「頭がいい人」とは

今回は、“頭がいい人”について考えていること,私なりの“頭がいい人”などの定義を書いていこうと思います。

“頭がいい人”とはどんな人か

あなたは“頭がいい人”と聞いて、どんな人を思い浮かべますか? これから、どんな人が“頭がいい人”かを考えていきます。

はじめに、どういう人に対して「君は頭がいいね」と言われるのかを考えてみましょう。

私は、主に偏差値が高いと言われている学校の学生に対して言

もっとみる

気になる本のタイトル

【頭のいい】がつくと、ついつい読みたくなってしまう🤣

で、今日も図書館でその本を手に取って読んでいました。

右肩上がりの文字と処世術の話

「ねえ、知ってる?頭のいい女の子の文字はね、みーんな右肩上がりなの」

いつだったか、私の字を見た友人Wがそう言った。

中学生になるまでは大きく丁寧に文字を書いていた。しかし、中学校入学後あまりに授業の速度が早くてノートをとるために文字が崩れた。それから2つ上の先輩の斜めの文字が妙にアーティスティックでかっこよく衝撃を受けた。ランドセルを背負わなくなったばかりの私は毎日夢中で先輩の文字を模写した

もっとみる

健康オタクになれば幸せになれる

前提

僕は健康オタクである。

健康オタクとは何か

食事・睡眠・運動などの物理攻撃で自らの肉体と精神をハックする者を言う。

僕が健康オタクになったキッカケ

AV男優のしみけんさん。彼の本(ブログだったかも)を読んでたら、しみけんさんは自らの性欲や勃起力を常に最高水準に保つために、栄養や運動などを用いて自らの肉体と精神をハックしていると書いてあった。僕は非常に感動した。肉体はまだしも、精神を

もっとみる

「簡潔に書けないのは頭が悪い証拠」という嘘

簡潔でない文章を読めないのは頭が悪い証拠

「簡潔に書けないのは頭が悪い証拠」とは、自分の気に食わない「長い文章」や、自分にとって「難解な文章」に対して宛てられる常套句。
 長い文章にも、内容がまったく伴わないものもあればそうでないものもある、とか、高度なものを記述するにはそれなりの文章量が必要である、といった表層的で簡単な反論はせずに、その仕組みに踏み込むべきである。

 およそ文章というものは

もっとみる

【公式ルール】世界一飲める戦略的カードゲーム『テキーラじゃんけん』の遊び方

「テキーラじゃんけんを購入したので、詳しい遊び方を知りたい!」

という人のために、1分で理解できる『テキーラじゃんけん』の遊び方を解説するよ!

【内容物】

テキーラカード ×24枚
ワインカード ×18枚
チェイサーカード ×12枚

計54枚のカードが入っています。

【基本ルール】

<基本ルール>
・1人5枚のカードでゲームが始まるよ
・持ち札でじゃんけんをして、勝ちかあいこならカード

もっとみる

[投票]=[‘選挙‘という科目の期末試験]②

政治は私たちのお金をどこに使うかを決めています。つまり、政治を知ることは私たちのお金の本当の行方を知ることで。投票はその行方を私たちで決められるという機会です。

だから、分からないのなら分かるようになればいい。大事なことなのだから、難しいからといってウヤムヤなままにしておいてはダメです。

こう考えてみてはいかがでしょうか。

[投票]=[‘選挙‘という科目の期末試験]

何も勉強していなくて白

もっとみる

バカでもテストの点数アップする簡単な生活習慣

こんにちは

僕はyutanのblogをしているゆうたんです。

まずは、僕の自己紹介をしておくと、元々勉強が好きじゃないし授業中もノートなんて取らないし授業中に出される課題なども最後まで解き終わることもほぼありませんでした。

しかし、こんな僕でも中学生時代は校内偏差値51ほどありましたし、高校生時代は学年500人くらいいる中で21位になったこともありますし、クラス1位になったこともあります。

もっとみる

正義の定義

前回・前々回の note で、善悪の定義について、あれこれ書きましたが、

もちろん、それは、私の考える、私の信じる、一種の解釈であって、一般的な定義とは、少し異なります。

単に、表現しようとしているものを、できるだけ分かりやすく指し示すことのできる言葉を考えた時に、

最も近いものを選んだら、善や悪という表現になっただけとも言えますね。

それでも、個人的には、割としっくりきているのですが、

もっとみる

頭の悪い人が超簡単に偏差値50を取る方法

こんにちは

僕はyutanのblogをしているゆうたんです。

まずは、僕の自己紹介をしておくと、元々勉強が好きじゃないし授業中もノートなんて取らないし授業中に出される課題なども最後まで解き終わることもほぼありませんでした。

しかし、こんな僕でも中学生時代は校内偏差値51ほどありましたし、高校生時代は学年500人くらいいる中で21位になったこともありますし、クラス1位になったこともあります。

もっとみる