トイレに人が集まる人間行動学と集客マーケティング

日本はトイレ先進国といわれているが、「トイレを貸す」ということについては意外と後ろ向きな時代が長かった。店内のトイレはお客様用にあるもので、「トイレだけの利用者はお断り」といったスタンスだ。しかし日本人の文化レベルからすると、清潔なトイレを気持ちよく使わせてもらえば、何らかの感謝の気持ちを表わすものだ。それが“ついで買い”につながることもあるし、『あそこの店のトイレは素敵だから一度行ってみて』とい

もっとみる
ありがとうございます。これからも良質の記事を提供していきます。
24

久々に夕方に軽いパニック。手がしびれ、汗が噴き出し、目の前が暗くなる。
Sちゃんとの電話中、しんどくなってきたと告げる。「深呼吸してごらん。」
うん。でもうまく息がはけない。
でも、その優しさが伝わってきてしんどくても嬉しい。ありがと💛

9月6日 サービスエリア

大学の授業が始まるのは9月16日。
それまでまさかの何も予定が無いという……

それを聞きつけたフランス人の友達が
自分の大学に遊びに来いと誘ってくれました。

友達というのは筑波大学の研究室でインターンをしていたPierreです。
彼はこの9月からBourgesという地域のエンジニアリングスクール INSAに入学が決まり、
その引っ越しを手伝う傍ら、
1週間彼の家に泊めてもらいます!

というこ

もっとみる

0904「秋」

東京の高速道路、ことに首都高というのは異界だ。歩いて行くことができないし、通常歩いていける場所からは中を覗くことができない。そして、高速の中にいると、そう簡単に外に出ることはできないので、異界に入ってしまったような感がある。

飛行機、というか空もそうかもしれない。何らかの動力というか、車とか飛行機みたいなものを利用しないと辿り着くことができない場所、という意味で首都高も空も、海底なんかももうかも

もっとみる

キリがない(今日書いた記事)

プープMANです。

白紙さんのnoteを読んで私も書いてみます。
https://note.mu/case_by_kase/n/n65592c83ee3b


読みたい方は白紙さんにDMをどうぞ。多分、読ませてくれます。

💩💩💩💩💩💩

キリがない。
何でもかんでもキリがない。良いことも悪いこともキリがない。

考えれば考えるほどキリがない。

終わりはない。「人間」でいる

もっとみる

過敏性腸症候群と共に歩む

私は30歳にして、過敏性腸症候群(IBS)歴17年の強者である。

この病気を知らない人はネットで検索してみてほしい。

簡単に言えば、一定の環境下に置かれると便意をもよおすという病気だ。

この病気を患ったきっかけは、中学1年生の学年末のテスト。

テスト中、急にお腹の調子が悪くなった。

その日以降、学校に行くとお腹の調子が悪くなるようになった。

それまでお腹が弱いと感じたことは無かった。

もっとみる

秋近し

まだ暑い日もあるが、もうそろそろ夏も終わり。
だというのに、朝顔が狂い咲き。ガラがイロイロ。
ココロなし哀愁帯びる蝉の声。

線状降水帯?九州北部で大洪水。
母方実家、親戚多く身近に心配。
大事でなければ良いが。
(地域的には、かなりの大事。今年の田んぼはダメかなぁ)
長崎道では、法面ごと道路が崩れ通行止め。ちょっと衝撃的な映像。
今日も降り続くよう。心配も続きます。

道路と言えば、第二東名の工

もっとみる

「煽り運転?我に任せよ」

時は2019年

ここは日本の高速道路

突如、道路のど真ん中に一人の王が降り立った。
彼は、ラムセス王。
彼は突然の出来事に驚いた。

物凄いスピードで迫りくる大きな塊
王の近くに来ると「それ」は大きな音を鳴らした。
乗っている人間が王に怒鳴ることもあった。
「あぶねーだろ!!」

王は生まれて初めて怒られた。

王はとにかくこの場から離れようと考えた。
手を上げ「止まれぃ、止まらぬか!」と呼び

もっとみる

【Part4】東名をぶっ飛ばしながら過去のエロ常時を共に回想したことをきっかけに同級生女子宅へ通うようになったアラサーの話

「それで、本当に今日来るの?」
「久しぶりに行こっかな!」
「何時くらいになる?今からお風呂入ろうとしてたんだけど」
「30分後くらいには。ってか一緒に入ろうよ」
「もう服脱ぎ掛けてるんだけど」
「そうなの?テレビ電話しよっか?(笑)」
「嫌だよ(笑)」
「じゃぁ分かった、鍵だけ開けといて!(笑)」
「嫌だよ、落ち着かないし誰か入って来たらどうするの!」
「オレしか入んないから大丈夫だよ」
「そう

もっとみる