰って夕食を食べ、風呂を掃除していると、娘が牛乳がなくなったと騒ぎ出し、買いに行かされた。

 ただ牛乳を買って帰るだけというのであれば、娘の奴隷なので、ツタヤによって、韓国映画の棚を見ていたら、『パーフェクト・ボウル』という作品を見つけた。

 ボーリングの話らしいが、パッケージの裏を

もっとみる

エンタメのてんこ盛り~「神と共に 第一章:罪と罰」

子供のころから、神話や民話が好きだった。

図書館に陳列された民話や神話・童話のシリーズを、端から読んだ覚えがある。
(ちなみに、好きな童話は「かえるの王様」。かえるを壁に投げつけると王子様になるというシュールな展開が最高)

私は「すべての人の心を動かすスイッチはエンターテイメントだ」という仮説を立てていて、なかでも神話はエンターテイメントに必要な要素がすべて詰まっていると言われているので、勉強

もっとみる
スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。

韓国映画が面白い

韓国のパク・ジョンヨル監督の初映画「ビューティーインサイド」。

寝ると別人になってしまう男性と、家具屋で働く女性の恋愛物語。

別人というのは、性別も年齢も国籍も変わります!

非常に物語が面白く、美しいラブストーリー映画でした。

パク監督は、もともとはCMをつくられてた方。

長編CMのような、心地のいい映画です。

一人でも、誰と見てもいい映画って感じですね。

Netflixにあるので、

もっとみる

ブログに「The Witch/魔女」(2018) 感想を書きましたー!
主演は当時新人だというキム・ダミですが、新人とは思えない圧倒的存在感に圧倒されてしまいましたよ!
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/06/30/222401?_ga=2.140048243.1315189709.1561526671-1906099834.1397489967

トーク版はこちら
https://radiotalk.jp/talk/

映画『工作 黒金星と呼ばれた男』

映画『工作 黒金星と呼ばれた男』の試写を見てきた。

特殊メイクの金正日や、ニュース映像の金大中が出演する、韓国お得意の現代史ドラマ。そしてイ・ヒョリも本人役で出演しているのがポイント。

ストーリーは1990年代が舞台。韓国・金泳三政権の情報機関「国家安全企画部」の情報員が、北朝鮮に潜入するために主に北京で繰り広げる工作の数々を描いたフィクション。

北朝鮮の幹部同士が盗聴し合う権力闘争、韓国の

もっとみる

金子文子と朴烈

(⚠︎永遠の0とかが好きな人は読まない方がいいです。)

[左:朴烈、右:金子文子]刑務所で撮られた実際の写真

このノンフィクション映画は、メジャーな映画館では上映されずマイナーな小さい映画館でしか上映されなかった。

私が観に行ったときも、観客は10人もいなかった。

なんでかというと、主人公のふたりは天皇制に反対し、暗殺を計画して大逆罪になり死刑判決をうけた人間だからだ。
あとから無期懲役に

もっとみる

ブログに「殺されたミンジュ」(2016) 感想を書きましたー!
韓国映画界の鬼才キム・ギドク監督作品。
後味は悪いけど、個人的には割と好きな作品でしたよー。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/06/08/215406

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/149708