9年目

「宮城県の海辺旅 2019 夏」

毎年一度か二度、被災地の海辺を歩くようになって四年か五年かな?

今年わたし校正の書き込みで、
「何年目」
の数え方を自分が間違えてることを知った……そんな作家25周年。

女川町で本屋さんのさかいさんという年配男性と1時間半くらいお話しさせていただいたんだけど(たまたま、本屋さんがあったので飛び込んだらお話したくさん聴かせていただきました)、
「震災から8年目を迎えて」
「9年目だよ」
と二

もっとみる

ブログって本当に凄い、9年前のあの日
貴女が最後に書いた記事が今もそのまま、サービスが終了するまで残る。
もう居ないのは分かってるのにまだそこに居る様な気分に未だになる

きっとまだ乗り越えられてない、9年経った今も。後悔がずっと。

最近なんだか凄く心が不安定だと思ったら、命日近いんだね
今年で9年目、貴女が居なくなって9年目の夏が近づいて来ましたよ

今でも忘れられない一言

「あめはTHE器用貧乏って感じだよな」

この社会人なりたてくらいに言われた一言が、今でも忘れられない。

確かに、勉強も、スポーツも、趣味も、仕事も

器用にこなせる自信が多少はあった。

ただ、他人には言われたくなかった。

「うまくやるけど、まぁ、1番にはなれないもんな。」と言い放たれたような気がして、当時は、この言葉に呪われ、ひどく落ち込んだのを覚えている。

それからしばらくの間は、どう

もっとみる
逆にスキです!!
8

9年目の春

ショップを始めたのは2011年4月1日でした。

自分一人でお店をやるなんて思わなかったので、すごい緊張しましたが、

「なんでもやるだけやってみよう!!だめならやめたらいいし!!」

と自分を鼓舞するつもりでエイプリルフールにスタートしたらおもしろいかなと勢いで設定したら、運良くこんなに長く続けることができました。

それまでどんな仕事も3年以下しか続かなかった自分が9年目に突入できたのはほんと

もっとみる
ありがとうございます!!!!!!!!!!!!
17