年中さんとの遊びで感じた子どもたちの成長

私は毎朝子どもたちと一緒に過ごすことを意識しています。

私たちの園では8時50〜10時ごろまでが朝の自由遊びの時間です。

先日、年中のお友だちが「一緒に穴をほろうよ」と声をかけてくれたのでお砂場をほりました。

どんどんどんどん掘り進んでいくと、硬い層にあたってしまい「かたくて全然進まないよ〜」と困りだしてしまいました。

そんな私たちを見ていた別の子が「水をいれたら土が柔らかくなるんじゃない

もっとみる

ただただ楽しく過ごしたいだけなのに

昨日は長女7歳のお誕生日。

わたしも母7年。

1学期終わりでちょっと荒れ気味な長女のリクエストにお応えして、スタジオでふりふりのドレスを着て写真撮影。

8月お誕生日の次女も一緒に。

その時間は楽しく過ぎて、2人ともとにかくかわいかった。

でも、その後息子を保育園に迎えに行った帰り道、長女がさした傘がちょっとあたったことで次女が泣き出し、スイッチON。

そこから、何してもダメで…。

もっとみる

パンツを履き、選挙に行き、ドーナツを温めよう。

「パンツ履きなさい!」と何度叫んでも全裸で側転し続ける5歳児に、将来、10数年後に「選挙行ったら?」と諭しても「うるせえばか」と無視される可能性大なので、今のうちに期日前投票に連れて行きました。大人たちが仕切る投票所の静寂と緊張感が印象的だったみたいで「選挙行ったよ僕〜」と保育園で大人顔で自慢し倒していました。

大人がパンツをしゃきっと履いている姿をちゃんと見せる。それしかないです。「パンツ履か

もっとみる

おねしょ対策

長く続いた長女の夜尿(おねしょ)について話をしようと思う。

4歳ぐらいでも「おねしょ全然しない。夜中にムクッと起きてトイレへ行く」みたいな神の子もいるみたいだが、長女は6歳ごろまで2〜3日に1回はおねしょしていた。

本人は非常に眠りの深い性質で、おしっこの出る瞬間などまず起きず、夜中に着替えさせても全く気づかず、朝になっていつのまにか新しくなっているパンツとパジャマをみて

「あれ・・・?おね

もっとみる

5歳児の発音間違い drawing 139/360

ごきげんよう、観世バタコです。

本日の話題は、 (ほぼ役に立たなそうな) ワンポイント英会話?
「コドモ界」のボキャブラリーです。

トップの画像は、5歳の次男ヘクターが学校で書いた「将来の夢」

When I grow up, I would like to be…

an artist because I like painting and droring.

将来の夢は:アーティスト
pa

もっとみる

5歳児がチャカチャカ鳴らしながらこぐチャリのスピードで走ってみる。バトンがわりにネコジャラシを握って走る。(きょうの初体験)

保育園に子どもを預けるのは可哀想ではない!という主張に感じた違和感の正体

2ヶ月前に、グローバル企業で働かれている女性だけを集めた、とある研修に参加しました。研修自体はとても有意義で学びがあり、また、たくさんの素晴らしい女性の方々に出会えたこと、とても貴重な経験をさせていただきました。これについてはまた後日書こうと思います。

その研修のアフターパーティで、色々な方とお話しさせていただきました。研修にはやはり、お子さんをお持ちの方も多数いらっしゃいました。もちろんみなさ

もっとみる

最後の日

7月7日は息子の5歳の誕生日でした。

「三角の帽子かぶってハッピーバースデー歌って、ケーキのろうそくをフーってしたいなぁ」というので息子が寝静まってから飾りつけしました。

妙に凝り始めて絵とか描き始めたら止まらなくなってしまった。息子の好きなベスト3を昆虫、恐竜、魚からピックアップ。リュウグウノツカイが私のお気入りである。

そういえば高校の英語の先生の子供は2人いて2人とも7月7日生まれで、

もっとみる

ママの単身赴任27「次男5歳になる」

先月末に5歳になった次男。

変顔が得意で、本当にいつも私を笑かせてくれる。

ゲンキンな彼は、寂しさアピールしたいときは上手に甘え、他に興味がある時は私が帰るときでも見向きもしない。笑

でも、最近電話で「帰ってきて」、帰った時は「まだおって」と。

私「ママいなくて、さみしい?」

そのまま聞いてみた。

次男「さみしい。でも、こうやって会ったら大丈夫、さみしくないって思う。」

なんだか泣き

もっとみる

お漏らし哀歌

寝室が便所になる。

梅雨時期に、お漏らしはやめてほしい。
布団が乾かないうちに、次のお漏らしがくる。
入眠儀式が曖昧なのを反省し、寝る前にたんと遊んでやっても、漏らす。
トイレに何回行っても、漏らす。
いっそオムツにして欲しい。
心が傷つくとか、知るかと思う。
私は、夜中に臭くて眼が覚めることを厭わないほど、心広くない。
[おねしょは心の涙です]
毎回、責められてる気分になる。
お前の育児は失敗

もっとみる